エンジンをかけた時の異音 車の変な音を放置した結果

車のエンジンをかけた時の異音。「ギャー」という変な音がエンジンをかける度にしていたんですが、もうすぐ車検だし…なんて放置していた結果。とんでもないことに…

車の異音は故障の証。いつもはしない音がするならどこかに不具合があるものですよね。まぁ、車の変な音を放置していた私が悪いのですが、あんなことになるとはなぁ…

予想外過ぎて言葉を失いました。

JAFに入っていて良かった。と、初めて思いました。そんな体験談です。


スポンサーリンク

エンジンをかけた時の異音


※はじめにお断りしておきますが、私は車の専門家ではありません。車に詳しくなく、どちらかと言えば車も運転も嫌いなほう。生活に必要だから仕方なく乗っている感じです。そのため、原因と結果に関しては私の勝手な推測であって、本当のところは違うかもしれないことを、お断りしておきます。あくまで、個人的な体験談です。

車のエンジンをかけると「ギャー」という音がしたんですよね。時間とかは関係なくて、エンジンをかけた時は必ず、この変な音がしていました。車種はダイハツのミラでした。

結論から言うと、「プーリー」が落ちました。それも、走行中に…

走行中、「ゴトン」という大きな音にビックリしてサイドミラーを見ると、反対車線上をコロコロと転がっていく物体が。「えー、何か落ちたー」と慌てて拾いに行きました。

すると、なにやら歯車みたいな部品でした。

この時点ではこの部品を「プーリー」と呼ぶことさえ知りません。とりあえずダイハツのお店に「今、走行中に歯車みたいな部品が落ちたのですが…」と電話。そのまま走ると、オーバーヒートするとかで、お店までJAFに牽引してもらうことに。

車の変な音


なんでも、プーリーとはウォーターポンプなるものにつながっている部品だそうで、ファンベルトがかかっている歯車みたいな部品。のはず… どうも、ファンベルトの張り具合が悪かったのか、プーリーに負荷がかかっていたようです。

車のエンジンをかけた時の変な音。「ギャー」という音は、ファンベルトの張り具合がおかしいよ。のお知らせだったのでしょうね。車の異音を放置した結果のトラブルでした。

もうすぐ車検だし、その時にでも… な思いが、アダになりました。

ファンベルトの張り具合に異常があったのではないかと思ったのは、後のこと。牽引してもらったJAFの人に聞きました。「プーリーって落ちるものですか?」

そうすると、30代前半の方でしたが「そうですねー、めったに聞きませんね。私もプーリーが落ちたことが原因で牽引するのは、今日で2件目です。」とのこと。

そうなると、長年の金属疲労(10年近く乗っていました)で落ちたとは考えづらい。車の変な音がしはじめた頃から毎日のように負荷をかけ続けたのではと推測しました。

車は「ギャー」って教えてくれていたのに放置したことが悔やまれます。田舎なので他の事故につながらなかったのは不幸中の幸いでしたけど。修理代は3万円くらいしました。

スポンサーリンク

車の異音を放置しちゃダメですね


当たり前の話ですね。車から異音がするということは何かの故障の証です。いつもはしないはずの音がするわけですから、どこかがおかしいはず。車が教えてくれているのだと、車のことに詳しくない私などは考えます。

私の経験上でいえば、アイドリング中や走行中に「ボッ、ボッ、ボッ」と音とがする場合は、マフラーに穴が空いている。ハンドルを切った時に「カラカラ、カラカラ」と音がする場合は、ドライブシャフトのトラブル。だった記憶があります。

特にドライブシャフトの交換となると「片方10万円、両方で20万円になります」と言われて、「はぁ!?」となった記憶が… 結局、中古だったか、リビルド品だったかで、両方で3万円でしたけど。車に詳しくないと足元を見られて怖いです…

経験上、マフラーやドライブシャフトは異音がした時点で修理が必要な状態だったので難しいですが、車の異音の段階で対処できるようなケースは放置しないようにしないとなぁと、プーリーが落ちてあらためて思い直した体験でした。

はじめて、JAFに入っていて良かったと思いましたね。牽引代がタダだったので。

保険にロードサービスが付いていれば関係ないかもしれませんが…

エンジンをかけた時の異音のまとめ


エンジンをかけた時の異音で「ギャー」なんて酷い音がする場合は、ファンベルトの張り具合に異常があるのかもしれません。ファンベルトの調整なら安く済むでしょうし、新調するにしてもそんなに高くはないはず。

もし、同じような症状がある場合には、早めに点検してもらうことをおすすめします。

エンジンをかけた時の異音を放置しておく人は少ないでしょうが、私みたいなケースもあるので、気を付けましょうね。走行中にプーリーが落ちた時の驚きといったら…

「ゴトン」、「コロコロコロコロ…」ですからね。

この記事がわずかでも、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク