保育園と幼稚園の無償化の対象は?何が無料になっていくら安くなるのか

保育園と幼稚園の無償化が2019年10月から
実施されるようになりました。

「無償化」と聞くと、単純に家計の負担が少しで
も軽くなり、嬉しい限りですが、実際には何がど
れくらい無料になるのでしょうか。

共働き世帯が増えつつある昨今、保育園に通わせ
ている世帯も多く、保育園と幼稚園で、無償化の
対象や、違いはあるのかも気になるところです。

そこで、今回は、

  • 保育園と幼稚園の無償化は何が無料になるのか、

  • 具体的にいくら安くなるのか、

  • 保育園と幼稚園では、無償化に違いがあるのか、

  • 私立の幼稚園でも無償化になるのか、

などについてお話したいと思います。


スポンサーリンク

保育園と幼稚園の無償化に違いはある?実際に家計の負担は減るのか?


では早速、保育園と幼稚園の無償化に違いはある
のか、実際に家計の負担は減るのか、についてみ
ていきましょう。

まず、無償化の対象になるのは

  1. 市町村から保育が必要と認められた3歳から5歳のこども

  2. 住民税非課税世帯の0歳から2歳のこども

となります。

ここでいう➁住民税非課税世帯というのは、

  • 生活保護を受給している

  • 未成年者、障害者、寡婦で前年度の所得が125万円以下

  • 上記以外で前年度の所得が各自治体の定める金額以下

これらに該当する場合となります。

そして、➀、➁の対象となる場合、基本的な保育
施設の利用料が無償化されるため、家計の負担は、
実質減ると思われます。

ただ、現実的に見ていくと実費として支払ってい
るものがいくつかあります。

例えば、園バス送迎費、給食費、行事費などにつ
いては対象とならないため、園によって負担額が
変わってきます。

そして、よく耳にする「認可外」という言葉です。

この「認可外保育施設」においては、少し注意が
必要です。

認可外の保育施設においては、基本的に国が定め
る指導監督の基準を満たすものだけが2019年
10月からの無償化の対象となっていました。

これは、言い換えると、国が定める指導監督の基
準を満たしていなければ、保育料が無料にはなら
ないということでした。

しかし、共働き世帯が年々増加し、待機児童が増
え、抽選に応募しても外れてしまい、やむを得ず
認可外保育施設を利用する世帯が多いのも事実で
す。

そこでこのような現実を見据えて経過措置として
2019年2月から「5年間」は認可外の保育施
設でも無償化を認めることになりました。

2024年2月までとなるため、現段階ではなく、
先を見据えた場合、また第二子、第三子を考えて
いる場合は注意が必要です。

スポンサーリンク

保育園と幼稚園の無償化は私立に通わせる場合でも同じ?


ここでは、保育園や幼稚園における「国立・区立」
と「私立」の違いについてお話したいと思います。

前章でも述べた通り、保育園と幼稚園の無償化の
対象は3歳から5歳の保育園・幼稚園に通うすべ
てのこどもが対象となるため、

私立の幼稚園の場合でも無償化となります。

具体的な月額で見ていくと、国立や区立の場合は
月額数千円から1万円程度、私立の場合は、月額
3万円から5万円が無償となります。

私立の場合は、基本的な月額が国立や区立に比べ
て高いため、無償となると、家計の負担はかなり
減ることになりますね。

保育園と幼稚園の無償化の対象などについてのまとめ


保育園と幼稚園の無償化の対象や、違いなどにつ
いてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょ
うか。

私が娘を幼稚園に通わせていた頃は、このような
措置はまったくなかったため、時代の流れとは言
え、とても羨ましく思います。

少子化が進む日本の将来を考え、こどもを育てや
すい環境を作るために考えられた案の一つとも言
えますね。

幼児教育・保育無償化は、現実的になったものの
まだ実施されたばかりのもので

実際に少子化への影響がどれほどあるのかはまだ
明確ではないと思います。

日本においては、待機児童など、他にもいくつか
問題がありますが、

現段階で実施されたこの幼児教育・保育無償化が
少子化に歯止めをかけてくれることを、心から願
いたいと思います。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする