年末年始旅行のおすすめ 一人旅なら?国内・海外から3選ずつご紹介!

年末年始の長い休み。家族や友達と過ごすのも
良いですが、誰にも気を使わず、自由気ままに
一人旅もいいですよね。

でも、いざ一人旅!となってもどこに行こうか
迷いますよね。

そこで、今回は、年末年始旅行のおすすめの場
所を、一人旅を計画中の方に国内と海外とそれ
ぞれ3つずつ、ご紹介したいと思います。

是非、参考にしてくださいね^^


スポンサーリンク

年末年始旅行のおすすめを国内から3選ご紹介


年末年始に一人旅を計画中の方へ、まず、年末
年始旅行の国内のおすすめの場所3選を、ご紹
介したいと思います。

家族や友達とはもちろんのこと、一人でも十分
に楽しめるおすすめの場所は、

➀「北海道」です。

北海道は広いので、北海道の中でもどこを訪れ
るのか、場所を絞って訪れることをおすすめし
ます。

定番エリアとしては、「小樽」がおすすめです。

石造りの倉庫が並ぶ小樽運河は、夕暮れ時に一
人で歩くと、なんとも趣があり、思い出に残る
景色となります。

穴場エリアとしては、旭川にある「旭山動物園」
です。冬限定の雪の上を歩くペンギンパレード
で有名ですね。

思わず、写真を撮りたくなる可愛らしいペンギ
ンに出会えます。

ここ旭山動物園では、他の動物園にはない、冬
でも多くのあるがままの動物の姿をみせてくれ
る工夫があり、一度は訪れてみたい場所です。

次に、関西エリアで年末年始旅行におすすめの
場所は、

➁「京都」です。

冬の金閣寺はなんとも風情があります。運よく
雪が降れば、雪の積もった金閣寺を眺めること
が出来ます。

京都の穴場的なスポットとしては、貴船神社も
おすすめです。

京都の奥にある縁結びの神社で、水占いが有名
です。一人旅の観光客も多く、縁結びの願かけ
をすれば、パワーをもらえるかもしれませんね。

そして最後に、九州エリアから年末年始旅行の
おすすめをご紹介するとすれば、

➂「大分」です。

大分は温泉地として有名ですが、中でもおすす
めの場所は「湯布院」です。

別府温泉は観光客で賑わっていますが、こちら
は昔ながらの、なんだかほっこりとする温泉地
です。

施設や旅館、どこを訪れても人情味があり、疲
れた体も心も癒してくれます。

スポンサーリンク

年末年始旅行のおすすめを海外から3選ご紹介


年末年始に一人旅を計画中の方へ、ここからは、
年末年始旅行の海外のおすすめの場所3選を、
ご紹介したいと思います。

日本の年末年始は寒い冬、真っ只中。そんな日
本を抜け出して、暖かい場所を求めて、おすす
めしたいのは、

➀「グァム」です。

グァムのビーチでのんびり、ゆったりと過ごす
のは、いかがでしょうか。

オーシャンビューのホテルもいくつかあるので
ホテルの部屋からもオーシャンビューを独り占
めです。贅沢なひとときを過ごせそうですね。

続いて、おすすめしたい年末年始旅行の場所は、
海外旅行の定番の

➁「タイ」です。

タイの繁華街の屋台でグルメを楽しむのもよし、
プーケットのビーチでのんびり過ごすのもよし、

タイの繁華街とプーケットのビーチのどちらに
も、アクセスのよいホテルがいくつかあります。

そして最後にロマンチックに過ごしたい方には、
年末年始旅行に、こちらをおすすめします。

➂「イタリア」です。

ベネツィア、フィレンツェ、ローマを巡る、七
日間の旅は、ツアーとしても定番です。

世界遺産を眺めながらの一人旅、思い出に残る
旅になること間違いなしですね。

年末年始旅行の海外のおすすめの場所3選をご
紹介しましたが、ご紹介した場所以外にも、ま
だまだ良い所はあります。

年末年始とはいえ、長い休みが取れない、でも
海外旅行へ行きたい、という方には、

韓国もおすすめです。

三日間でも十分、満喫出来るツアーがいくつも
あり、グルメとショッピングと両方を楽しむこ
とが出来ます。

一人旅だけど、カウントダウンを大勢の人と楽
しみたい方には、

ニューヨークの盛大なカウントダウンもおすす
めです。

新年を迎える瞬間、テレビでもよく見られます
が、賑やかに年を越したい方は、実際に一度は
訪れたい場所ですね。

年末年始旅行のおすすめ 一人旅なら?のまとめ


年末年始の長い休み。家族や友達と過ごすのも
年末年始旅行におすすめの場所を、

一人旅を計画中の方に、国内と海外の旅行あれ
これ、お伝えしてきましたが、いかがでしたか。

国内でも海外でも、一人旅でも十分、満喫出来
るおすすめの場所がたくさんあります。

年末年始を一人で、静かにゆっくりと過ごした
いか、賑やかな場所で過ごしたいかにもよりま
すが、

自分へのご褒美として、行きたい場所で、素敵
な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー
タグ