ハロウィンに参加するなら仮装は子供も必須。女の子はこれがmast
10月31日といえば・・・
そう!「ハロウィン」ですね。
すっかり、日本でも定着しました。
クリスマスより経済効果があるというから驚きです。
元々は、秋の収穫祭を祝うお祭りで、
悪霊を追い出す宗教的な意味合いもあったようですが、
現代では、世界的にも民間行事として定番ですね。
そしてハロウィンといえば、
かぼちゃをくり抜いて作った「ジャック・オー・ランタン」を飾ったり、
なんといっても、子供から大人までが楽しむ「仮装」!!
これなしで、ハロウィンは過ごせませんね。
あちこちでハロウィンのお祭りがありますが、
参加するとなると、仮装は必須です。
そして子供も一緒に親子仮装!!
これで決まりです。


スポンサーリンク

特に女の子・・・
どうせなら可愛く目立った衣装を着せたい!
と思うのが親心。
でも、他の女の子と被ったら
楽しさも半減して、テンションも低くなります。
そこで、今回は、女の子に大切な
これだけは外せない!という
mastな仮装をいくつかご紹介したいと思います。

ハロウィンの仮装にもう困らない?子供と一緒にアイデア勝負


他の子供と被らない、
可愛くて目立つ衣装を用意したいものです。
親子で仮装・・・いいですよね。
ただ、どんな衣装にするか・・・
そのヒントとなるものをいくつかご紹介したいと思います。
まず、ハロウィンと言えば「黒」です。
大人っぽくも見える「黒」を生かした衣装としては、
「黒ネコ」や「小悪魔」で攻めるのもいいですね。
難しそうで、以外と簡単です。
「黒ネコ」だったら、黒の洋服で揃えて
カチューシャの耳と尻尾をつけます。
顔にはボディペイント用のマーカーで髭を描いてあげたら
チャーミングな「黒ネコ」の出来上がりです。
100円ショップでも、シーズンになると、
耳のついたカチューシャや魔法の杖も売られているので
案外、手軽に「黒ネコ」に仮装出来ますよ。
「小悪魔」だったら、家にある黒い洋服を生かして
100円ショップでも手に入る黒いマントをつけて、
網タイツやチョーカーをつけても
小悪魔的な雰囲気が出てきます。

スポンサーリンク

でも、「黒」は苦手・・・
やっぱり女の子は「明るい色」!
という方には、思い切りカラフルな色で行きましょう!
例えば、明るい色を基調とした「キティちゃん」も可愛いです。
キティちゃんといえば、「ピンクと白」が基本です。
柔らかい雰囲気にもなり、可愛らしさが全面に出ます。
ちょっともこもこした白いトレーナーに
ピンクのチュールスカートなどを組み合わせても
可愛いキティちゃんになります。
カチューシャはキティちゃんにこだわらず、
白×ピンクならイメージ的にピッタリです。
そしてほっぺには、ボディペイント用マーカーで
髭を描いてあげれば出来上がりです。
他には赤色のフードのついたトップスで
「赤ずきんちゃん」も可愛いです。
レースのエプロンや赤いスカートを合わせて、
小さなカゴを持たせてあげれば、
おとぎの国の赤ずきんちゃんに仮装出来ます。
親子で仮装するなら、パパかママが
オオカミに仮装するのも面白いかもしれませんね。
100円ショップでももちろんですが、
手作りが大変なら、
通販でも今は格安で衣装が売っているので
この機会にポチッ!としてみるのもいいですね。

ハロウィンの仮装で人気の衣装はこれ。子供はディズニーが好き


いろいろと、仮装のアイデアはありますが、
やはり、定番で人気あるのは
ディズニーのキャラクターです。
女の子なら定番はミニーちゃんですね。
黒い耳のカチューシャに、赤い水玉のワンピース。
これでミニーちゃんの出来上がりです。
手作り出来るママなら、ワンピースを作るのも一つですが、
苦手なママは通販でも以外とお手頃価格で購入出来ます。
そして他にも「不思議な国のアリス」も人気です。
水色のワンピースに白いエプロン。
カチューシャをつけてあげれば、簡単にアリスに仮装出来ます。
親子なら、パパかママは「トランプ」に仮装するのも
なかなか面白いですよね。
ただ、トランプの衣装の手作りは大変なので、
こちらは通販で購入した方が
無難かもしれません・・・。

まとめ


子供はどんな仮装をしても
本当に可愛いですよね。
手作りもいいですが手作りにこだわりすぎて、
楽しめなくなるのも、つまらないものです。
そんな手作りが苦手なママのためには、
100円ショップで揃えたり、
通販で購入もオススメです。
親が愛情を持って、子供に仮装させれば、
きっと親子で楽しい、思い出に残る
楽しいハロウィンになるはずです!

スポンサーリンク