京都の紅葉は大人の遊び場 楽しみ方の工夫を大人のカップルにご紹介

京都の紅葉は大人の遊び場です。楽しみ方を
工夫して秋の京都を満喫しましょう。

秋の紅葉といえば京都といっても過言ではな
いほどの場所ですが、人気スポットの宿命と
言いますか、どうしても混雑しがちです。

好きな人と、のんびり楽しみたいのであれば、
人混みの少ない時間、つまり平日などを狙っ
て行きたいところですね。


スポンサーリンク

京都の紅葉の楽しみ方 大人のカップルへのおすすめは?


京都の紅葉を楽しむということ自体が落ち着
いた雰囲気で、大人ののカップルにはすでに
ベストマッチと言えるのですが、

その中から更にあえて言うなら、名所めぐり
はおすすめです。

京都観光研究所で紹介されているコースに、
嵐山から歩いて、祇王寺紅葉を見る物があり
ます。

徒歩で一時間程度歩くコースで、紅葉の名所
嵐山から祇王ゆかりの地祇王寺までのんびり
歩けます。

中でも紅葉の季節しか拝観ができない厭離庵
等、この時期、コースならではの楽しみに加
え、

歩く時間もそれほど長くないので体力に自信
のない方でも楽しめるかと思います。

また、大人のための京都の紅葉の楽しみ方と
して、ドライブというのも悪くはないでしょ
う。

車はやはり混雑した際のストレスやリスクは
徒歩よりも大きいのは事実ですが、

パークウェイのようなドライブで楽しむこと
を前提にしたスポットもあり、なにより車の
中は半分プライベートの空間です。

好きな人と楽しく語り合いながら、京都の美
しい紅葉を眺めるというのは、

それだけで、とても楽しいに決まってます。

ただ、夢中になりすぎて事故を起こすことが
ないようにだけ気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

京都の紅葉を人混みを避けて楽しむために気にかけたいことは?


最初に説明した通り、京都の紅葉を人混みを
完全に避けて楽しむというのは非常に難しい
です。

京都の紅葉のような人気スポットをシーズン
中に見に行く以上、ある程度は覚悟する必要
があります。

ですが、行列ができて目的地にいけないとか、
人混みで紅葉が満足に見れないのであれば行
く意味がなくなってしまいますので、

京都の紅葉を見にく場合には、人混みの回避
は必須事項と言えるでしょう。

先ほど説明した平日にいくという、基本的な
ところや、同じ京都でも紅葉の見ごろとなる
シーズンが微妙に違うので、

見ごろのタイミングを、ピークよりずらして
動くというのも一つの選択です。

公共交通機関を利用して、車を使わないのも
おすすめです。車は、混雑した時のリスクや
ストレスは徒歩の比ではありません。

また、駐車場が必ずしも空いているとは限ら
ないという部分もややマイナスです。

もちろん車ならではの楽しみもありますので
絶対にダメといったものではありません。

お金をかけるなら、宿を取ってちょうど11
月上旬が見ごろの場所と、11月中旬が見ご
ろの場所が入れ替わりのタイミングなら、

両方ともピークから外れるか、外れないかの
タイミングなので人混みが少なくなりやすく、
両方楽しむということができるでしょう。

また、あえて交通の便が悪い所に行くという
のもアリです。

その他イベント等がある期間は、そこに人が
集まる傾向にあるので、

イベントの日を外したり、イベントがあるス
ポットがあるときに別のスポットを楽しむ等
の楽しみ方もあります。

イベントに参加する場合は、初日や最終日を
避けると良いでしょう。初日最終日は基本的
にどんなイベントでも混雑しやすいです。

京都の紅葉の楽しみ方についてのまとめ


京都の紅葉の楽しみ方についてお伝えしてき
ましたが、いかがでしたでしょうか。

秋の京都のメインは紅葉なのは間違いありま
せん。しかし、京都はもともと観光名所とし
て季節を選ばない場所です。

秋の紅葉でより引き立つということにすぎま
せん。

紅葉だけでなく、お寺や神社の独特な気の引
き締まる空気を感じたり、

温泉で疲れをいやしたり、京都の料理を楽し
む等、様々な楽しみ方があります。

せっかく京都に行くのであれば、紅葉だけで
なく楽しめるものはすべて楽しまなければ損
と言うものです。

外出の計画に無理のない範囲で欲張っておき
ましょう。

術の秋、音楽の秋、食欲の秋等、秋には様
々な表情がありますが、京都も楽しめるもの
が豊富で非常に表情豊かな地域と言えます。

しっかり楽しみ、日頃の疲れをリフレッシュ
して年末まで乗り越えていきましょう。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー
タグ