小学生引越しのタイミングは小学校入学前と入学後ではどちら

小学生になるお子さんをお持ちのご家庭で引っ越しを検討する際の悩みどころは、引越しのタイミング。小学校入学前と入学後ではどちらが子供にとって負担が少ないでしょう。

引越しのタイミングは入学前がいいとする意見が多い中、その理由とは。入学後に引越しする場合と合わせて、まとめてみました。


スポンサーリンク

小学生に負担の少ない引越しのタイミング


ご家庭の事情によってはお子さんが小学生になる時期と引っ越しの時期が重なる場合もあると思います。転勤の内示が3月末に出て6月赴任とか、新居を探していて希望にあった家を見つけたけれど、引き渡しが6月とか。これでは小学校入学前に引っ越せるのか、それとも入学後にならざるを得ないのか、子供への負担を考えると悩みどころ。

小学校入学前に引越しすると、子供は保育園や幼稚園からのお友達が誰一人としていない状況で小学校の入学式を迎えることになるのが、心配。

小学校入学後の引越しでは、夏休み明け、または二学期の初めに転校。というケースが多いかと思いますが、これは、県外などに急に引っ越さなければ行けない場合の選択肢ではないかと考えます。学区が違うだけで現住所からも引越し先の小学校に通えるなら手続きすれば、引越し先の小学校に入学できるわけですから。

小学校の入学後に引越しする場合というのはレアケースのように感じます。新一年生としてスタートをきるのが、お子さんにとってはベストのタイミングなのでは?

小学校入学前の引っ越しで最大の心配事


お子さんが小学生になる時期と引っ越しの時期が重なった場合には、引越しのタイミングはやはり、小学校入学前がいいのだとしても、最大の心配事は保育園・幼稚園からのお友達が誰一人としていない、近所のお友達もまだいない状況で迎える入学式かと思います。

実はこの悩みはお母さんにとっても共通する悩みだったりします。保育園・幼稚園からのお友達がいないということはお母さんにも保育園・幼稚園からのママ友がいないということになります。小学校に上がると連絡事項がプリントでくるようになりますが、このときママ友が同じクラスに一人でもいれば心強さが違います。プリントの嵐の中の灯台です。

まずは順番にお子さんの場合から。子供の場合は性格にもよりますが、案外早く友達を作って楽しく学校生活を送れるようになったりします。親の杞憂で終わる場合が多いです。小学校入学前の引越しなら、転校とは違い同じ新入生としてスタートがきれますから意外と早く馴染める場合が多いです。

同じ保育園・幼稚園の子供たちが固まるのでは? と言うのは大人の考え方であって、小学1年生くらいでは、あっても最初だけ、新しい友達が出来ていくものです。もちろん馴染めない子もいると思います。その場合ここは悩みどころで正直、答えが無いのですが学校とは別の場所を用意してあげるのが有効かもしれません。(習い事とか)

次にお母さんの場合。子供に保育園・幼稚園からの友達がいないという場合には、お母さんにもママ友がいない状況だと思います。明日〇〇が必要だと子供が言う。でも連絡帳には書いていない。そんな時、ちょっと確認できるママ友が同じクラスにいると心強い。

「軽く死ねるくらい」と表現する人もいるくらいのプリントの量なのでフォローし合えるママ友がいると楽。早く馴染まないとつらいのは、実はお母さんの方だったりします。

スポンサーリンク

小学校入学後に引っ越しするとしたら


新居の引き渡しが6月になるとか、転勤先への赴任が6月だとか、どうしても小学校入学後に引っ越しをしなければいけないとしたらどうでしょう。

引越し先が学区が違うだけで現住所から通えるところに小学校がある場合には、最初から引越し先の小学校に入学するという選択肢が考えられます。これなら、入学前の引越しと同じですし、手続きすれば可能です。

実際の手続きは市役所か教育委員会ですることになると思いますが、私の住んでいる地域では市役所と同じ建物内に教育委員会があってそこの学事課で手続きできます。お住いの地域の市役所なり区役所に事情を説明すれば手続きの仕方を教えてもらえます。

引越しが確定している場合には最初から引越し先の小学校に入学するのがお子さんにとっては一番負担が少ない形で学校生活をはじめることが出来るように思います。送迎の手間がかかるかもしれませんが…

引越し先が県外という場合で、引越しの時期が6月を予定な場合。これは難しいですよね。新居の引き渡しが6月ということなら小学校入学前に引っ越すことは可能でしょう。でも、引っ越しの理由が転勤の場合が難しいです。

転勤の場合、お父さんの引越しは6月で動かせないでしょうし断るわけにもいかないでしょうから、お母さんとお子さんで小学校入学前に引越しするか、夏休み中に引越して二学期から新しい学校に登校するとかでしょうか。あとは、単身赴任してもらうか…ですか。

いずれにしても、子供の負担を軽減してあげたいところですが、難しいところですね。

小学生の引越しのタイミング まとめ


小学生に上がる時期での引越しはタイミングとしては転校を伴う引越しよりは負担も少ないはず。なので、出来ることなら小学校入学前に引越しするのがいいかと思います。

学区が違うだけなら手続きすれば引越し先の小学校に通えるので、小学校入学前に引越しするのと結果は同じ。ただ、地域によっては送迎の手間が発生するかもしれません。

入小学校入学後の引っ越しとなると小学生の子供にはつらいかもしれませんが、仕事の都合なら仕方ないのも事実。子供にとって負担の少ない選択肢を選べればいいですね。

この記事がわずかでも、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク