年賀状の文例 今年限りで高齢を理由に辞退する場合のまとめ

年賀状の文例はいろいろありますが、今年限りで高齢を理由に年賀状を辞退したい場合、適切な文例とはどういったものでしょう。

以前、似たような記事を書いた際は、文例が少なかったと思い、この記事では、年賀状を辞退したい場合の文例を増やしてまとめてみました。


スポンサーリンク

年賀状の文例の前に、今年限りにしたい旨の連絡は必要なの?


そもそも、年賀状を今年を最後に辞退したい旨の連絡は必要なのでしょうか?

年賀状を出すのを止める際に案外多いのが、自然消滅の形。こちらから出さない。いただいても返礼しない。シンプルな方法ゆえに、この方法を選ばれる方も多いです。

しかし、この方法では気持ちにしこりが残るといいますか、「不義理をしているのではないか?」「礼を欠いているのでは?」などの思いを抱いてしまうもの。

とくに、お世話になった相手に対してなら、なおさらでしょう。

そこで、最近では「高齢」を理由に不義理を詫た上で、年賀状を今年限りで辞退したい旨を相手に伝える方が多くなってきています。

理由が「高齢のため」ということなら相手の理解も得やすいので、年賀状を高齢を理由に今年限りで辞退したい場合は、相手方に連絡するのが良いでしょう。

では、辞退の連絡はいつするのが適切なのでしょう?

辞退の連絡については、相手が年賀状の準備をする前。寒中見舞いとして。という意見もありますが、年賀状の最後に来年以降の辞退の主旨を書かれる方も多いです。

年賀状に辞退の言葉を書くのは不適切。とする考え方もありますが、決して間違ってはいないと思います。最後の年賀状を出したい気持ちになりませんか?

私の祖母は、辞退は自分が書く最後の年賀状で伝えたいと言いました。

どの方法をとっても間違いではありませんが、この記事では、年賀状で来年以降の辞退の意思を伝える場合の年賀状の文例をまとめたいと思います。

年賀状を高齢のため辞退する際の文例


では、具体的には、どのようなことに気をつけて書けば良いのでしょう?

まず、「高齢」が理由であることを記します。

  • 寄る年波には勝てずめっきり体力が衰えてきました
  • 私も高齢になり文字の読み書きがつらくなってきました
  • 齢を重ねるにつれ視力の低下が著しく手元も覚束なくなりました

など、高齢のため年賀状を書くことがかなりの負担になってきたことを、具体例も交えて記せば、相手の理解もいっそう得られやすくなります。

来年以降は、年賀状を辞退したい意思をはっきり伝える

  • 本年をもちまして 年始のご挨拶状をご遠慮させていただこうと考えております どうか悪しからず御了承いただけますようお願い申し上げます
  • 毎年の年賀状も今年限りで失礼させていただきたいと思います 誠に勝手ではございますがなにとぞご容赦ください
  • 本年をもちまして 年始のご挨拶状を失礼させていただこうと思っております 非礼を深くお詫びいたします

辞退したい意思がはっきりと伝わるように書きます。丁寧なお詫びの文を添えます。

スポンサーリンク

これまでの感謝の気持ちを伝えます

  • 長年にわたりあたたかい賀状を賜りありがとうございました 心より御礼申し上げます
  • 長年にわたり格別のご指導ご厚誼にあずかり誠にありがたく厚く御礼を申し上げます
  • 長い間お付き合いいただき本当にありがとうございました

いこれまでの感謝の気持ちを伝えます。年賀状のやり取りをするだけの間柄なら、感謝の気持ちだけで良いと思いますが、今後も普段の生活の中でお付き合いを望む相手には「今後も変わらぬおつきあいのほどお願い申し上げます」などの一文を添えると良いです。

結びの言葉を書きます

  • 皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしております
  • 皆様の益々のご活躍とご多幸をお祈り申し上げます
  • 皆様のご健康とご繁栄を心からお祈りいたします

などなど、相手への思いやりを忘れずに書くことが大事です。

年賀状の文例 今年限りでやめたい場合


では、上記を踏まえて、具体的な文章にするとどんな感じになるでしょうか?

例文は以前の記事同様「年賀状プリント 2018」様のサイトからの引用です。

年賀状の辞退 例文

あけましておめでとうございます
毎年いただいておりました年始のご挨拶ですが
小生 寄る年波を感じるに至り 誠に勝手ながら
今年をもちまして 新年のご挨拶状を最後とさせていただきます
今後も変わらぬおつきあいをお願い申し上げるとともに
皆様のご健康とご繁栄を心からお祈りいたします
平成三十年 元旦

年賀状の辞退 例文

あけましておめでとうございます
旧年中は大変お世話になりました
さて 私もよる年波には勝てず
毎年の年賀状をしたためることも難しくなってまいりました
本年をもちまして 年始のご挨拶状をご遠慮させていただこうと考えております
向寒のみぎり くれぐれもご自愛なさいますようお祈り申し上げます
平成三十年 元旦

年賀状を辞退する際は手書きで書くのが良いとする意見が多いですが、印刷でも良いと思います。(※このブログと「年賀状プリント 2018」様は何の関係もございません。)

印刷で出すと「みんなに出してる感」が演出されて、受け取った相手が自分にだけ辞退を申し出たのではないと納得しやすいという意見があって、目からウロコでした。

ただ、私の祖母は今年、辞退の年賀状を自分で書きますけど。

年賀状の文例 今年限りで辞退する場合のまとめ


最近は、高齢を理由に年賀状を辞退する人が増えています。自然消滅の形をとる方も多いですが、気持ちにしこりを残さないためにも年賀状を今年限りで辞退する旨を連絡するのは良いことだと思います。

連絡をする時期に関してはいろいろ意見がありますが、年賀状で辞退を申し出ても問題ないと考えます。実際、最近は年賀状で来年以降の辞退を伝える方が増えています。

年賀状を今年限りで辞退したい場合は、相手が不快に思わない言葉を選んで、今までの感謝の気持ちとお詫びの言葉を添えて、丁寧な文になるように心がけましょう。

この記事がわずかでも、参考になれば幸いです。

以前の記事はこちら

年賀状の文例 高齢者を理由に今年限りで辞退するには?

年賀状の文例 高齢者を理由に今年限りで辞退するには?

私の祖母は90歳を超えています。そんな祖母がここ数年、年賀状を書く時期になると口にするのが、そろそろ年賀状を書くのが難しくなってきた。ということ。私からすれば、逆に今までよく書いてきたものだな。と思うわけだけれども。印刷しようか?と聞いても首を縦に振りません。年賀状は自分で書くものと決めているようで...

投稿 2017/09/27

スポンサーリンク