2度目の七五三の髪型は七歳らしさを出して子供の成長をアピール
七歳の2度目の七五三。
赤ちゃんから抜け出したばかりの
可愛らしい三歳の七五三とは打って変わり、
七歳ともなると立派なレディーに
確実に近づいていますよね。
着物もちょっぴり大人っぽくなり、
三歳の頃の可愛らしさより、
華やかさが出てきますよね。
そして当然…困るのが髪型です。
美容院でもセットはお願い出来ますが、
費用もかかるし、出来ることなら
お母様がセットしてあげたいですよね。
今回は、七歳らしさを出した、
簡単に出来る七五三の髪型について
ご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

七五三の髪型はいろいろ 7歳の女の子にはこんなやり方がいいかも


7歳ともなると、ショートカットにしている子もいますよね。
髪を結い上げたいけど、ショートだから…
と諦めていませんか?
ショートカットでも今はとても便利な
「ウィッグ」
というものがあります。
これは100円ショップでも
結構バリエーションがあり、
簡単に購入出来るので、
是非、試してみて下さいね。
このウィッグを使った髪型。
セットの仕方を簡単にご説明します。
  1. 髪を一つにまとめられない場合は、
    いくつかのブロックに分けて、
    毛束を結い、毛先を一方向に集めます。
  2. 集めた場所にウィッグをつけます。
  3. ウィッグとの境目に髪飾りをつけます。
次に、ミディアムの場合は、
同じウィッグでも「シュシュウィッグ」というものもあります。
これはシュシュのようになっているので、
とても簡単です。
セットの仕方はこちらです。
  1. ポニーテールにして、丸めてお団子を作ります。
  2. お団子にシュシュウィッグをつけます。
  3. シュシュウィッグの周りに髪飾りをつけます。
そしてロングヘアであれば、
そのままお団子ヘアにしてもよし、
ポニーテールで、部分的にウィッグをつけるもよし、
いろいろと試すことが出来るので
チャレンジしてみて下さい。
私の娘も髪の毛が少なくて
髪型のセットには苦労しました。
ミディアムだったのでポニーテールには出来るものの、
髪の毛にボリュームがなかったので
ウィッグでふんわりボリュームをつけたら
とても女の子らしくなりました。
そして短くて、散らかってしまう髪の毛も
ムースやスプレーを使って
まとめてみると、案外簡単に出来ました。

スポンサーリンク

七五三の髪型で女の子らしさを強調するなら髪飾りも大事なアイテム!


髪型でもあれこれアレンジが出来ますが、
女の子らしさを強調するには、
着物の次に、髪飾り!ですよね。
この髪飾りを選ぶポイントについて、
大きく分けて3つ、ご紹介したいと思います。
まず一つ目は、大きさです。
大きな飾りを一つつけるか、左右で分けるか、
または小さな小物を全体的に散らしても
上品さが出てきます。
髪型のボリュームによっても
変わってくると思うので
バランスを考えながら決めるといいと思います。
二つ目は、留め飾りか下がり飾りか、です。
バレッタやかのこ、かんざしのような留め飾りか、
下り藤かビラかんざしのようにぶら下がるタイプの下がり飾りか、
これも全体の髪型のボリュームとバランスを考えて
決めるといいですね。
そして、三つ目は、色です。
全体的に着物の色合いにもよりますが、
着物の色と統一感を出すか、
もしくは髪飾りにアクセントとして
全く違う色を持ってくるか、
それぞれ好みもあると思います。
これらを考えて髪飾りを選ぶのが良いと思います。

まとめ 七五三の髪型で七歳らしさを表現するには


女の子は三歳と七歳と
2回あるから大変…
と思う反面、2回も楽しめるから嬉しいですよね。
どの着物にしようかな、
どんな髪型にしようかな、
どんな髪飾りにしようかな、
と悩む時間もまた、楽しい今だけの大切な時間です。
思いっきり悩んで
親子でこの幸せな時間を過ごして下さいね。
その時は大変かもしれませんが、
後から振り返ってみると
悩んだ分、きっととても素敵な思い出になりますよ。

スポンサーリンク