障害者支援のスタッフが抱えるストレスや悩みイライラした時の対処法

障害者支援の仕事がしたくて福祉の業界で働くことを
希望する方も福祉の業界の実情について、

利用者の不条理な要求や、

賃金の情報などを聞いて、

あまり良いイメージを抱いていないのではないでしょうか?

残念ながら、悪いイメージが完全に
改善されたとは言えませんが、

筆者も福祉の仕事をしていますし、これから福祉の業界で
働こうとする方、あるいは現在、働いている方もいます。

しかし、職員も人間。どれだけ覚悟していても、

やはり辛い時は辛い物。どのような仕事でもそうですが、
障碍者支援の仕事にもストレスや悩みはつきものです。

そういった辛さと、どのようにかかわっていくか
社会福祉士の資格を持ち、障害児支援施設で働く、
筆者なりに、

障害者支援のスタッフが抱えるストレスや悩み、また、
イライラした時の対処法などについて考えてみました。


スポンサーリンク

障害者支援の悩み スタッフが抱えがちな心の問題を考察


さて、障害者支援の悩みといっても様々ありますが、
理念と現実のギャップが一番、障碍者支援の悩みと
して大きいのではないでしょうか。

障害者支援に限らずあらゆる福祉で言えることでは
ありますが、利用者様の生活、幸福が第一であると
いう点です。

ですが、我々支援員は全ての方に対して、そうある
必要があるため、往々にしてそれぞれの幸福が衝突
することがあります。

例えばテーマパークなどに来たとしましょう。

早く遊びたいと、どんどん先に行く方、ゆっくり見
たいという方、人混みが嫌いだからそもそも入園し
たくない方、その3名が同時にいる場合どうすれば、
解決できるでしょうか。

支援員の人数が多いならそれぞれに人を付ければ
解決します。

しかし人数が少ない場合は、必ず誰かが我慢、
あるいは損をする形になりますね。

テーマパーク外出等なら企画段階で、こういった
事態にならないように調整すればよいですが、
日常生活レベルでもこのような衝突はおこります。

そして障害者支援施設の支援員はその施設が「回る」
ように対応するしかありません。

そうすれば必然、我慢する利用者が現れます。

そういった不満は暴力であったり、心無い言葉、
あるいは支援への抵抗という形で、支援員に返ってきます。

支援員としてもきちんとした支援をしたいと
思っているにもかかわらずできないという点、

そしてその思いを他でもない利用者によって
攻撃されるというのは二重につらいはずです。

そして多くの場合、その状況が出来上がる下地として、
無理な勤務体制や、職員間での人間関係が悪いという
問題があるので複数の悩みが絡み合っていると言える
でしょう。

スポンサーリンク

障害者支援の仕事でついイライラしてしまう場合の対処法


日々のストレスは支援に影響を与えます。

障害者支援の仕事でついイライラした時の
精神を安定させる手段を持っておく必要は
あるでしょう。

精神状態が悪いと良い支援はできません。

障害者支援の仕事でついイライラする精神
を何とかするには、対処療法的なストレス
発散と原因解決をする冷静さが必要です。

まずは、障害者支援の仕事でついイライラ
してしまう原因が何であるのかを整理する
ことが必要です。

障害者支援の仕事でついイライラする時と
いうのは案外自分で何にイライラしている
か整理できていないことも多いです。

まず、そういった「何故?」を整理して、
根本原因に対して、自分で出来ることと、
自分では解決できないことに分けてみます。

自分で改善できる場合は、自分で対処するしかありません。

筆者の場合は、昔母から言われた、

「自分の気持は自分にしか変えられない。」

という言葉を思い出すことがよくありました。

自分では何とかならない事態やその原因を
除去するのに時間がかかる物に対しては、

対処療法的なストレス発散も同時にしていく
必要があるでしょう。

月並みですが、趣味に没頭する時間を作りましょう。
あなたにとって楽しい時間と言う物を作ってあげて
ください。

趣味をやる元気がないというのは、危険サインです。

疲れすぎて、鬱の一歩手前と言えるかもしれません。

こうなると、嘘でも体調を崩したことにして有給を
取ることをおすすめします。

もし、必要なら本当にクリニックに行きましょう。

障害者支援の仕事のストレスが本当にどうにもならない時は…


障害者支援の仕事のストレスについて、本当に
どうにもならないなら退職しましょう。

簡単に言うな!

と思われてしまうかもしれませんが、福祉は、
そもそも幸せを追求するものです。

自分が幸せを捨ててやるようなものを、福祉とは
呼べないのではないかと、筆者は考えます。

職場が悪いなら職場を変えてもよいし、福祉という
業界そのものが肌に合わないなら、それは筆者自身
一福祉士として仲間が減るのは悲しいことですが、

無理して利用者も支援者も共倒れになるくらいなら
別なところで幸せを探すのもありだと思います。

退職そのものが難しい、上司に言いづらい、引き留
められるときは弁護士や退職代行サービスといった
ものもあります。うまく使いましょう。

障害者支援の仕事のストレスについてのまとめ


障害者支援のスタッフが抱えるストレスや悩み、
イライラした時の対処法の対処法などについて
書いてきましたが、いかがでしたか。

障害者支援の仕事のストレスが本当にどうにも
ならない時は、辞めるように言ったものの、

福祉そのものは、楽しい職場であると思います。

色々な価値観や人生に触れて、他の仕事ではできない
体験ができるのは間違いなく、やりがいはあります。

ただ、まずは、何が自分の幸福なのかを見つめましょう。

利用者を幸せにできるのは、自分を幸せにしてあげる努力
ができる人なのではないかなぁと、筆者は感じます。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー