京都 高雄の川床 もみぢ家と錦水亭なら?他のランチの安い場所も紹介

京都と言えば、お寺、紅葉など、観光地として名高いですが、
食べ物も非常にレベルが高いため、観光するならお昼ご飯や
夜ご飯などもこだわっていきたいところです。

中でも、京都の高雄の川床と言えば、代表格は
もみぢ家と錦水亭の2つではないでしょうか?

そこで、京都の高雄の川床のもみぢ家と錦水亭
ならどちらがおススメか、徹底比較してみます。

せっかく京都に来たのに適当なファストフードで
済ませてしまうのはちょっともったいないですよ?


スポンサーリンク

京都 高雄の川床 錦水亭ともみぢ家ならどっち?徹底比較の結果


京都の食事処のなかで、高雄の川床と言えば、
代表的なのは錦水亭と、もみぢ家でしょうか。

いずれも懐石料理をたべられる高級店です。

宿泊施設としても有名ですので、京都旅行の際に
利用してみたいと思う方も多いはずです。

錦水亭ともみぢ家は、いずれも川床料理が、
見どころで、自然に囲まれて食事を楽しめ、

当然、料理も季節の物をふんだんに使い、非常に
おいしいです^^

錦水亭ともみぢ家ともに、送迎用のシャトルバス
が用意されているのでアクセス面も良好です。

強いて言えば、

もみぢ家は一番安いプランが、税別4500円

に対して、

錦水亭は一番安いプランでも、税別6800円

と最低ラインの値段には若干の開きがあります。

ただ、このレベルでの食事を楽しむなら、ある
程度値段を上乗せして良いものを食べることの
方が多くなるかと思います。

他には、

錦水亭はJR二条駅西側に11:20にシャトルバスが来るのに対し、

もみぢ家のシャトルバスは発車時間が10:50にJR花園駅到着と

なっており、このあたりはスケジュールの組み方で、どちらが
良いか考える必要があります。

料理のお値段の上の方をみると、1万円前後でのものが、
錦水亭ともみぢ家ともに多いので、実際の差異は、ほぼ
ないと言って差し支えないでしょう。

錦水亭ともみぢ家ともに、サービス面の大きな差はないので、
サービス面に関しては考慮しなくても大丈夫です。

スポンサーリンク

京都 高雄の川床 ランチの安い場所を上記の2つ以外からご紹介


錦水亭ももみぢ家も素晴らしいところですが、
やはり少々お値段が気になるという方もいる
でしょう。

京都の高雄の川床で、ランチの安い場所を、
錦水亭と、もみぢ家以外からご紹介します。

リーズナブル志向の店も見ていきましょう。

・まんざら団栗橋(どんぐりばし)

もみぢ家の最低価格に比べると少々高いですが、季節のお任せコース5000円とリーズナブルです。ここは畳ではなくテーブル席なので、畳のように姿勢が低くなるのが落ち着かない方にもおすすめです。

住所:京都市下京区四条通木屋町下ル 団栗橋西高岡ビル1F

TEL:075-344-0280

・京・鴨川 懐石 櫻

こちらは夜のコースが最低4200円でこれも非常にリーズナブルなのですが、昼の最低価格は驚きの2500円!最高まであげても5000円と驚異的な価格です。単純な値段勝負でこれ以上に安いところは流石にちょっと思いつきませんね。当然ですが値段が落ちるからといって味やサービスのクオリティが他の店に目に見えて劣るということもありません。

住所:京都市中京区木屋町御池 (15m下ったところを一筋目東に入ると行くことができます。)

TEL:075-231-1616

・洋風家庭料理ふらいぱん

世にも珍しい洋食の川床料理が楽しめるお店です。コース料理は3500円とお安くなっています。また、洋食なので和食だとなんか年寄り臭い…と感じてしまうようなカップル等のデートにもオススメです。

住所:京都市中京区先斗町通四条上ル鍋屋町232

TEL:075-221-6681

京都 高尾の川床 もみぢ家と錦水亭についてのまとめ


京都の高尾の川床のもみぢ家と錦水亭などについて
書いてきましたが、いかがでしたか。

川床料理は非常においしいですが、ランチとしては、
どこの店でも贅沢と言えるお値段にはなってしまい
ます。

ですが、そこは京都料理。どれも値段相応か、それ以上に
クオリティが高い物が期待できるのは良いですね。

また、川床料理が楽しめる所は飲食店だけでなく、
大体宿泊施設としても、クオリティが高い傾向に
あり、宿のサービスも一流です。

宿泊も考えるならそういった方面のサービス
をチェックしてから行くのも良いでしょう。

また、観光スポットが多い京都なら目当てのスポットの
近くで泊まるのが良いでしょう。

全体的に贅沢といった楽しみではありますが、都会から
離れて、美しい川を眺めながら食べる料理は格別ですよ。

多めに予算を用意して、京都のおいしい物と美しい物を
たっぷり楽しみましょう!

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー
タグ