インフルエンザのワクチンは今年も足りないのか?を病院で聞きました

インフルエンザのワクチンは今年も足りないのか?

2年ほど前かな?祖母と一緒にかかりつけの病院に
行ったところ、

今年はインフルエンザワクチンの数が足りないので、早めに予防接種を受けに来たほうが良いですよ。

と言われました。では、今年はどうなのか?先日、
自分の痛風の薬を取りに行った時に聞いたところ、

今年のインフルエンザワクチンの数は足りないと
いうことはないので、いつ来ても大丈夫。とのこ
と。

では、11月中にでも祖母と一緒にインフルエン
ザの予防接種を受けに来ますね。と言って帰って
きました。

でも最近、今年は例年より早く、10月上旬時点で、
インフルエンザの流行による学級閉鎖が報告され
ているそう。

早めにインフルエンザの予防接種を受けたほうが
良いのでしょうか?


スポンサーリンク

インフルエンザのワクチンが足りないということはなさそうですが…


今年は、インフルエンザのワクチンが足りないとい
うことはなさそうですが、早めにインフルエンザの
予防接種を受けたほうが良いのでしょうか?

ニュースによると現場のお医者さんたちは「確かに
早いが、流行時期が繰り上がるような状況ではない」
と、慌てないように呼び掛けている状況のようです。

私もかかりつけの先生に状況を聞ければよかったの
ですが、あの時はまだ、早期流行の話を耳にしてい
なかったもので聞きませんでした。

臨床現場の医師が流行時期が繰り上がる状況ではな
いと言っている以上、専門家の見地以上に信頼でき
る情報はないのは事実ですし、

確かに今年のインフルエンザワクチンの数が足りな
いということはなさそうです。

ただ、インフルエンザワクチンの数が十分に足りて
いるとしても、薬が各地にいきわたる速度が例年通
りにスムーズにいくかは、今月の台風や大雨を見る
と少々心配というのも正直なところですね。

全国規模で慌てる必要がないことと、地域規模での
流行は往々にして違いますので、かかりつけのお医
者様がいらっしゃる方は相談してみるのが良いでし
ょうね^^

私は、例年通り、11月中に祖母と一緒にインフル
エンザの予防接種を受けに行こうと思っています。

スポンサーリンク

インフルエンザワクチンが足りないということはない事への声


今年は、インフルエンザワクチンが足りないという
ことはない、10月上旬時点で、インフルエンザの
流行による学級閉鎖は確かに早いが、流行時期が繰
り上がるような状況ではないと言う、

現場医師の慌てなくて大丈夫という発言についての、
ネットの声をちょっと覗いてみました。

すると、慌てる必要はないという部分に否定する意
見は少ないものの、インフルエンザの予防接種は、

受けられるときにさっさと受けるたほうが良いとい
う意見が多くみられます。

これは、在庫切れ等のリスクの指摘の他、かかって
いないときに予防するから意味があるのであって、

むしろ流行っていない時期の間に済ませてしまう方
が安全といった観点の様ですね。

そのほかには、予防接種はあくまで重篤化を防ぐも
のであって、完全な予防ではないので、マスク、手
洗い、うがいといったことを義務付けていくことが
大事という意見、

今回のインフルエンザの予防接種のように多くの人
の健康のために必要なものにこそ税金をかけて、確
実にいきわたるようにしてほしいなどの意見がみら
れました。

インフルエンザワクチンが足りないという事はなくても予防はしっかり


今年は、インフルエンザワクチンが足りないという
ことはなさそうですね。私のかかりつけのお医者さ
んの話でもそうでしたし、全国的にも大丈夫そうで
す。

そうだとしても、インフルエンザの予防はしっかり
しておきたいところです。とくに私の祖母は高齢で
すので、その辺はちゃんと見守っておかないと!と
思っています。

インフルエンザに対する最高の予防は結局のところ
手洗いうがいをこまめにして、ウィルスを体内に侵
入させないことになります。

知ってるよ!とツッコまれそうな基本的な情報です
が、油断しやすいところでもありませんか?

普段から必ずやるようにして、習慣づけていきたい
ですね。

また、インフルエンザは乾燥につよいため、湿度を
適度に保つことも有効と言われているのも耳タコで
すね。

しかし、一方でどれだけ対策してもかかるときはか
かるのが病気というものです。インフルエンザが発
症した時は無理せず、体を休め、栄養を取って体力
をしっかり回復させましょう。

特に一人暮らしの方はそういった時にも被害を広げ
ずに済むように、インフルエンザの時にすぐ食べら
れるゼリーやスポーツドリンク等も常備しておくと
安心かもしれません。

様子がおかしいと判断したら迷わず病院に行きまし
ょう。

特に乳幼児や高齢者が家族にいる場合(私もですが)
は、気を付けましょうね。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー
タグ