職場での挨拶が苦手な女性に克服方法をお届け!理由を知ればスッキリ

1日を気持ちよく過ごせるかどうかは、
挨拶に左右されるといってもいいかも
しれません。

あなたは自分から挨拶をするほうですか?

それとも、されるほうですか?

職場での挨拶が苦手な女性に克服方法と
よくある理由をお伝えします。

「挨拶が苦手」をこの機会にスッキリと
克服してしまいましょう^^


スポンサーリンク

挨拶が苦手なのを克服する方法は案外簡単なことだったりします!


挨拶が苦手なのを克服する方法は
案外簡単なことだったりします。

スピーチと違い一言二言ですむ挨拶ですが、
苦手だという人はいますよね。

挨拶の苦手意識の程度に個人差はあるものの、共通している点は
《大事(おおごと)にとらえすぎ》ということでしょうか。

挨拶にはもちろん丁寧さが必要ですが
肩肘張らない気楽さも大事だと思うのです。

「あの人は会話力が高くて面白いけど、挨拶などの基本的な対応はまるでできない」

「あの人は話しベタでコミュ障っぽいけど、挨拶はいつもきちんとしている」

どちらのほうが印象が良いでしょうか。

会話やスピーチにはある程度
パフォーマンスが入ります。

周りを意識した対応です。

かたや、数十秒で終わる挨拶には巧みな
話術も必要ない、とても控えめな行為です。

でも、スポットライトの当たらない行為を
おろそかにしない姿勢は、必ずやその人の
徳につながっていきます。

プラス行為を続けているとプラス行為が
返ってくるといいますから

「挨拶は自分のためになる」と考えてみて
はいかがでしょう。

挨拶に対する苦手意識が薄れてきませんか?

仕事をバリバリこなせて、コミュニケーション能力
が高くても、挨拶がいい加減だと、人としての評価
は下がってしまいます。

たとえ数秒の挨拶でも発言者の人柄はある程度相手に
伝わりますから、おざなりにはできない作法なのです。

さて、職場で身近な存在、つまりおなじ部署の人への
挨拶が楽にできるようになったら次はもう少し範囲を
広めてみてください。

廊下ですれ違う他部署の人、受付嬢、警備員、売店の店員、
清掃スタッフ、販売業者etc…

あなたの周りには、直接仕事に関係はなくとも
たくさんの人がいることがわかります。

職場の社員にかぎらず、すべての人に同様に挨拶をすると
いうのは、なかなかできることではありません。

でも、それができたらあなたは社会人として、ひいては人
として、徳がぐんとあがることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

挨拶が苦手な人にありがちな理由を知ればすっきり!!


挨拶が苦手な理由としては――
  • 極度の人見知り

  • 迷惑にならないか不安

  • 声をかけるタイミングがわからない

  • 声をかけることが恥ずかしい

  • 無視されるのが怖い

などがあげられると思います。

でも、挨拶は会話に比べればずっと簡単。

挨拶する時に、目を見るのが苦手なら鼻先を見ればいいですし、
挨拶する時に、声を出すのが苦手なら会釈だけでもいいのです。

挨拶とは、要は、なんらかのアクションを発信すること。

もちろん、相手が無反応な場合もあります。

SNSなどの普及により面と向かっての
コミュニケーション能力が低下傾向に
ある現代では無視されるケースの方が
多いかもしれません。

でも、挨拶をしたあなたに非はないのです。

反応がなかったことを悩む必要はまったくありあせん。

人間はネガティブな事柄に、より反応する生き物
なので挨拶を返してもらった嬉しさよりも、無視
されたショックのほうが大きくなります。

挨拶を無視された経験から

  • 無視されるのが怖いので自分からは挨拶をしない

  • 相手が気づいてくれるまで知らないふりをする

  • 人との接触そのものに消極的になる

といったマイナス感情のデフレスパイラルに陥ってしまい、
挨拶が苦手になる理由となる場合はよくあります。

でも、挨拶をしたあなたに落度はないのです。

挨拶を無視されたからといって、決して落ちこまないでください。

職場での挨拶が苦手な場合についてのまとめ


職場での挨拶が苦手な場合についての克服方法や
挨拶が苦手な方によくある理由について書いてき
ましたが、いかがでしたか。

挨拶は、大事(おおごと)にとらえすぎる必要は
ないけど、おざなりにできない作法です。

挨拶を声に出すのが苦手だったら会釈だけでもOK。

身近な人への挨拶が楽にできるようになったら対象
を少しずつ広げてみてください。

わたしが小学生のとき

「フォルクスワーゲンを1日に7台見たら、いいことがある」

というジンクスが流行っていました。

30年前は、あの形と色が子供の目をとても惹い
たものです。幸運を呼ぶ車だったわけですね。

(色の指定や台数は、地域によってまちまちのようですが)

そこで、挨拶も《自分ジンクス》にしてしまうのはどうでしょう。

「身近な人以外への挨拶を1日に7回行ったら、いいことがある」

職場での挨拶が苦手な方は、克服方法の一つとして
さっそく取り入れてみてはいかがですか?

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー