牽強付会の意味や類語とあわせて英語での表現方法を6つご紹介します

ここでは「牽強付会」という耳慣れない
四字熟語の意味と類語、その英語表現や、

牽強付会の意味と似ている我田引水との
違いをご説明いたします。


スポンサーリンク

牽強付会の類語は? 我田引水とはどう違う?


まずは、牽強付会の意味から説明します。

牽強付会(けんきょうふかい)とは

道理に合わないことを自分の都合の良いようにむりやり理屈をこじつけること。という意味の四字熟語です。

「牽強」は「こじつけること」

「付会」は「関係ないものをひとつにすること」

を指しています。

上記の牽強付会の意味を踏まえてみると、
「牽強付会」の類語には――

  • 漱石枕流(そうせきちんりゅう)= 指鹿為馬(しろくいば)= 孫楚漱石(そんそそうせき)

  • 付会之説(ふかいのせつ)

  • 堅白同異(けんぱくどうい)

  • 堅石白馬(けんせきはくば)= 白馬非馬(はくばひば)

  • 断章取義(だんしょうしゅぎ)= 断章取意(だんしょうしゅい)

などがあります。

いずれもあまり耳にしない四字熟語です
「我田引水(がでんいんすい)」なら
聞いたことある!

という人は、多いのではないでしょうか。

牽強付会を説明する際によく引き合いに
出されるのがこの四字熟語なのです。

「我が田へ水を引く」という字面から、
意味はピンとくるのではないでしょうか。

人の田は差しおいて自分の田に水を引き
入れること、つまり「自分の利益を優先
する考えや行動」を指しています。

ひとことで言うなら「自己中心的」とい
うことですね。

牽強付会にあって我田引水にない意味は
「無理やりこじつける」という部分。

自分の行動を正当化しようとする強硬な
姿勢が「牽強付会」には含まれています。

「我田引水」よりネガティブなイメージ
が強いです。

一方の「我田引水」は、自分さえよけれ
ばいいという姿勢。強硬突破するのでは
なく、自分の利益を頑なに守るといった
ニュアンスです。

そうは言っても、どちらもマイナス面を
語る表現。使う際には注意が必要な四字
熟語と言えるでしょう。

スポンサーリンク

牽強付会を英語で表現するなら?英語圏にも似たような言葉はある?


牽強付会は、英語でどう表現すればいい
のでしょう?

牽強付会の日本語の意味は、「道理に合わないことを自分の都合の良いようにむりやり理屈をこじつけること」でしたね。

なので、牽強付会を英語で表現する場合、
そこから単語を選ぶことになります。

➀ farfetched:形容詞

意味:信じがたい、現実的でない、こじつけの、無理な、強引な、不自然な

➁ forced:形容詞

意味:強制的な、無理強いの、不自然な、押しつけられた、強行の、こじつけの

➂ disrorted:形容詞

意味:(見方などが)ゆがんだ、(事実などが)歪曲した、曲解した

➃ starained:形容詞

意味:不自然な、無理をした、こじつけの

➄ turn~in one’s (own) favor:動詞

意味:~を自分の都合のいいようにする、~を自分の有利になるようにする

➅ justify~with false reasoning:動詞

意味:~を理屈で正当化する

我田引水に関しては英語圏でもよく似た
表現が存在します。

Every miller draws water to his own mill.

(どの粉屋も自分の水車に水を引く)

※ millは「水車場、製粉機、製粉所」

※ millerは「粉屋、水車屋、製粉業者」

という意味です。まさに英語版「我田引
水」ですね。

日本語の「自己中心的」という意味を踏
まえて

  • selfish
  • self-centered
  • egoistic

などのシンプルな単語でも表現すること
が可能。

牽強付会の意味などについてのまとめ


余談ですが、mill・millerつながりで
は、こんなことわざも。

No mill, no meal.

(まかぬ種は生えぬ)

A mill cannot grind with the water that is past.

(通り過ぎた水では水車も粉は引けない → 過ぎ去った時間は使えない)

Too much water drowned the miller.

(過ぎたるはなお及ばざるがごとし)

以上「牽強付会」の意味と類語から英語
表現、「我田引水」との違いをお伝えし
てきましたがいかがでしたでしょうか。

あまり使いたくない、使われたくない言
葉ではありますが、

自分の日々の行動をかえりみるためにも
覚えておくにこしたことはない四字熟語
かもしれません。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー