七五三の髪型は難しくない!3歳の子供もこうすれば可愛く見える
生まれてから初めての節句、七五三。
男の子は五歳、女の子は三歳と七歳でお祝いします。
そして女の子にとっては、
赤ちゃんから少しずつ成長して
女の子を意識する、初めての行事かもしれません。
最近は、洋装も増えてきましたが、
やはりここは日本。
普段はなかなか着る機会もない着物。
せっかくだから、和装の着物で女の子らしく決めたいですよね。
そして着物を着せるとなると、
困るのが、髪型です。
3歳というのは、成長にも個人差があるように、
髪の生え方や量にも、かなり個人差があります。
そこで今回は、七五三の髪型について、
簡単にアレンジ出来て、
可愛く見える方法をご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

七五三の髪型に悩み始めたら。3歳の子供にはこのやり方がオススメ


着付けさえ出来れば、
悩みどころは髪型ですね。
どんな髪型が可愛く見えるか・・・
でもそれを一番分かっているのは、
ママですよね。
その子の雰囲気にあった髪型に
アレンジしてあげるのが一番ですね。
髪の毛が長ければ、
アップしてあげるのが理想的です。
アップの仕方もいろいろで、
高い位置でシニヨンを作ると
現代的で少し大人っぽい雰囲気になります。
低い位置でのシニヨンも
着物には、とても合って「和」の感じが強くなります。
もしアップ出来るほど、
髪が伸びておらず、
短いのであれば、ハーフアップもオススメです。
下の方は、あえてそのままおろして
上の方でアップしてあげるのも可愛いですよね。
そして、前髪もポイントです。
前髪には大きく分けて
三つのアレンジの仕方があります。
一つ目は、前髪をきっちり下ろして、
パッツンと切りそろえた髪型です。
サイドはアップしているので、
その分、前髪が際立ち、
目元がくっきりとした印象になります。
二つ目は、前髪を中途半場に下ろすのではなく、
すべてあげてしまい、
おでこをだしてあげる髪型です。
おでこの生え際の産毛が可愛らしく
三歳ならではの可愛らしい髪型になります。
そして三つ目は、
斜めに揃えて流してあげる髪型です。
少し大人っぽく見えて、
個性が出ていいですよね。
アップした髪型は、かんざしを挿してあげたり、
お花で可愛らしく華やかに飾る方法もあります。
着物の柄に合わせて
髪飾りをアレンジしてあげるのがいいと思います。

スポンサーリンク

七五三の髪型には色々。3歳の薄毛の子はこうアレンジすれば大丈夫


七五三の髪型は、本当にいろいろで
同じような髪型にしても、
毛量が違うので必ず同じにはなりません。
そして髪飾り一つで
まったく違う雰囲気にもなります。
3歳の髪型で一番の悩みどころが
毛量の少ない場合です。
まさに!!
我が娘もそうでした。

生まれた時から髪の毛が少なくて
いつまでも男の子に間違えられていたほどでした。
3歳になってもなかなか毛量が増えず、
長さも肩につく、ぎりぎりくらいでした。
私の場合は、義母の知り合いの美容院で
着付けとヘアメイクもお願いしましたが、
娘の薄毛にもうまく対応してくれました。
髪をアップしてその中に
作り物の毛綿のようなものを入れて
ふんわりさせていました。
さすがプロ!
という感じで感心したのを覚えています。
薄毛で短い髪の娘も
しっかりシニヨンヘアで
まとめることが出来ました。
そして前髪も毛量が少なかったのと、
娘の顔立ちがスッキリしているので
斜めにスプレーで固めて
少し大人っぽい感じにしてもらいました。
もし、薄毛でアップするほどの長さがない子であれば、
スプレーなどでピシッと固めてしまうのも一つです。
そしてまとめたところに
大きな髪飾りをつけてそこはうまく隠すようにすれば
華やかな印象になります。

まとめ


初めてのお祝いごとで
特にママは、力が入る節句ですよね。
可愛く仕上げて
一生の思い出に残る節句にしたいですね。
いろいろと悩みますが、これもまた贅沢な悩みで
後から振り返ると、
とても幸せな時間だったと思える時が、
必ずやって来ます。
パパよりもママの方が大変だと思いますが、
「今だけ」の「たった一度」の大変さです。
この時間を思い切り楽しみながら
娘さんと過ごしてくださいね。
きっと一生の宝物になりますよ。

スポンサーリンク