東藻琴芝桜まつりの見頃の時期と見どころ!中鉢さんが作り出した絶景

東藻琴(ひがしもこと)芝桜まつりは、東藻琴芝桜公園で開催されます。

東藻琴は北海道の大空町という場所にあり、5月の
初めから6月にかけて非常に美しい芝桜を楽しむこ
とができるスポットになります。

ピンクの絨毯とも称される、東藻琴の芝桜の絶景が、
中鉢末吉さんという方がほぼ、お一人で生み出した
もの
だということをご存知でしたか?

東藻琴芝桜まつりの見頃の時期や見どころと一緒に
東藻琴の芝桜の歴史もご紹介いたします。


スポンサーリンク

東藻琴の芝桜まつりとは?概要や歴史をご紹介いたします。


東藻琴の芝桜まつりとは?

まずは、東藻琴の芝桜まつりの
概要や歴史をご紹介いたします。

東藻琴市街地から藻琴山にかけておよそ、8kmにも及ぶ
芝桜が広がっています。

これは、中鉢末吉さんという方が、ほぼ一人で作り出し
た光景だそうです。

1年1ヘクタールでおよそ、年がかりで現在の約7割程度
のものを植えたそうです。

中鉢さんは平成4年に一度は引退したものの、その後も
花の調子が悪くなると呼び出されたのだとか。

それだけの技術があり、頼りにされた人物ということ
ですね。

平成3年には、8ヘクタールあった芝桜が、10ヘクタール
になったのが、平成21年と考えると、土地の事情の話も
ありますが、

中鉢さん引退後は明らかにペースが落ちているので、
本当に偉業だったと言えるでしょう。

また、現在も10ヘクタール程度の広さとなっています。

東藻琴の芝桜の見頃の時期を例年の状況から予測します!


東藻琴の芝桜の見頃は、例年5月頭から6月にかけてです。

今年は5月3日からの東藻琴芝桜まつりが始まるので、
GWの中頃からは見れるということですね。

とは言え、東藻琴さくら公園では、4月27日に
雪が降ったくらいなので、
東藻琴の芝桜の見頃
にはまだ、時間がかかるようです。

東藻琴さくら公園は、ほぼ毎日この開花情報を
更新していますので、お出かけ前に、公式HPで
確認してみましょう。

ひがしもこと芝桜公園

http://www.shibazakura.net/

実際の開花は本当に5月の頭頃になるでしょうが、
東藻琴の芝桜が見頃になるのは、さらに何日かの
時間が必要となるでしょう。

東藻琴の芝桜を楽しむのに料金は必要?


ピンクの絨毯と言われる東藻琴の芝桜ですが、
観覧には料金がかかります。

料金は大人500円、子ども250円と非常に良心的で、
駐車場は1000台分のスペースがあり、かつ駐車料
は無料です。

これだけでも十分楽しむことができますが、

トラック型遊覧車が往復大人300円、子ども150円
で楽しんだり、遊覧用ヘリコプターを一人5000円(二名から利用可)
で楽しむことができます。

ヘリコプターはさすがに安価とはいきませんが、
それでも十分に、現実的な範囲のお値段であり、

東藻琴の芝桜を楽しむのための料金としては、
決して高すぎるということはないと思います。

東藻琴の芝桜は、安価な料金で楽しむことも、
お金をかけてさらに楽しむこともでき、自分の
財布の都合に合わせて楽しむことができるのは、
大きなメリットといえるでしょう。

スポンサーリンク

東藻琴の芝桜をヘリコプターで上空から楽しむための手順


東藻琴芝桜まつりでは、先ほども説明した通り、
東藻琴の芝桜をヘリコプターの遊覧飛行で上空
から楽しむことができますが、

これは当日突然行って乗れるわけではありません。

東藻琴の芝桜をヘリコプターで上空から楽しむ
ためには予約が必要になります。

当然ですが、予約は早ければ早いほど確実です
ので行く日が決まった時点で、予約しましょう。

北海道.comや、じゃらんのサイトからの予約も可能です。

東藻琴の読み方 そもそも何公園ですか?


最初に説明してしまいましたが、東藻琴は「ひがしもこと」と読みます。

藻に琴で、「もこと」というのは非常に
そのままなわけですが、

普段使わない組み合わせの漢字だけに、
戸惑ってしまいますね。

この戸惑ってしまう組み合わせの漢字が
使われているのは実は、ここがもともと
日本由来の土地ではないという事情があります。

日本の土地ですが、実際の日本の歴史をひも解く
と、現在の日本人よりも前に、もともと先住民が
いたのです。

北海道と先住民というキーワードでピンと来る方
もいるかもしれませんね。

「もこと」はアイヌ民族由来の地名なのです。

アイヌではモコトであり、これは「眠っている沼」
を指しています。北海道には、こういったかつて
住んでいた人の文化の名残を観ることができます。

見慣れない地名をみたら、由来を調べると意外と
面白いことがわかるかもしれませんね。

東藻琴芝桜まつりについてのまとめ


東藻琴芝桜まつりについて、歴史や見頃の時期、
芝桜を楽しむための料金、ヘリコプターの遊覧、
などについて書いてきましたが、いかがでしたか。

東藻琴の芝桜は安価で楽しめて、アクセス面も
北海道としては悪くない、観光地として非常に
優れたスポットです。

東藻琴の芝桜は、見頃の期間も長いので非常におすすめです。

東藻琴の芝桜が、これほど素晴らしいものになったのは、
なったのは非常に優れた開墾技術と人並み外れた根気で

現在の芝桜の礎を作った中鉢さんと、今でもその思いを
受け継ぐ方のおかげです。

多くの方の努力によって私たちは、毎年ピンクの絨毯を
心の底から楽しむことができるわけですね。

東藻琴の芝桜。ぜひ、見頃の時期に訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー