雛人形を買えない場合はいらない?初節句に代わりになるもの

初節句に雛人形を買ってあげられないこともあります。そもそも雛人形はいらないという考え方もありますが、せっかくなので初節句に何か代わりに記念になるようなことをしてお祝いしてあげたい。そんな場合。

何かいい方法はあるでしょうか?

今回は雛人形を買ってあげたいけれども買えない場合に、いらない派の意見と、初節句に雛人形の代わりになりそうなものについてまとめてみました。


スポンサーリンク

雛人形を買えない そんな場合もありますよね


昔からのしきたりでは、雛人形は母方の両親が買ってあげるものとされています。これは、嫁に出した娘のところへ訪ねて行きやすくするためだったのだとか。

現代では両家の両親が競って買ってあげたがったり、または押し付け合ったり、自分たちで買ってあげたりと様々な様子。でも、家庭の事情によっては雛人形を買ってあげることが出来ない場合もありますよね。だって高いですから…

そんな場合には、安めの雛人形を買ってあげるか、初節句ではなくても、娘さんが「私もお雛様が欲しい」といったときに考えてあげても良いのではないでしょうか?

でも、初節句なのだから何か雛人形の代わりに記念になるようなことをしてあげたい。と思うのも親心。では、スタジオアリスなどで初節句の写真を撮るというのはいかが?

写真なら手元に残るし、娘さんが大きくなった時に、初節句には雛人形を買ってあげることはできなかったけど「あなたのことを大切に思っていた」という気持ちも伝えられるかと思うのですが。

確か、お雛様をバックにした写真も撮れたかと思います。

雛人形はいらない派の意見は?


雛人形はいらない。とする意見をお持ちの方もいます。

  • 自分も持っていなかったけどなんとも思わなかった
  • 自分のお雛様はお母さんが画用紙に書いた絵だった
  • 雛人形ってそもそも顔が怖い 日本人形は怖いから嫌
  • 場所をとるから嫌 飾るのも片付けるのも面倒だから

などなど、いろいろな意見があります。

自分が子供の頃に雛人形を買ってもらえなかった場合は、「娘には絶対買ってあげたい」と思う人と「別になくてもいいでしょ」という人に分かれるようですね。

雛人形はいらないと考える人は、子供の頃にお雛様を持っている友達を羨ましいと思わなかった人に多いようです。中にはお母さんにねだったけど雛人形を買ってもらえなくて、でも、次の年には欲しくなくなっていたとの意見も。

やはり、お嬢さんが欲しいと言った時に考えても遅くないかもしれませんよ。

雛人形を買ってもらえなかった人の中には、自分のお雛様はお母さんが画用紙に書いてくてた絵だった…なんて方も。ちょっと絵では寂しい気もしますが、雛人形が買えない場合には手作りするのもいいかもしれませんね。フェルトで作る雛人形とか折り紙で作るものとかいろいろありますから。

あと、雛人形は怖いと言う意見が意外に多いです。「人形、ぬいぐるみが大好きな娘が、お雛様とは目も合わせません」なんていう話も。日本人形に怖い印象をお持ちの方は意外に多いようです。そんな場合は雛人形はいらないですよね。でも、娘さんが怖がらずに欲しがった場合には前向きに検討をお願い致します。

場所をとるとか飾るのも片付けるのも面倒。は定番ですね。保管方法にも気をつかうし。

雛人形はいらないとする意見は確かにありますが、娘さんも同じように思うかは別。あるお母さんによると毎年、自分の娘の友だちがお雛様を見に来ては羨ましがるそうです。なんでもその子のお母さんが雛人形はいらない派で、買ってもらえないのだそう。

必ずしも初節句に雛人形を買ってあげる必要はないかと思いますが、娘さんが大きくなってお雛様を欲しがるようなら考えてあげるといいかもしれません。高価なものでなくてもいいはずですよ。

スポンサーリンク

初節句に雛人形の代わりに何かしてあげるとしたら


初節句に雛人形を買えない場合でも何か代わりに記念になることをしてあげてお祝いしたいと思ったりすることもあるかと思います。赤ちゃんには何をしてあげたところでわからないでしょうけど… 親の気持ちですよね。

最初にも書きましたが、スタジオアリスなどで初節句の写真を撮ってもらうのは案外いいかもしれません。大きくなった時に見せてあげることもできますしね。親の気持ちも伝わりそうですしね。ただ、そんなに安くはないと思いますが。

そう。問題はそんなに安くは上がりそうにないこと。写真のお値段もちょっと… という場合は、雛人形の代わりにというタイトルとは違ってしまいますが、キャラクター物の雛人形も選択肢としてはありかもしれません。

リカちゃんは別格として、キャラクター物の雛人形は案外安く購入できます。ミッフィーのとか。でも、ミッフィーの雛人形って女雛はミッフィーだとして男雛は「何ッフィー」なんですかね? 男雛もミッフィーなのかな。

男雛(おびな)は何ッフィー?(楽天市場)

リカちゃんはお高いですねぇ。可愛いですけど…

雛人形を買えない場合のまとめ


初節句に雛人形を買えない。そんな場合もあります。初節句は大事だと言う人もいるかもしれませんが、家庭の事情はいろいろですから、気にすることはありません。

現に子供の頃に買ってもらえなかった人だって多いですし、例えば転勤族だったから場所をとる雛人形は持っていなかったという人もいます。引越しに邪魔ですよね。

そもそも雛人形はいらないと思っている人だっているくらいですから。

お子さんがもう少し大きくなってからでも、十分だと思います。

この記事がわずかでも、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク