ふるさと納税の仕組みを経験から簡単にわかりやすく解説!何がお得?

今や知らない人はいない《ふるさと納税》
ですが、

ふるさと納税の何がお得なのか、今さら
聞けないという方のために、

ふるさと納税の仕組みを簡単にわりやす
く、経験をもとに解説いたします。

また、改悪とも言われる今回のふるさと
納税の仕組みの見直しについても、

どう変わるのかなど、私なりのの考えも
踏まえながら、ご紹介します。


スポンサーリンク

ふるさと納税の仕組みを知ればこんなにお得!?わかりやすく解説


本来、ふるさと納税の制度は、人口減少
によって税収不足に悩む自治体への支援
策として生まれました。

始まったのは2008年(平成20年)で当時
の寄付件数は5万件、寄付額も81億円ほど
でしたが

7年後の2015年(平成27年)には寄付件
数726万件、寄付額1652億円にまでふく
れあがり、

その後も、年々記録を更新していきます。

現在は、当初の目的だった《寄付》とい
う多利精神が、

《お礼品目的》《お得感》という、私利
精神にすりかわってしまった感がありま
すが、

それでも、やらないにこしたことはない
制度であると言えるでしょう。

実際、私は2016年から、ふるさと納税の
制度を利用しています。

ふるさと納税の仕組みを分かりやすく解説しますと――


ある自治体に寄付をすると、寄付金額から2,000円を引いた金額が全額もどってくる。(※複数個所への寄付の場合は寄付金額の合計から2,000円を引いた額)

というもの。その付加価値として――

寄付した自治体から、寄付金額に応じた
返戻品がもらえるというのがあります。

ある自治体に寄付をすると、寄付金額か
ら、2,000円を引いた金額が全額戻って
くるとは、どういうことなのでしょう。

金額が戻ってくる、を堅苦しい表現にす
ると、

以下の税制優遇措置(控除)①~③が受
けられる、という意味になります。

  1. 所得税からの控除

  2. 個人住民税からの控除

  3. 個人住民税からの特例控除

この①~③の合計額が《ふるさと納税額-
2,000円》の式で表され、

《実質2,000円で返戻品がもらえる》と
いう宣伝文句につながるのです。

よって、ふるさと納税でお得感がでるの
は返戻品の価値がが2,000円を超える場
合、となります。

ここで念を押しておきたいのが《還付金》
《返戻金》と謳ってはいるものの、

本人の手元に現金として戻ってくるので
もなければ、支払うべき税金の総額が減
るのでもない点です。

本来納めるべき税金(住民票上の住所地
への納付)の合計額から、

ふるさと納税(寄付した自治体への納付)
した分が差し引かれる、

つまり、寄付額が本来の住民税額に充当
された結果として、「安くなる」という
表現を使っているだけですので、

ふるさと納税の仕組みについては、この
点をよく理解しておいてください。

スポンサーリンク

ふるさと納税の仕組みが変わる!?最近報道されているのは何のこと?


ふるさと納税は、年々認知度と人気が高
まり、ついには過熱状態へと至りました。

ようやくというか、やはりというか、総
務省が動きました。2019年6月から、

ふるさと納税の仕組みが変わります。ふ
るさと納税の仕組みの変更点は以下の3
つです。

  1. 返戻品の返戻割合を30%以下とする

  2. 返戻品は地場産品とする

  3. 総務大臣がふるさと納税対象の自治体を指定する

今回対象外となったのは、以下の5つの
自治体です。(※2019年6月時点)

・東京都庁
・大阪府泉佐野市
・静岡県小山町
・和歌山県高野町
・佐賀県みやき町

ただし対象外であっても寄付自体は可能。

  • 返戻品がもらえない、

  • 先に述べた3つの税制優遇措置のうち③が適用されない

という2点の恩恵が受けられないという
意味の対象外です。

さらに注意が必要なのは、上記5自治体
のほかに、対象期間限定の自治体が43
団体あること。

寄付を行う前に、以下のリストで確認す
ることをおすすめします。

総務省ふるさと納税に係る総務大臣の指定

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01zeimu04_02000071.html

改悪とも言われる今回のふるさと納税の
仕組みの見直しですが、

個人的には本来の目的にもどっただけの
ように感じます。みなさんは、いかがで
しょうか。

「お礼品がもらえる」といっても、対応
や品質は実に様々です。

すごく丁寧な自治体もあれば、信じられ
ないほど杜撰な自治体もあります。

こればかりは寄付してみないとわかりま
せん。

私もある自治体からのお礼品の質の悪さ
に唖然としたことがありました。

でも「主体はあくまで寄付。お礼品は粗
品(=本来はもらえない物)」という姿
勢で受けとれば、

がっかりすることも期待外れも感じない
のでは… と最近になって思い改めるよう
になりました。

いただく方も謙虚さが必要ということで
すね。

ふるさと納税の仕組みを経験から簡単に解説!のまとめ


今回は、ふるさと納税の仕組みと、なに
がお得かについて、

なるべく簡単に、わかりやすい解説にな
るようにお伝えしてきましたが、いかが
でしたでしょう。

ふるさと納税の仕組みに関しては、繰り
返しになりますが《還付金》《返戻金》
と謳ってはいるものの、

本人の手元に現金として戻ってくるので
もなければ、支払うべき税金の総額が減
るのでもない点にご注意ください。

寄付額が本来の住民税額に充当された結
果として、「安くなる」という表現を使
っているだけです。

今回お伝えした内容が、少しでも参考に
なれば幸いです。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする