お年玉の相場 高校生まで調査。私は姪が小学生の時に1万

お正月は何かと出費が多いものですよね。中でも意外に馬鹿にならないのがお年玉。自分の子はもちろん、甥、姪とあげていくと結構な金額になったりします。できれば、ずっとお年玉をもらう立場でいたいと思っても、そうはいきません。ついに、自分もあげる側の年齢になったのだな。と思ったあの頃が懐かしい。いつもお正月になると感じます。

姪が小学生の時に1万円あげて「あげすぎ!」「相場ってものがあるでしょ!」と姉に怒られたのを思い出します。思い出しついでに、最近のお年玉の相場を調べてみました。


スポンサーリンク

お年玉の相場を高校生まで調査


お年玉に相場という言葉は似つかわしくないかもしれませんが、共通認識? と言ったら良いのかな。などと考えながらも結局、相場のほうが言いやすいし分かりやすいと思って、お年玉の相場として調べてみました。

  • 小学生(低学年) 1,000円~3,000円
  • 小学生(中学年) 1,000円~3,000円
  • 小学生(高学年) 1,000円~5,000円
  • 中学生 3,000円~10,000円
  • 高校生 5,000円~10,000円

上記記載のデータはだいたいこんな感じ。程度の意味しかありません。というのも、お年玉の相場について調べるにあたり、検索をかけるも、コレという情報を見つけることが出来ませんでした。データは見つかるのですが、出処が不明の場合が多くハッキリしません。なので、一般的にはこのくらいだろうなぁ。と、思われる範囲にまとめてみました。

これを見ると確かに姪が小学生の時に1万円あげたのは、あげ過ぎだったかも? 姉が怒るのも無理なかったのだな。と思えます。姪っ子の由美ちゃんは手紙を書くのが好きな子で、折にふれて手紙をくれたり、年賀状も両親と連名にせず自分の名前で出してきたりと、私たち夫婦も可愛く思っていたので奮発したのでした。

お年玉の相場 姪っ子にはいくらあげるのが適切だったか?


今では新婚さんとなった姪の由美ちゃんですが、私たちがお年玉を相場を超えて1万円あげたことは今でも覚えていてくれて、嬉しかったと言ってくれてます。お母さんのせいで「その後、減っちゃったけど」と付け加えるのも忘れません。

スポンサーリンク

それもそのはず、おもちゃメーカーのBANDAIの調査によれば、小中学生がお正月で最も楽しかったこと・嬉しかったことの総合第1位は「お年玉をもらった」ことだそうです。やっぱり、子供にとってはお年玉はお正月の一大イベント。少しでも多くもらえたら嬉しいに決まっています。

参考:こどもアンケートホームページ:http://www.bandai.co.jp/kodomo/

私たち夫婦の失敗は、事前に姉夫婦の確認を取らなかったこと。家庭それぞれで考え方も違いますし、確認しておけば良かったなぁ。と反省しています。由美ちゃんにも逆にがっかりさせる結果になってしまいましたから。

上記のデータのお年玉の相場を確認しながら姪にあげる額を考えるなら、多めにあげるとしても、小学生で3,000円、高学年で5,000円、中学生で1万円、高校生になったら1万円にちょっとプラス、くらいが適切だったのかな。と考えます。

お年玉の相場 小学生になる前の子供にはいくらが適切?


小学校にあがる前の子にはお年玉はあげなくても良いのでは? と思いますが、500円~1,000円程度あげるという場合が多いようです。その他には、お菓子などをあげるとする意見もありました。私の場合はお菓子でしたね。由美ちゃんもお菓子をもらった記憶があると言います。

ただ、自分の子供にお金でもらったら、やはりお金で返すのが良いのでしょうね。親戚づきあいもなかなか難しいものがありますから様子を見て判断するしかないでしょう。でも、姪っ子ならそんなに気にする必要はないかもですね。兄弟仲が悪いとかない限りは…

お年玉の相場 高校生までのまとめ


  • 小学生(低学年) 1,000円~3,000円
  • 小学生(中学年) 1,000円~3,000円
  • 小学生(高学年) 1,000円~5,000円
  • 中学生 3,000円~10,000円
  • 高校生 5,000円~10,000円

先程も書きましたが、だいたいの相場です。これに小学校にあがる前の子供には500円~1,000円程度あげることが多いとの調査結果を加えて、お年玉の相場を高校生まで調べてみた。の結果としたいと思います。お年玉に相場って似合わないかもしれませんが、みんながあげているだろう、だいたいの金額がわかれば、参考になる場合もあるかな。と思っての記事でした。

この記事がわずかでも、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク