岡山県後楽園の最寄り駅と駅からの所要時間や通年の見どころを紹介!

日本三大名園の一つである後楽園。岡山県の観光名所
としては最高峰に位置する後楽園は、車のアクセスも
便利ですが、電車によるアクセスも良好です。

交通事故などや駐車場に停められない、渋滞と言った
ストレスを避けるなら電車も忘れてはいけないでしょ
う。

市民の味方である公共交通機関の利用した際の岡山県
後楽園の最寄り駅や、駅からの所要時間、

岡山県後楽園の見どころなど、一年通しての魅力に迫
っていきましょう。


スポンサーリンク

岡山県後楽園への駅からの所要時間は?アクセス方法別にご紹介


岡山後楽園の最寄り駅は岡山駅で、駅からの所要時間
は徒歩となると20分程の距離があります。

この距離を遠く感じるかは、人によっても違いますが、
少なくとも『駅近』という表現には適さない距離です
ね。

徒歩以外の方法でのアクセスを考えるとバスか、路面
電車、タクシーとなるでしょう。

では、実際に岡山県後楽園への駅からの所要時間を見
くらべていきます。

  • バス

バスは140円で12,3分といった所でしょうか。下車するバス停も後楽園前と直球なので間違えることもなく、利用しやすいでしょう。普段から利用しなれている人も多く、辺に手間取りたくないならお勧めです。基本のアクセスルートとも言い換えて良いでしょう。

  • 路面電車

路面電車は100円で15分程。そこから徒歩で更に8分程の距離です。所要時間はバスよりも長めです。値段のお得さもさることながら、路面電車が走っている場所自体が珍しいので、これに乗ることも含めて一つのイベントとして楽しめるのが大きなメリットでしょうか。とはいえ、徒歩が挟まるのでどうせ歩くなら最初から歩きたいという人や、着いたら歩きたくないという人には向かないでしょう。

  • タクシー

説明不要の最強交通手段。値段こそ張るものの、自分の目的地まで確実に送り届けてくれるのは強みですね。また、バスのように後払い先払いはどちらか気にしたり、路面電車のように知らないシステムを改めて調べる必要が全くないところも手軽です。

ただ、料金は他の二つに比べて大幅に高くなるのであまりお勧めはしません。大人数で来ているなら箱乗り前提で選択肢に上がらなくもないでしょうが、それでもバスや路面電車の方が1人当たりは圧倒的に安いです。

スポンサーリンク

岡山県後楽園の見どころは?ここは、一年中楽しめる観光スポット!?


岡山県後楽園の見どころというと、三つの季節の幻想
庭園を挙げる人も多いです。確かに春、夏、秋の一大
イベントでもある幻想庭園はそれだけでも行く価値は
ありますが、

イベントありきの施設ではないからこそ、岡山県後楽
園は日本三大名園の一つに数えられています。その見
どころを幾つか紹介しましょう。

  • 流店(りゅうてん)

自然の美しさも他ではなかなかお目にかかれないものではありますが、この流店は珍しい『建物』です。当時の建物というだけでも現代には物珍しい物であるのも確かですが、この水路を中央に通した奇妙な建物は面白いです。当時は休憩所として使われていたそうで、戦火を免れた数少ない建物でもあります。

  • 延養亭(えんようてい)

藩主の居間で、園内で最も重要な建物だったものの、戦災で焼失し、昭和三十五年に当時第一級の木材と技術で築庭当時の間取りに復元されたのが現在の延養亭になります。こちらは建物そのものというよりもここからの全景が素晴らしいので見る価値があるといった意味の方が強いです。

もちろん延養亭そのものも、見どころではあるのですが。自然の見どころスポットは非常に多くここでは紹介しきれないため、迷ったらここに来ればとりあえず、全景を見れるというのがポイントです。

  • タンチョウ

聞きなれない方も多いかもしれませんがタンチョウという鳥が飼育されています。花札をやったことのある方はなじみがあるかもしれません。庭園その物の魅力もさることながら、この珍しい生き物を見る機会があるというのも来る理由としては大きい物になるでしょう。

岡山県後楽園の最寄り駅などについてのまとめ


岡山県後楽園の最寄り駅は岡山駅です。駅からのアク
セス方法や所要時間は前述の通りです。

岡山県後楽園はオールシーズン楽しめるとは言え、や
はり幻想庭園の都合や自然そのものの性質上、冬以外
の方が楽しめる可能性が高いです。

そこに咲く花や茂る草を楽しむなら、それにふさわし
い季節に行くとより楽しめるかもしれませんね^^

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー