ゴディバのチョコをバレンタインに贈りたい どこで買えるの

ゴディバのチョコをバレンタインに贈ろうと、お考えの女性も少なくないと思いますが、いざ、買おうと思ってもどこで買えばいいのやら。

都会ならいざしらず、地方にも直営店とかあるのでしょうか?

私の住んでいるど田舎にもあるくらいなので、案外あるかもしれませんよ。


スポンサーリンク

ゴディバのチョコをバレンタインに贈りたい


高級チョコとしてよく知られるゴディバのチョコをバレンタインに贈りたいと考える女性も多いはず。でも、実際に買うとなれば「?」

自分の住んでいる地域にお店があったかどうか「いまいち?」という場合も。

そんな時は、まずはこちら → GODIVA店舗検索

どうですか? お近くに店舗はありましたか?

現在、日本での店舗数は250店舗以上ということなので、案外近くにあったかもしれませんね。私の住んでいるど田舎にもあるくらいですから。(車で1時間以上かかりますが…)

有名百貨店の中に店舗を構えていることが多いようですが、イオンモールや三井アウトレットパーク、ららぽーと、等のショッピングモールやショッピングセンターなどにも店舗があります。

高級チョコといえば、ゴディバみたいな印象がありますが、有名すぎて本命チョコには不適切との声もちらほら。夜のおねえさん達からの義理チョコもゴディバ率が高いとか。

そりゃあ、有名ですよね。

ちはやふるで、太一がチョコを買いに走るとコンビニがなぜか休業。向かいにはゴ○○バのお店が…とか。

世界ウルルン滞在記で、ギャル曽根さんがゴディバのチョコをたくさん食べたり、とか。

私でもゴディバの名前には、ちょいちょい触れてきたほど。では、そもそも、ゴディバとは、ゴディバのチョコとは、どう高級なのでしょう? そこには、ゴディバのチョコをバレンタインに贈りたくなる理由が秘められているのでしょうか?

ゴディバのチョコとは?


ゴディバのチョコのはじまり

1926年、「ショコラトリー・ドラップス」後の「ゴディバ」は、ベルギー・ブリュッセルで、お父さん、お母さんと4人の子どもたちによる家族経営のお店として創業されました。当初は、自宅の地下室でチョコレートを作っていたそう。

お父さんとお母さんの跡を継いだ4人の子どもたちが、お互いに協力しあい家業を守り、発展に尽力します。そして、1949年、旗艦店をブリュッセル グランプラスにオープン。

ベルギー中にその名を轟かせた「ゴディバ」は、1958年にパリ店、1972年にニューヨーク店と海外進出を遂げます。ちなみに、日本初のショップが開店したのも、1972年。

ただ、1972年にアメリカのキャンベル社に買収され、その後、2007年にトルコの食品企業に買収されウルケル・グループの傘下となり、現在にいたります。

現在では、ヨーロッパ、北米、アジアからドバイやロシアにいたるまで世界80カ国以上に進出し、450店舗以上展開するまでになりました。

ゴディバのチョコへのこだわり

ゴディバでは、現在も創業の地であるベルギーのブリュッセルにチョコレート工場を置き、創業時からの伝統の味を守りつつ、熟練の職人たちによる新しいレシピやデザインへの挑戦が続けられています。また、素材には、世界中から厳選されたカカオ豆のみを使用するこだわりも継続的に行われています。

スポンサーリンク

ゴディバのチョコ ゴディバ夫人の伝説

ゴディバの名前はある伝説に由来します。

英国の小さな町、コベントリーの領主レオフリック伯爵は、町の発展のため、今で言うところの公共事業を連発します。きっかけは、最初の小さな成功でした。

しかし、領民にはたまったものではありません。次々に建築される公共の建物の建築費は自らに課せられる税金なのですから。しかも、税の負担は増すばかり。

この領民の困窮に心を痛めていたのが、伯爵の美しい妻レディ・ゴディバ。

彼女は幾度となく夫である伯爵に税の軽減を求めます。しかし、伯爵は耳を貸しません。それどころか、妻の懇願を疎ましく思った伯爵は、「お前が、全裸で馬の背にまたがり町を廻ることが出来たのなら、願いを聞き入れよう」などと言う始末。

翌朝、レディ・ゴディバは一糸まとわぬ姿で馬に乗り街を廻りました。

領民は窓を閉ざし、彼女に敬意を表したそうです。その後、税は引き下げられました。

この伝説に感銘を受けたゴディバの創始者夫妻は、「人を思いやる深い愛」の願いを込め自らのチョコに「ゴディバ」の名前をつけたとか。

ゴディバのチョコはどこで買える 地元にない場合


ゴディバは、日本でも250店舗以上展開しています。ただ、都会に複数店舗が集中しているのもまた事実。買おうと思ったところで、自分の住んでいる地域には出店していない可能性も考えられます。

また、私のようにたとえ地元にあったとしても1店舗だけとか、そこに行くのに車で1時間以上かかるという場合もあります。そんな場合は、どうしたらいいでしょう。

とは言っても、現代では悩む必要はありませんよね。便利な世の中になったものです。

楽天に直営店があるので心配いりません。

楽天 ゴディバ直営店

ゴディバは高級チョコの代名詞。わかりやすすぎて希少性がないとの意見もありますが、みんながみんなチョコに詳しいとは限りません。詳しくない人にとっては、希少価値のあるブランドのチョコを渡されたところで、逆に「?」となるのでは。

相手に伝わらなければ希少性も意味なし。それなら、大抵の人が名前くらいは聞いたことがあるであろう「ゴディバ」は安心のブランドと考えることもできそうですね。

ゴディバのチョコをバレンタインに贈りたい場合のまとめ


ゴディバのチョコをバレンタインに贈りたい場合に少し注意したいのは、有名すぎるということです。義理チョコとして贈る人も多いので、本命チョコか義理チョコかで相手に迷いを生じさせる可能性があります。

ゴディバのチョコを本命チョコとして渡す場合は、本命であることが伝わるような工夫があったほうがいいかもしれません。

ゴディバのチョコは、全国250店舗以上で買えるので、購入に困ることはほぼ、ないかと思われます。楽天もありますしね。

なにはともあれ、お幸せに。

この記事がわずかでも、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク