ふるさと納税のメリットとデメリットをわかりやすく解説します!!

今ではかなり定着し、テレビCMまで
見るようになった「ふるさと納税」。

でも実際に、ふるさと納税を利用した
ことのある人はそれほど多くないはず
です。

その理由の一つに

ふるさと納税って、よく聞くけどどんなメリットがあるの?

お得のような気はするけど、デメリットはないの?

というハッキリしない部分があるから
というのも事実だと思います。

そこで今回は、ふるさと納税について
メリットとデメリットを分かりやすく
解説したいと思います。


スポンサーリンク

ふるさと納税 メリットをわかりやすく解説 デメリットってあるの?


そもそも、この「ふるさと納税」、こ
れは都市部に人が集中して、地方が過
疎化している現代の傾向から、

都市部と地方の経済的格差を少しでも
なくそうという考えから造られた仕組
みです。

また、「ふるさと」というだけあって、
故郷を離れて都市部に居住している方
が、

自分の故郷に寄付出来るように考えら
れた制度でもあります。

さらに、この寄付金の一部が所得税や
住民税から控除され、

寄付した自治体から返礼品として名産
品などが受け取れるものです。

しかし、ふるさと納税には、メリット
はもちろんのこと、デメリットもあり
ます。

ここでは、ふるさと納税をする方に、

ふるさと納税のメリットとデメリット
をそれぞれ、わかりやすくご紹介した
いと思います。

それではまず、ふるさと納税のメリッ
トから見ていきましょう。

➀ 実質負担は2000円で名産品を受け取ることができる

上限金額があるので、注意が必要ですが、2000円を除いて所得税や住民税から控除されるので、実質2000円の負担で名産品を受け取ることが出来ます。

➁ 所得税や住民税が控除される

➀で述べましたが、家族構成や所得によって変わりますが上限金額までの控除を受け取ることが出来ます。

➂ 自治体を選ぶことができる

自分の故郷を選ぶことができるのはもちろんのこと、自分の故郷以外でも、寄付金の使い方が明確な自治体や、応援したいと思う自治体へ寄付することが出来ます。

➃ 寄付金の使い方を指定できる

これはすべての自治体ではありませんが、寄付金の使い方を公表し、寄付する方が選択できる自治体があります。

➄ 学費を抑えることができる

保育料や授業料というのは、住民税を基準に決められるため、住民税が控除されれば、それだけ保育料や授業料が安くなることがあります。

ここまで見てくると、ふるさと納税に
はいいことばかりで、

ふるさと納税しよう!!と思いますが、
やはりメリットがあれば、デメリット
もあるので、

次に、ふるさと納税のデメリットにつ
いても、見ていきましょう。

➀ 制度が分かりにくく計算が少し複雑である

メリットで挙げましたが、控除される額には上限があり、家族構成や所得に応じて変動します。金額を知りたい方は、ふるさと納税の控除額の計算ツールがあるので、そちらでシミュレーションして確認することが出来ます。

➁ 家計が一時的に厳しくなる

これまでお話してきたように、所得税や住民税が控除されますが、これは寄付した年に控除されるのではなく、翌年の住民税の計算時に減額されるものです。寄付した年は、減額されないので一時的に厳しくなる場合があります。

➂ すべての自治体に返礼品があるわけではない

「自分の故郷にふるさと納税したい!」と決めていても必ずしも、返礼品があるとは限りません。自治体によって、返礼品がない自治体もあるので、寄付する自治体を決めたら、一度確認をした方がいいと思います。

スポンサーリンク

ふるさと納税をしない方がいい人とはどんな人?


前章で、ふるさと納税のメリットとデ
メリットをお話しましたが、いかがで
したでしょうか。

一時、ニュースでも話題になりました
が、自治体がより多くの方に寄付して
もらうために、

高価なものを返礼品として扱う自治体
も出ていました。

そのため、寄付する方も、本来の「ふ
るさと納税」の主旨から離れて、

自治体の返礼品目当てで寄付する方も
出るようになりました。

「ふるさと納税」の本来の主旨である、
寄付金の使い方をしっかり把握した上
で、

所得税や住民税が控除され、「ほんの
お礼の気持ち」として返礼品があるこ
とを念頭において、自治体を選ぶとい
いですね。

返礼品に重点をおいて、ふるさと納税
をされる方は少し立ち止まって考えた
方がいいかもしれません。

冒頭でお話したように、都市部と地方
の経済的格差が少しでもなくなるよう
に考えられた仕組みであることを忘れ
ないでくださいね。

ふるさと納税のメリットとデメリットについてのまとめ


ふるさと納税のメリットとデメリット
をできるだけわかりやすく、

そしてふるさと納税を利用しない方が
よい場合などお話してきましたが、

「ふるさと納税」を考えた時、寄付す
る自治体のホームページを調べてから
利用するのがいいと思います。

どんなものでも、メリットがあれば必
ずデメリットがあります。

我が国の、この本来の制度のためにも、
両側面を熟考した上で「ふるさと納税」
の利用をしたいものですね。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする