発達障害の仕事のおすすめ 向いているものと向いていないものの傾向

発達障害を持つ方の社会参加も少しずつ進んではいる
ものの、まだまだ社会の発達障害への理解は薄いもの。

発達障害への理解を増やしていくべきなのは確かなの
ですが、同時に、発達障害を持つ方は今、そうなって
いない社会にどうにか参加していく必要があります。

ならばせめて過ごしやすい、生きて行きやすい環境を
探し出していきたいものですね。

私は社会福祉士の資格を持ち、障害児支援施設で働いていますが、
今回は、発達障害をお持ちの方の仕事におすすめの、向いていそう
なものや、逆に発達障害をお持ちの方に向いていない仕事などを、

私なりに、その傾向を考えてみました。

一般的に発達障害をお持ちの方におすすめとされ
ている仕事にも、意外な注意点があったりなど、

どんな仕事が発達障害の方も活躍できるかをみていきましょう。


スポンサーリンク

発達障害をお持ちの方がする仕事で向いているのは?


発達障害と一口に言っても障害特性によっても様々差があり、
発達障害を持っているなら、この仕事が絶対におすすめ!と、
言うものは残念ながら、ないように思います。

しかし、発達障害をお持ちの方の仕事に、
おすすめの方向性を指し示すことは可能です。

それは対人スキルよりも専門技術が優先される仕事です。

具体的にはデータ入力やファイリングなどの業務が中心
になる仕事でしょうか。

仕事の手順などが一定だとなお良いでしょう。

上記の特徴などからエンジニアやプログラマーが向いて
いると言われることも多いですが、コミュニケーション
を前提とする、対人スキルも要求されるような環境では
力を十二分に発揮することは難しいと言えるでしょう。

発達障害をお持ちの方がする仕事で逆に向いていないのは?


発達障害をお持ちの方がする仕事で
逆に向いていないのはどんな仕事でしょう?

先にも少しだけ触れましたが、発達障害をお持ちの方には、
他人とのコミュニケーション、対人スキルが前提となる仕事、
営業のような業務はあまり向いていないでしょう。

というのは、発達障害を持つ方は臨機応変な対応、
状況に応じた行動が基本的に苦手だからです。

発達障害を持つ方には、相談員などの仕事は、
苦手も苦手と言ったところでしょう。

そのためプログラマーが向くなどの言説についても
環境によってはひっくり返ることはあります。

チームプロジェクトなども別に珍しいものではなく、
コミュニケーションスキルはどうあっても、
一定レベルは要求される可能性があるためです。

スポンサーリンク

発達障害をお持ちの方の仕事 好きなものを仕事のできるといいですね


発達障害の方全てがそうとは限りませんが、
発達障害をお持ちの方は好きなものについて
非常に詳しい傾向が、よく見られます。

そう言った自身にとって好きなものを何らかの形で、
仕事にすると意外とうまくいくということもあります。

電車について詳しいと対人は苦手でも、電車のことを
説明するガイドのような仕事が意外にマッチするとい
うこともあります。

自分の好きなことは一見役に立ちそうになくても仕事
に活かせないか考えてみると良いかもしれません。

発達障害を抱えながらの仕事を理解してくれる味方を見つけましょう


健常者でも発達障害を持っていても変わりませんが、
仕事をするにあたって悩みを相談する人は必要です。

特に発達障害者であるというのは残念ながら、
現代社会ではまだまだ、ハンデと言わざるをえません。

このハンデを埋めるにはやはり味方が必要です。

就労支援関係の福祉職員や、公的支援などは最大限
活用しましょう。就労支援施設を必ずしも利用する
必要はありませんが、

そういったものがあり、いつでも利用できるという
ことは頭に入れておくだけでも全く違うものです。

また、同じような発達障害の悩みを抱える人の会
なども結構あったりするものです。

いろいろなところにアンテナを立てておきましょう。

発達障害をお持ちの方の仕事のおすすめについてのまとめ


発達障害をお持ちの方の仕事のおすすめなど
について書いてきましたが、いかがでしたか。

発達障害をお持ちの方にはこのお仕事がおすすめ!と、
具体的に提示できなかったのが、申し訳ありませんが、
私なりの考えをお伝えしてみました。

健常な方にも言えることですが仕事を
するために必要なのは自分を知ることです。

妙なアンケートやセミナーに行く必要はありませんが、
自分は何がしたくて、そのために何ができて、何が今、
足りないのかというのは整理していくと良いでしょう。

向いている仕事でも、向いていない仕事でも、自分で
満足できなければ仕事は続きません。

まずは自分が何をしたいのかが一番大切です。

そこがまだはっきりしない場合はは、じっくり自分を
問い直してみるのも良いでしょう。

そういった自分を知ることが、幸せに働くための一番の近道です。

幸せにつながるお仕事が見つかりますように!

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー