インフルエンザワクチン今年足りないって高齢者に言われても

2017年12月13日に、90歳を超える祖母をかかりつけの内科に連れて行ったときのこと。インフルエンザワクチンが今年は足りないので、土曜日までには予防接種を受けるように言われました。土曜日といえば、3日後の12月16日。

そんなこと高齢者に言われても、自分で来れるわけでなし。私が会社を休んで連れてこなければいけないんですけども。病院ってところはそんなことお構いなしですよね。


スポンサーリンク

インフルエンザのワクチン 今年の状況


例年より1ヶ月程生産スケジュールが遅れたらしい

ただ、最終的には見通しより100万本多く生産される見込み

なので、「ワクチンが不足して予防接種が受けられない」というケースは回避できそうですが、12月のはじめの頃は需要と供給が接近して、インフルエンザワクチンが足りなくなっていたのも事実。私と祖母はそんなタイミングで内科を訪れてしまったようです。

もともと12月13日は2週間に一度の整形外科に通う日。骨粗鬆症の治療のための筋肉注射をうつために通っています。あと、お薬も貰ってきます。

何度も病院に通うのは祖母にとっても、私にとっても負担なので、どうせなら同じ日がいいよね。ということで整形外科の帰りに内科でインフルエンザの予防接種を受けるつもりでした。例年そうしていたように記憶していたのですが…

整形外科で「骨粗鬆症の筋肉注射とインフルエンザの予防接種は同じ日にしたらダメ」と言われてしまいました。「え、そうでしったっけ?」 どうも、私の記憶違いだったよう。

仕方ないので、内科には介護保険の審査とお薬を貰うために行くことに。

インフルエンザの予防接種はまた、日をあらめて受けようと考えました。

ところが…

インフルエンザワクチンが足りないと言われて


ワクチン不足の対策として、13歳以上は原則1回接種の徹底

効率的なワクチン使用で、量にして200万本の節約が可能と厚生労働省は試算

そもそもなぜに今年、インフルエンザワクチンが足りなくなったのかというと、製造段階での方針変更があったためだとか。当初は、例年よりA香港型に効果があるワクチンを製造する予定でしたが、大量生産をはじめたところで問題発生。試験製造では問題なかったものの、大量生産をはじめてみるとウイルスが想定より増えないことが発覚。このまま製造を続けると前年よりワクチンの生産量が30%も減ることがわかりました。そこで方針変更。新しいウイルスを使った効果の高いワクチンをあきらめて、前シーズンと同じウイルスを使ったワクチンを製造することに。

この余波が、片田舎の私と祖母のもとにも届いたというわけです。

内科に到着すると早速言われました。

「インフルエンザのワクチンが今年は足りない」

「なので、早めに予防接種を、受けて下さいね」

「遅くとも土曜日までには…」

「来週になったら、うーん、なんとも言えません」

そう言われれば来ますよ。もちろん。土曜日ですよね。でも、土曜日って3日後。病院は簡単に言うけど、90歳を超える祖母には病院に来ること自体が負担だし。私にとっても負担。会社を休んで連れてきていますからね。3日後にまた会社を休めというわけですよね。簡単じゃないですよ。本当に。小さい会社は土曜日も仕事ですからね。介護に頼めばいいのかもしれませんが、本人が嫌がるし…

スポンサーリンク

インフルエンザのワクチン 高齢者の祖母と土曜日に病院に行きました


ワクチンメーカーは製造のペースを上げて供給を前倒ししている

予防接種を受けても感染しないわけではないので、うがい・手洗いは忘れずに

たまたま、私たちが病院に行った時がインフルエンザのワクチンがちょうど足りない時期だったのかもしれませんが、万が一があるかもと考えて土曜日に病院に行ってきました。2017年12月16日のことです。

インフルエンザの予防接種は無事に受けることが出来たのですが、予想外な出来事が…

その日病院に行くと小さな病院のさらに小さな駐車場が満車。入り口で待機している車までいます。「なんで?」と仕方なく裏の駐車場へ。しかし、ここから病院の入口までは200m以上あります。杖をついて歩く祖母の手を引きながら歩きなんとか病院へ。

「車椅子、持ってくればよかったな」

「病院に来て逆に具合悪くなるわ!」

と言いながらの、とんだ予防接種の日となりました。

インフルエンザワクチン 今年の状況のまとめ


万が一を考えて指定された日にインフルエンザの予防接種を受けに行った私たちですが、心配しなくても入荷されていたのかも。今となってはわかりませんが…

万が一、インフルエンザのワクチンが足りなくて、あちこちの病院に問い合わせなければいけない事態になるよりは良いかと思って、無理やり休みを取って土曜日に行きました。

祖母は90歳を超える高齢者。インフルエンザのワクチンが足りないとか言われたって、高齢者とその家族にとっては地味に負担です。私たちはタイミングよく予防接種を受けれたほうだと思いますが、まだの人はお早めに。

あ、でも、さすがに供給は十分になっているかもしれませんね。

この記事がわずかでも、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク