コンビニバイトの面接前に髪型・髪色・ネイルに関する規則をチェック

高校生から主婦、高齢者の方まで、幅広い年齢層の人が働いて
いるコンビニバイト。

コンビニバイトはシフトの自由度が高く、仕事の内容が覚えや
すいので、忙しい学生やスキルが少ない若者にも始めやすいと
人気のバイトです。

コンビニは店舗数も多いし、家や学校から近いと働きやすいで
すよね。

しかし、一見、服装や身だしなみの自由度が高そうな印象のあ
るコンビニバイトですが、本当に、髪型・髪色・ネイルなどの
身だしなみは自由なのでしょうか。

実際にOKな、髪型・髪色とは?ネイルはしても大丈夫?

本記事では、コンビニでバイトをする際に気をつけるべき髪型
や髪色の程度、ネイルや身だしなみについて紹介します。


スポンサーリンク

コンビニバイトの面接前に髪色をチェック 派手すぎる色はダメ!?


コンビニバイトの面接前に髪色をチェックしましょう。面接で
NGな髪型や髪色はあるのでしょうか。

まず、2018年にファミリーマートがアルバイトの髪色について、
「黒が標準」とした内部規則の規定を撤廃しました。

お客様に不快な思いをさせない、不衛生にならない、という事
を大前提に、これからは茶髪でもケース・バイ・ケースで判断
していくといいます。

このことからわかるように、服装や身だしなみに自由度が高い
と思われているコンビニは、実際にはそんなことはありません。

コンビニは、基本接客業なので、お客様に不快感を与えない事
が最重要視されます。

派手な髪色=不潔、というわけではありませんが、いろんな人
がお客様として来店されるコンビニでは、そう思う方もいるか
もしれないので、あまり好感は持たれない場合があります。

しかし実際は、コンビニによってルールが異なります。

コンビニは直営店があれば、フランチャイズチェーンもありま
す。店長ごとにその店のカラーが違うので、一番、確かなのは、
直接その店に行き、実際に働いている人の身だしなみを見るか、
店長に聞くことです。

私の経験からすると、派手なカラーや、デザイン性のある剃り
方などをしている髪型はNGの場合が多いです。

コンビニバイトの髪色は、茶髪は店ごとに判断が分かれる微妙
なラインです。暗めの茶髪であれば、OKの店も多いですが、明
るすぎるとNGになる可能性があります。

求人サイトには「髪型自由」や「髪色自由」というタグがあり
ます。コンビニバイトで髪色自由の店を見つけやすくなるコツ
は、大学や専門学校近郊のコンビニ求人を探しましょう。

学生をターゲットにしているコンビニは、学生にとって魅力的
な条件をうちだしているので、髪色や髪型を自由に設定してい
る可能性があります。

もしくは今流行りのダークアッシュ系のカラーだと、そこまで
派手なカラーではないので、合格しやすいかもしれません。

ポイントカラーが入ると、また判断が変わる場合があります。

そして、コンビニバイトはいろいろな方と関わる接客業なので、
清潔感が大事です。髪がボサボサだと、不潔な印象を与えてし
まうので整えましょう。

それだけで身だしなみがグッと締まり、カラーの印象も変えら
れます。

スポンサーリンク

コンビニバイトの面接前にネイルをチェック 基本NGなその理由


ネイルにこだわっている人にとって、アルバイト先でネイルが
許可されているかは重要なポイントですよね。

マニキュアだけでなく、ジェルネイルも人気でやっている人も
多いですが、気軽に付け替えられないアクセサリーだけに気に
なります。

基本的にコンビニバイトでは、ネイルや長い爪はNGです。その
一番の理由は、コンビニは食品を扱う店だからです。

以下、コンビニバイトでネイルが基本NGな主な理由。

➀ ネイルがはがれて食品などに入ってしまう恐れがある


最近のコンビニではどこでも、から揚げやアメリカンドッグ等、
フライヤー商品を扱っています。

その他にも、肉まんやおでん等もあり、それらを直接店員が手
に取って販売をするのだから、ネイルなんてしていたら不衛生
と思われてしまいます。

コンビニバイトの仕事内容として、清掃や洗い物、手を洗う機
会などが多く、ネイルがはがれやすくなります。もしもネイル
の一部がはがれて食品に入ってしまったら「異物混入」になり、
大きな問題に発展してしまいます。

最悪の場合、その店は廃業せざるを得なくなるかもしれません。

凝っているネイルだと、ラインストーンなど装飾品が付いてい
る場合もありますよね。

コンビニバイトは、ネイルが、はがれやすくなる可能性が高い
仕事内容なので、コンビニでバイトをする場合、ネイルはほと
んどの店で禁止です。

➁ 尖った爪で商品やお客様を傷つける恐れがある


ネイルにこだわっている人は、爪の形にも変化をつけがちです。

先を尖らせるタイプの爪だと、商品を袋に入れる際、袋を破い
てしまう可能性があるし、お釣りを渡すとき、お客様の手を傷
つけてしまうかもしれません。

また、コンビニでは品出しの際、段ボールやバレットと呼ばれ
る入れ物を使って、運んだりする時があります。

その時に、傷をつけたり折れてしまったりする危険があるため、
店によっては面接時に、爪を切るように言われたり、爪の長さ
を見られたりする場合があります。

➂ お客様への印象が悪くなる


お客様の中には、派手な格好をしている人に、良い印象を持た
ない人もいます。

コンビニは、さまざまなお客様が来店される場所なので、極力
すべてのお客様に不快な印象をさせず、余計なトラブルを増や
さないように、

髪型や服装、またはネイルなどの身だしなみにルールを持って
いる店舗が多いです。

コンビ二バイトの髪型など身だしなみについてのまとめ


コンビ二バイトをする際の髪型や髪色、ネイルなどの身だしな
みについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか。

コンビニでバイトするには、決まった規則というものは少なく、
その店によって異なります。自分がその店のルールにあてはま
るか心配な人は、応募する段階で店に確認しましょう。

コンビニバイトは接客業なので、お客様に不快な印象を与えな
い事が大前提です。髪色や髪型は、奇抜すぎるものは避けた方
が安心です。

また、ネイルや長い爪は食品を扱う職場なので、コンビニバイ
トの面接にはしないで行く方が賢明です。

採用される前に細かなルールは確認して、働く側・店側が気持
ちよく働ける場所にすることを心がけましょう。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー