水戸偕楽園の梅の見頃と梅落としについて知りたい方に詳細を解説!

水戸偕楽園は、日本三大名園の
一つに数えられる日本の名園で
す。

水戸偕楽園は、三大名園と言わ
れるだけあり、

季節ごとに、違った表情を見せ
てくれるため、いつ来ても楽し
むことはできますが、

やはり水戸偕楽園に足を運ぶの
であれば、名物の梅を見ておき
たいところです。

水戸偕楽園の梅の見頃と梅落と
しについて詳細を解説していき
ます。


スポンサーリンク

水戸偕楽園の梅の見頃はいつ?


水戸偕楽園の梅の見頃は、例年
2月下旬から3月中旬です。

ただ、水戸偕楽園の梅は非常に
種類が多く、100品種近くあ
ります。

ちなみに、水戸偕楽園の梅の木
の本数は合計3000本ほどに
もなります。

そのため、水戸偕楽園にある梅
の品種によっても、若干、開花
時期のずれがあり、

早い品種は1月下旬から咲き始
めます。

それ程早い梅となるとさすがに
3月まで見るのは厳しく、

逆に3月にならないと咲かない
梅もあるため、

どのタイミングで行くは非常に
悩ましいところです。

水戸偕楽園の梅の見頃の期間は、
梅まつりも行われるのでそれを
一つの指標とするのも良いです。

水戸偕楽園の梅落としとはその名の通り!?


水戸偕楽園で行われる梅落とし
というのは、その名の通り、

梅の実を落とす作業になります。

つまり、水戸偕楽園の梅の見頃
とは全く別の時期に行われるも
のになりますね。

水戸偕楽園の梅落としが行われ
るのは例年、6月上旬頃となり
ます。

水戸偕楽園の梅落としの作業は、
実った後の梅が枝についている
という状況が、

木に負担を与えるので、成熟前
に落として、木に対する負担を
軽減する狙いがあります。

この負担軽減によって次の春の
梅も美しく咲くのです。

水戸偕楽園の梅落としによって
落とされた梅は、梅酢などを作
る材料になります。

成熟前の青梅でも使い道が多い
のが、梅の凄いところですね。

水戸偕楽園の梅落としの作業で
落とされた梅は、

偕楽園公園センターで一般販売
されてもいるため、一定の収入
源にもなっているようです。

スポンサーリンク

梅以外の水戸偕楽園の見どころ


梅は水戸偕楽園の季節を通して
も一番の見どころと言って差し
支えない見応えがありますが、

やはり三大名園の名前は伊達で
はなく、それ以外にも見どころ
に満ちています。

梅が見頃を終えて幾ばくも無い
4月の上旬には、

水戸偕楽園の桜の見ごろが来て、
桜まつりも行われます。

16mにもなる大きな山桜が美
しいですよ。

そして、4月の下旬には水戸の
つつじまつりがあり、

キリシマツツジやドウダンツツ
ジなど約380株ものつつじが
美しく咲いています。

6月には先ほど紹介した梅落と
しがあり、

7月には、花火大会。こちらは、
7月第3土曜日に千波湖で行わ
れます。

迫力もさることながら水面に移
る輝きも見逃せません。

8月には、山車巡行、神輿渡御、
水戸黄門パレード、市民カーニ
バルなどが行われており、

道路が人で埋め尽くされるほど
の大人気です。

9月には水戸の萩まつりが行わ
れ、この期間は俳句大会や、琴
の大会などがあり、

花以外の楽しみがあります。文
化の秋といった所でしょうか。

11月には、もみじ谷の紅葉が
ライトアップされます。

こちらは花火と同じく夜に楽し
むものではあるものの、

紅葉そのものは昼間も美しいた
め、昼間から夜まで一日かけて
観るということもできます。

ほぼ毎月のペースでイベントが
行われ、どれも非常に見ごたえ
があるのはポイントです。

また、多くのイベントがイベン
トでありながら、どちらかとい
うと、

落ち着いた雰囲気の中で行われ
るのでデートなどにもおすすめ
です。 

水戸偕楽園の梅などについてのまとめ


水戸偕楽園の梅の見頃の時期や
6月に行われる梅落とし、

また、偕楽園の梅以外の見どこ
ろなどについて、

お伝えしてきましたが、いかが
でしたでしょうか。

水戸偕楽園の魅力として真っ先
に上がるのは、やはり梅であり
ますが、

紹介した通りさまざまなイベン
トが、ほぼオールシーズン目白
押しです。

梅も見頃に見たら、やはり梅落
としも見たくなるというもの。

2月に行ったとすれば、6月に
行く必要があるため、それだけ
で4か月。

その間にも桜やつつじも見逃せ
ません。

偕楽園の見どころをすべて見よ
うとしたら冗談ではなくそれだ
けで一年がかりです。

ちょっと気後れしてしまうかも
しれませんが、一度なにかしら
見に行くと、

絶対に、また行きたくなるので、
梅の季節に一度遊びに行きまし
ょう!

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー