一人暮らしを含む英語の例文 東京に引っ越してきて…で始まる文例

一人暮らしを含む英語の例文をご紹介します。

大学入学後の授業で突然、

「英語で自己紹介してください」

なんて言われたら焦りますよね。

でも、大丈夫。中学英語で難なく乗りきることができます。

「東京に引っ越してきて…」で、
始まる自己紹介の英語での例文
を紹介していきます。

「一人暮らしはお金がかかる」
なんて表現も盛り込めるような、
英語の例文もご説明しますので、

ぜひ、参考にしてくださいね。

あ、あと最後の方で一般的な
自己紹介で使える英語のフレーズもご紹介しています。


スポンサーリンク

一人暮らしを説明する英語の例文 大学入学を機に東京に…


一人暮らしを説明する英語の例文の、まずは基本形です。

「わたしは一人暮らしをしています」

I am living alone.

一人暮らしを説明する英語の中で、最もシンプルで一般的な表現になります。

I am living by myself.
I am living on my own.

同じく一人暮らしを説明する英語でも、こちらの2つは、「自活している」というニュアンスが出ます。

I have an apartment all by myself.

こちらは、英語ならではの表現で、直訳は「わたしは自分のアパートをもっています」これが「わたしには自分のアパートがあります」となり転じて「わたしはアパートで一人暮らしをしています」となります。

I live single.

こちらの英語表現は、「一人暮らしをしている」というよりは「独身生活を送っている」という意味合いになります。

I am a hermit.

直訳は「わたしは隠遁者(世捨人)です」転じて「今、仙人生活しててね」くらいの感じでしょうか。まじめな自己紹介では使えませんが、ご参考までに。

「I am living~」と進行形を使った場合は、

「~に一時的に住んでいる」といったニュアンスが出ます。

つぎは基本形を発展させていきましょう。

今、東京で一人暮らしをしています

I am living alone in Tokyo now.

18歳まで両親と同居していましたが、今は一人で暮らしています

I lived with my parents until I was 18, but now I live alone.

以前は実家暮らしでしたが、今は一人暮らしです

I used live at my parent’s house, but now I live alone.

最近、東京へ引っ越してきました

I moved to Tokyo recently.

この春に田舎から東京へ引っ越してきました

I moved from the countryside to Tokyo this spring.

今年の3月に引っ越してきました

I moved this year in March.

引っ越してきたばかりです

I have just moved.

大学入学を機に引っ越してきました

I have lived alone since I entered university.
I have started lived on my own when I entered university.
I started living by myself since I became a university student.

いかがでしたか。一人暮らしを説明する英語の例文を、

大学入学を機に東京に引っ越してきた、学生さんを
イメージして考えてみましたが参考になりましたで
しょうか。

スポンサーリンク

一人暮らしはお金がかかるを英語で自己紹介に加えるなら


一人暮らしにつきもののお金の悩みを、英語
での自己紹介に付け加えるなら、

「一人暮らしはお金がかかる」の英語表現は、
こんなふうに言ってみましょう。

一人暮らしはお金がかかります

Living alone costs money.

東京での生活にはお金がかかります

It costs money to live Tokyo.

遊ぶのにもお金がかかります

Even playing costs money.

(to以下をするには)必要以上のお金がかかります

There is more money than is needed to ~.

少しお金を貸してもらえませんか?

Would you lend me some money?

使わないにこしたことはない表現ですが、念のため(苦笑)。

今は持ち合わせがありません

I have no money on me.

もし自分が聞かれたら、こう答えましょう。

一人暮らしの英語表現以外の一般的な自己紹介で使えるフレーズ


ここまで、一人暮らしを含む英語の例文を
紹介してきましたが、

最後に、一般的な自己紹介でよく使われる
フレーズをあげておきます。

わたしは~です

I’m ~.

カジュアルな場面ではファーストネーム(下の名前)だけでOK。

My name is ~.

フォーマルな場面や、大勢の前であらたまって挨拶をするときは、苗字と名前を名乗ります。

わたしのことは~と呼んでください

Please call me ~.

日本人の名前は、英語圏の人にとって発音しにくかったり覚えにくかったりしますのでニックネームなどがあれば、それを伝えましょう。

わたしの出身は~です

I’m from ~.

もっとも一般的な表現になります。

あなたの出身はどこですか?

Where are you from?
Where do you come from?

わたしの生まれは長野です

I was born in Ngano.

わたしは18歳まで長野で育ちました

I grew up (brought up)in Nagano until I was 18.

生まれた場所と育った場所が違うことを伝えたいときは上記の表現が使えます。

わたしには姉妹(兄弟)がふたりいます

I have two sisters(brothers).

わたしは犬を飼っています

I have a dog.

わたしの趣味は~です

My hobby is ~.

わたしは~することが大好きです

I like ~ing very much.

たとえば「I like baseball.」と言ったとしましょう。すると相手は野球を観るのが好きなのか、野球をするのが好きなのか疑問に思ってしまいます。「動詞+ing」の形にして、具体例を述べるようにしましょう。

いかがでしたか。少しでもどなたかのお役に立ちましたら幸いです。

スポンサーリンク