日本の秋を楽しむ京都の紅葉旅行 ホテルは満室必死。すぐに予約を!
日本の秋を楽しむ選択肢として
京都の紅葉旅行は定番と言えるでしょう。
日帰りでも楽しむことはできますが、
どうせなら時間を気にせずじっくり楽しみたいものですね。
そのためには宿泊が必要ですが、ホテルは満室必死!
やはり、シーズンになるとどこ混みあうもの。
まずは、予約が可能かどうかみていきましょう。


スポンサーリンク

京都の紅葉を満喫するために日程を決めたら早速ホテルの予約をしよう


この記事を製作している段階で9月の13日ですが、
11月の予約となると今すぐにでも予約を入れるべきです。
現時点、楽天トラベルで
紅葉の名所の一つである清水寺近辺で、
見頃に入り始める時期の11月11日から12日宿泊、
大人二人という条件で検索すると
一人1万円を切る部屋はほぼなく、
あっても風呂、トイレなしといった条件の所ばかりです。
また、一万を超えたところや
風呂トイレなしの一万以下のホテルでも
ほぼ満室状態で後1部屋の表記がずらっと並んでいる状態です。
予約のキャンセルを待つか、
多少条件が悪くてもそれを受け入れるかという
苦渋の判断を迫られる可能性が非常に高い状態です。
非常に言いづらいことではありますが、
あえて言います。すでに予約は出遅れています。
楽天トラベル

楽天/たびノート

トリップアドバイザー

京都の紅葉を観光するなら、混雑回避がマスト。今年のオススメの日程


先ほど予約については出遅れていると説明しましたが、
では、紅葉のための宿泊はあきらめるべきかと言うとそんなことは全くありません。
むしろ、それだけその期間は名所が混雑するということでもあるので、
一番混雑する時期は調べることなく回避できると言っていいでしょう。
日程については紅葉の色づき具合にもよりますので、
「ここ!」という日はありません。
スポットによっても色づく時期が微妙に違います。
じゃあどうすればいいの?と思うかもしれませんが、
混雑するのは近辺のスポットの見頃がピークに達する時期ですので、
宿をピーク場所とは別のところに取るといった方法を取れば、
宿をとること自体はできます。

スポンサーリンク

必然的にピークスポットから少々距離が離れてしまうため、
最寄に泊まるのに比べ不便な面もありますが、
日帰りよりもはるかに時間的余裕を持つことができます。
また、変わり目のタイミングで長めに宿をとって、
二つ以上のスポットを両方楽しむ、といったこともできるでしょう。
中旬が見頃のスポットならそこから少し離れたところに
上旬の終わり目のあたりで宿をとったり、
下旬が見頃のスポットを早めにとって、
中旬のスポットへ少し足を延ばすなど様々な動きができます。
また、京都はいわゆる観光名所となるようなスポットでなくても
街並みからしてすでに美しいのでそれを楽しむこともできます。
紅葉の見頃と日程を確認して、今すぐ予約しましょう。

まとめ 京都の紅葉観光 ホテルが満室で予約できないときは?


先ほど予約の例に楽天トラベルを挙げましたが、
一休やじゃらんといった予約サイトを複数見くらべるのも重要です。
これはホテルに限らずあらゆるサービスに言えることですが、
比べていい条件の所を利用するというのは出費を抑える基本です。
片方では載っていない情報が
もう片方にはあったなどは非常によくあることです。
旅行はお金もかかる物なので可能な限り出費は押さえたいものですね。
比べるのは少々面倒な気持ちになりますが、
決して安くはない差がでるのでよく調べましょう。
面倒なのも確かですが、
ホテルの部屋探しからわくわくするのが旅行というものです。
一緒に行く人とよく話し合いながら、
どこに行くか、どんな風に過ごすかなど、
予定を話すところから旅行は始まっていますよ。
秋の風情と旅行の計画を楽しんで、
日ごろの疲れを忘れに生きましょう!
旅行を楽しんだら、
来年は予約に出遅れないために早めに予定を立てるなどの対策も忘れずに。

スポンサーリンク