キッチン収納のインテリア工夫術賃貸だからといって私は諦めません!

キッチンは女の城!と言いますが、あなたの家の
キッチンはどんなキッチンですか?

私の家のキッチンは賃貸マンションに備え付けら
れた、少し古めのごく普通のキッチンです。

大きさも十分とは言えないし、収納スペースもほ
とんどありません。

私は賃貸だからといって諦めたりしません!!

DIYで自分好みのキッチン収納のインテリアを
実現していきますよ~^^


スポンサーリンク

キッチン収納のインテリア 賃貸だからといって私は諦めません!


インテリア雑誌やテレビ、SNSでオシャレなキ
ッチン特集を見かけるたびに、「こんな素敵なキ
ッチンで料理がしてみたい〜!と羨ましい気持ち
になります。

また、まわりでは新築マンションや、自分好みの
注文住宅に住んでいる友達もたくさんいて、遊び
に行った先でスッキリ広々素敵なキッチンを目に
するたびに、

いつか理想のキッチンインテリアを実現するぞ〜!

と理想を思い描いています。

こう書くと無い物ねだりで人のことを羨んでばか
りしているようですが、賃貸だからといって諦め
ているわけではありません!

お金をかけずDIYでできることをやって自分な
りに楽しんでいます。今回は賃貸だからといって
あきらめなくても、

自分好みのインテリアを実現するコツやポイント
を紹介したいと思います。

賃貸のインテリアも工夫次第!棚だって自作しちゃいました。


賃貸のインテリアも工夫次第です。私は棚だって
自作しちゃいました。もちろんDIY初心者さん
だって大丈夫ですよ^^

賃貸マンションに住んでいる多くの人に共感して
もらえると思うのが、収納スペースの少なさです。

特にキッチン周りは必要最小限の収納しかないこ
とが多いし、デザインもイマイチなことがほとん
どです。

これでは、なかなかテンションが上がりませんね。

そんな時は自分で収納棚を作ってしまいましょう!

我が家では、近所のホームセンターで購入した木
材を使って、好きなサイズで棚を作っています。

ノコギリなんて持ってないし、まっすぐカットで
きるか心配…と思った方、大丈夫です!

私はいつもホームセンターの木材カットサービス
を利用しています。カットした木材を持ち帰った
らあとはドリルとネジで組み立てるだけです。

工具は手で回すドライバーでも可能ですが、電動
ドリルが一つあると便利ですよ。

これまでにも何度か引越しをしてきたのですが、

新しい家で寸法が合わなかったら切ったり新しい
材料を足したり、臨機応変に使い勝手をよくして
います。

ホームセンターでおすすめなのはSPF材。

通称1×材(ワンバイ材)、2×材(ツーバイ材)と呼ばれる安価で加工もしやすい木材です。

幅や厚みが規格になっているし、1枚でも強度が
あるのでDIY初心者でも扱いやすい材料だと思
います。

近頃は2✖4材の規格に合わせたアジャスター金
具を使って、床や壁を傷つけずに壁を作ったりさ
らに壁面収納を好きな場所に作ったり…と

インターネット上に素敵な事例もたくさん紹介さ
れていますよ。興味を持った方はぜひ試してみて
ください!

スポンサーリンク

キッチンダイニングのインテリア 賃貸でもいかせる工夫術


我が家はダイニングのスペースがあまり広くあり
ません。それでもお客さまがきた時にできるだけ
広々と見えるようにしたいと思い工夫をしていま
す。

まず、お客さまが座る側からの目線の先の収納は
「見せる」を意識した収納にしています。お気に
入りの器やコップ、雑貨をDIY棚に並べて目で
見て楽しめる壁面を作っています。

その代わり、視覚的に見えない部分は収納量重視!

100円ショップのかごや突っ張り棒、仕切り、
フックなどを駆使して収納場所を確保しています。

意外に使えるのが流し台やコンロ下の扉の裏です。

ここにフックを付けてプラスティックのカゴを引
っ掛けるとちょっとした調味料を入れられて便利
ですよ!

また、ダイニングからキッチンが丸見えで生活感
丸出しでどうしようもない…とお悩みの方は、

作業台をかねた腰くらいまでの高さの棚を目隠し
として置くと効果的です。

座った目線からだとキッチン内のゴチャゴチャし
た部分はほとんど見えなくなると思います。

本当は全部しまえるだけの収納スペースがあると
一番いいのですが、賃貸だとなかなかそうはいか
ないですよね。

だからといって諦めることなく小さな工夫をして
いけば、自分だけの素敵なキッチンに近づくと思
っています!

キッチン収納のインテリア 賃貸に住む私の場合のまとめ


いかがでしたか?今回は理想のキッチン像はあっ
ても、賃貸という理由で不満を持っていた私が、

賃貸でもできる工夫を見つけて自分好みのキッチ
ンを作ってきたお話をしました。

まだまだ不満な点はたくさんあるし、いろいろ手
を加えては失敗に終わることも多々ありますが、

こういった経験がいつかマイホームを手にれた時
に役立つと信じて日々を過ごしています。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー
タグ