富士山の登山は雨の予報なら中止にすべき!?雨の日の注意点と雨対策

ご来光目的の富士山への登山。

いよいよ予定日も近づいてきたというのに、
天気予報によると予定日は雨。

そんなとき、富士山への登山は中止に
すべきかどうか悩みどころですよね。

富士山の登山は雨の予報なら中止にすべきかどうかや、
どうしても行きたい場合の雨の日の注意点と雨対策など、

気まぐれな天候との付き合い方を紹介いたします。


スポンサーリンク

富士山登山の雨の日の注意点 ご来光が目的なら行かないという選択肢も


まず、基本的に富士山に限らず、
雨天時の登山というのは中止が大前提です。

単純に雨による足場の悪さなども問題ですが、
雨が降った場合、霧が出る可能性が山ではあります。

がはっきりしなくなる状況では、
進むことも戻ることも困難になります。

数メートル先が見えないレベルになってしまえば、
自分がどこにいるかを判断するのも厳しい他、
コース外への滑落の危険も出てくるでしょう。

また、その状況下でなにも対策がない場合は、
体温を奪われる可能性が極めて高いです。

これは非常に危険な状態です。最悪の場合、命の危険があります。

晴れの予報でも山の天気は変わりやすく、
雨になる場合もあるため、

天気が晴れなら安心というわけでもないのですが、
少なくとも目に見えて危険な状況で山に入るべきではありません。

急な天候の変化の対策としては、
晴れでも雨除けになる道具や防寒具を
用意しておくことです。

具体的には、

  • レインウェア
  • 着替え
  • ザックカバー
  • カイロ
  • 非常食や飲料

などが最低限必要です。

最近は通常の登山グッズについても必須アイテム
としてこれらが紹介されていることも多いので、

ご存知かと思いますが、こういった道具を普段から
用意して動いているかは、そういったトラブルにあった時に
若干の冷静さを取り戻すことができる鍵になることもあるでしょう。

スポンサーリンク

富士山登山の雨対策 どうしてもの場合や急に降ってきた時のための準備


とはいえ、雨の日の富士山登山が100%悪いとはいえません。

植物の色はより鮮やかになったり、
雨の日にしか見えない物は確かにあると言えるでしょう。

また、雨の日の登山の危険さは、
やはり体感しないとわからない部分もあります。

それらを知るために敢えて雨の日の登山を
選択することはまったくなしとは言えません。

ただし、先ほども説明した通り危険は跳ね上がるので、
敢えて雨の日の山を登る場合は準備を念入りにした方がよいでしょう。

具体的には晴れの日の富士山を
一度以上登っていること、

その上で、少しでも無理を感じたら、
すぐに引き返せるようにしておくこと。

この二点をまもった上で、傘やレインウェアをはじめとする
各種雨天対策グッズを用意すれば何とかなるでしょう。

山は相手が初心者だろうが、
熟練の登山者だろうが関係ありません。

準備をしない人や無理をする人には
容赦なく自然の猛威を振るってきます。

まずは山をなめてかからないこと。これが一番必要な準備でしょうか。

富士山登山は雨なら中止にすべきかについてのまとめ


何度も繰り返す形になりますが、
雨の日の富士山は基本的に登るべきではありません。

というよりも雨の日は富士山に限らず、
登山を中止するのが安全に過ごすための基本中の基本です。

このあたりの基準は人や、
集まるサークルによっても基準は違いますが、

降水確率40%を中止ラインにするようなところも
珍しくなく、それだけ雨の日の山というのは、
恐ろしいものなのです。

雨の日にこそみえる美しさがあること自体は否定しませんし、
そういった普段見れない美しい物を見つけるのは、

アウトドアの醍醐味であるのもまた事実ではありますが、
相応の準備や知識があって初めて成立するものです。

「どうしようかな…迷うな…」

とか、

「大丈夫かな…」

という気持ちがあるなら避けた方が無難です。

どのような天気で行くにしろ、
しっかり準備してから山に挑みましょうね

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー
タグ