ダニを退治して綺麗な畳を取り戻せ!数ある方法の中でおすすめなのは

日本ならではの畳。フローリングも
いいものですが、

一部屋くらいは、畳をしいて和室に
しているご家庭も多いのではないで
しょうか。

畳の雰囲気はほかで出せないものが
ありますが、そんな畳はダニにとっ
ても住みやすい環境なのです。

畳は置いてもダニは部屋にいてほし
くないものですね。

和室のダニを退治して、綺麗な畳を
取り戻すための方法の中でも、おす
すめのものをご紹介していきます。

パパッと畳に潜むダニを退治してし
まいましょう。


スポンサーリンク

ダニ退治の方法をまずは、チェック!!


さて早速、ダニ退治の方法について
ですが、ダニは殺すだけではあまり
意味がありません。

というのも、ダニの死骸や糞等にも
かゆみを誘発する成分があるため、

ダニを退治した後、その死骸なども
含めてきっちり除去してあげる必要
があります。

まずは、代表的な退治の方法を見て
いきましょう。

・布団乾燥機

文字通り本来は布団用ですが応用すれば畳にも使えます。敷布団と掛け布団の間で布団乾燥機を使うところを、畳と掛け布団の間で布団乾燥機を使い1畳ずつ乾かしましょう。湿度、温度共に確実にダニが生きていけない環境を作り出すので確実性が高いです。

・天日干し

7~8月にかけての暑い時期なら天日干しもある程度有効です。畳の場合直接天日干しをすると痛んでしまうので黒布をかぶせるとよいです。この黒布は畳保護だけでなく、熱吸収の効率を高めるので、布団だとダニを殺す温度にまで上昇させるのは難しいですが、畳+黒布なら環境によってはダニを倒しきれることもあります。

・駆除剤

様々なタイプがあり、効果もまちまちです。畳を外すことなくダニ駆除ができる点に優れています。強力で即効性の高い物もありますが、畳の環境そのものを変えるわけではないので、生き残りがいると元の木阿弥になるリスクを抱えています。他の手段と組み合わせると強力になるでしょう。

・スチームアイロン

スチームアイロンもその高熱でダニを駆除できます。こちらも畳を外す必要はありませんが、あて布はしっかり用意しましょう。

・掃除機

シンプルイズベストです。ダニを退治したら掃除機で細かいゴミと一緒に見えない死骸や糞をまとめて除去してしまいましょう。

・畳の張替え

退治も除去もやるのは面倒という方は、高額ですがこれも一つの手段です。確実に一度ダニはゼロになります。

・ダニ取りシート

即効性がないのでダニを退治するという手段には不向きですが、ダニがいるかを確認するという点で有用なのがこのダニ取りシートです。体のかゆみ、発疹が出た理由が畳のダニでない可能性もあります。ダニ捕りシートを使用したら、(少し気持ち悪いですが)切って中を確認してみましょう。ダニがいなければ、あなたの痒み・発疹の原因は別にあるということになります。

スポンサーリンク

ダニ退治におすすめなのは?手軽さ・コスト・時間を比較


さて、ダニ退治のおすすめの方法で
すが、畳の張替えを除くのであれば、

布団乾燥機が一番手軽で確実な退治
方法です。

布団乾燥機の値段はピンキリですが、
5000円代のものでも十分に畳の
ダニ退治を期待できます。

また、本来の用途としても使えます
ので、コスト的には高い物を買わな
ければそこまで大きな負担にはなり
ません。

天日干しはコスト面では布団乾燥機
を上回りますが、

畳の枚数によっては干すスペースが
厳しいうえ、季節も限定的なのであ
まり効果的とは言えません。

畳が外せない、外しても干すスペー
スがない場合はスチームアイロンか
駆除剤ですが、

手間のなさで言えば駆除剤です。強
力なものなら部屋のダニをイチコロ
というものもあります。

薬品なので人間も相性が悪いと気分
が悪くなるなどの弊害があるので、
薬に弱い人はスチームアイロンを使
った方がいいでしょう。

畳を外せるなら布団乾燥機、天日干
し、駆除剤、スチームアイロンの順
で確実でしょう。

外せないなら上位二つをはずして考
える形になります。アイロンなら家
にあるという場合もあるでしょうか
ら、

もしあるなら、駆除剤のあとスチー
ムアイロンでとどめなど組み合わせ
るのもアリです。

コスト面は一度に出る支出こそ布団
乾燥機等は高いですが、

他でも使えることを考慮すると総合
的なコスト差はそうないように思わ
れます。

また、どの手段で退治しても最終的
に掃除機で死骸や糞はきっちり除去
しないと意味がりませんので注意し
ましょう。

ダニを退治して綺麗な畳を取り戻せ!についてのまとめ


ダニを退治して綺麗な畳を取り戻す
ための方法について、おすすめなど
をご紹介してきましたが、いかがで
したでしょうか。

ダニ退治も大事ですが、なによりも
大切なのはダニの寄り付かない環境
を維持することです。

ダニは湿気の多い環境を好みますが、
髪の毛や皮脂、食べ屑など何でも食
べます。

餌のない環境になれば湿気があって
も生きていけないので定期的に掃除
をしっかりして、

ダニが住み着けない環境をつくるの
がきれいな畳の秘訣です。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー
タグ