ドンマイの意味と同じように使える英語の励ましフレーズを沢山紹介!

日本では相手が何かミスをした場合、
とりわけスポーツをしているときに、

「ドンマイ」と声をかけますよね。

「先輩にあわせて使ってるけど、実は意味がよくわからない」

という新入部員もいるかもしれません。

ドンマイの意味は「(失敗を)気にするな」
という相手を励ます掛け言葉です。

でも、ドンマイの意味が通用するのは、
日本だけという事実はご存知でしょうか。


スポンサーリンク

ドンマイを語源となった英語から考えた場合と励ましフレーズいろいろ


ドンマイの語源は、

「Don’t mind」という英語表現からきた和製英語。

《和製英語=英語圏では通じない》

というのがセオリーですから、ミスをした相手を
励ますつもりで「don’t mind」と言っても
ネイティブには通じません。

それどころか、マイナスの意味にとらえられてし
まう可能性、大なのです。

そもそもネイティブは「Don’t mind」
を単独で使うことはありません。

というのも、

Do you mind if I~?(~してもいいですか?)

と相手から許可を求められて初めて

No, Idon’t mind.(かまいませんよ)

という形で使うからです。

「mind」は「注意する、心がける、嫌がる、迷惑がる」
という意味の動詞ですから、

上記の例文にあてはめて直訳すると

「(わたしが)~すると(あなたは)迷惑ですか?」

     ↓

「~してもいいですか?」

とお伺いをたてる疑問文になります。
それに対する答えが、

「いいえ、(わたしは)迷惑には思いませんよ」

     ↓

「かまいませんよ」

となるわけですね。

冒頭でマイナスの意味にとらえられるかも
しれないとお伝えしたのはこうした意味の
違いにあります。

もしあなたが、失敗をして落ち込んでいる
ネイティブに「Don’t mind」と声をかけたとすると

「(あなたの失敗なんて)わたしの迷惑にはなりませんよ」

            ↓

「(あなたが失敗したところで)わたしには関係ないですよ」

と、相手を励ますどころか突き放す結果になってしまいます。

つまり、日本人が使うドンマイの意味は、
相手に「気にしないで」と言っているのに対し、

ネイティブが使う「(I)don’t mind.」は、
自分が「気にしていない」と言っているのです。

「ドンマイ(気にするな)」とおなじ意味で使える英語はというと――

Mindを使いたければ、「Never mind.」

Don’tを使いたければ、「Don’t worry.」

この2つが、もっともよく使われる表現になります。

他に使える英語の励ましフレーズとしては――

「No worries.」

「It’s OK.」

「No big deal.」(たいしたことじゃない)

「Cheer up!/Chin up!」(くじけるな!、元気だして!)

「Stick with it!/Go for it!/Hang in there!」(ねばれ!、頑張れ!)

「Take it easy!/Take your time!」(あせるな!)

「Calm down.」(落ちついて)

「Let it go at that.」(気にするな)

「Don’t get worked up」(くよくよするな)

「Keep fighting(trying)!」(あきらめるな!)

「It’s all good(right)!」(大丈夫!、問題ない!)

などがあります。

スポンサーリンク

ドンマイはもう死語!? 同じ意味で使われる言葉は現代にあるのか?


学生時代、運動部ではなかったわたしが
「ドンマイ」を言ったり言われたりした
のはもっぱら体育の授業ででした。

でもこのドンマイという言葉、どうやら
昭和時代が使用のピークらしく平成以降
ドンマイは死語の部類に入るようです。

ドンマイが死語になったとすると現代では、
どんな励まし言葉をかけているのでしょう。

調べてみると――

どーってことない!
気にすんな!
ナイスファイ(ト)!
などが、使われているようです。
思わず笑ってしまったのは、
スルーしろ!

友達同士ならノリで使えそうですけど、
先輩には恐ろしくて口にできませんよね(苦笑)。

ドンマイの意味などについてのまとめ


ドンマイの意味や英語表現、ドンマイの意味と同じように
使える英語の励ましフレーズなどについて書いてきました
が、いかがでしたか?

日本人が使う「ドンマイ」は相手に気にしないでと
伝える言葉。

ネイティブが使う「(I)don’t mind.」は自分が
気にしていないと伝える言葉。

ドンマイと同じ意味の英語は、

「Never mind.」

「Don’t worry.」

と覚えておくとよいでしょう。

また、

『ドンマイ』ゴールデンボンバー

『どんまい』米米CLUB

など、

「ドンマイ」を使った歌もあります。

スポーツの応援ソングというよりは
人生の応援ソングといった感じです。

カラオケで歌ってみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー