引っ越しの挨拶をするときは相手のことを考えて適切な時間を選ぼう!

初対面の方への挨拶というのは誰でも緊張しますよね。

これから生活していくうえで、
親しいおつき合いになるかもしれない相手とくれば、
なおさら第一印象は大切になってきます。

引っ越しの挨拶に伺うときには適切な時間を選ぶなど
まずは、礼儀を欠かない挨拶を心がけたいものです。


スポンサーリンク

引っ越しの挨拶っていつがいいのか引っ越しの達人が教えます。


では、引っ越しの挨拶に適した
タイミングとはいつになるのでしょう。

挨拶というと《自己紹介》の
イメージがあるかと思いますが、

引っ越しにかぎって言うなら、

《自己紹介》プラス《引っ越し作業を事前に伝える》

という目的を含めたほうがよいと思います。

駐車場や道路をスムーズに使うためにも、
業者のトラックが到着する前に

これからしばらくお騒がせします

と手短に伝えておくことが、
マナーとして必要になるのではないでしょうか。

作業が平日であればまだいいですが、
住人の方がゆっくり過ごしているような土日祝日に
突然騒がしくされたら、あまりいい気持ちはしませんよね。

正式な《自己紹介》は作業が一段落したあとで、
手土産を持参して行えばよいと思います。

当日は慌ただしくて時間がとれそうになければ
翌日、または1週間以内に

引っ越しの際はお騒がせしました

と添えて挨拶にうかがえばよいでしょう。

引っ越しが平日の場合、
昼間は相手が不在だったので早朝か夜間にうかがう、
というのはおすすめできません。

かえって相手の迷惑になってしまいます。
その週の土日まで待って、挨拶にうかがったほうがよいですね。

スポンサーリンク

引っ越しの挨拶を土日にする際の注意点を恥をかく前にチェック!


引っ越しは多くの場合、土日祝日に行うでしょうから
挨拶も同日ということになります。

でも、仕事は休みだろうから、
いつ挨拶にうかがっても問題ない、
と考えるのは早計です。

土日祝日の挨拶は平日以上に配慮が必要だからです。

時間帯は

  • 午前なら10時~11時半
  • 午後なら13時~16時半

が常識的な範囲とされています。

10時前はまだ活動が始まっていない方もいるでしょう。
休日ということでゆっくり寝ている方もいるかもしれません。
昼食や夕食の準備にとりかかる時間帯も避けたほうが無難です。

夜間になると、すっかりくつろぎモードに入っているでしょうから
対応そのものが億劫になりがちです。

お風呂をすませてしまった方もいるかもしれません。

特に住人が女性の一人暮らしという場合は、
居留守を使われても仕方ないかな、という気もします。

これはくれぐれも男性の方にご理解いただきたいとこなのですが
悪気はないんです、まったく。

ひとえに女子事情というものでして(苦笑)。

それだったらむしろ、平日の夕方のほうが好都合かもしれません。
仕事から帰った直後は、バッチリメイクのままですからね(笑)。

――というのは冗談にしても、

男性の方が単身者用アパートに住む女性宅を訪れる場合は
仮にドアチェーン越し(苦笑)であっても、
気を悪くしないであげてくださいね。

引っ越しの挨拶をする際の時間のまとめ


引っ越しの挨拶をするのに適した時間や
注意点についてお話してきましたが、いかがでしたか?

引っ越しの挨拶にうかがう際は
平日の早朝や夜間は避けて
土日祝日の午前中から午後の明るい時間帯に行いましょう。

そして、挨拶の締めに

せっかくのお休みのところ、失礼しました

と添えれば、さらに印象が良くなると思いますよ。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー