夏休みは家族旅行できれいな海に!おすすめを国内・海外から3選ずつ

夏休みの家族旅行の定番といえば、
あなたは、きれいな海と美しい山の
どちらを思い浮かべますか?

日本海育ちの私としては、いつも見ている海が
夏仕様に徐々に準備されている様子が、大好き
だったので、夏休みの家族旅行で行くなら、

断然「海」です。

しかも、夏休みの家族旅行で訪れる、その海が
透き通るくらいに綺麗な海であれば、言うこと
なしです。

また、日常で疲れている人には「海洋療法」という
言葉があるように、ただ海辺で過ごすだけでも海水
の成分比が妊娠中の母体の羊水と近いため、

無条件に安らぎをあたえてくれます。

ぜひ、脱日常をするためにも、今年の夏休みの家族旅行は
きれいな海へレッツゴー!!!


スポンサーリンク

夏休みに家族旅行で行くおすすめを国内から3選


夏休みに家族旅行で行くのにおすすめのきれいな海をまずは、
国内からの3選をご紹介します。

透き通るようなきれいな海といえば、海外を思い浮かべる方も
多いと思いますが、国内にもきれいな海はたくさんあります。

今回は、あえて沖縄をはずし本州できれいな海をおすすめします。

1.水晶浜(福井県)

北陸新幹線が全面運行開始によって、
今まで日の目を見なかった北陸への
注目度があがっています。

そんな北陸の中でも金沢から北陸線に
乗り換えて行くことのできるビーチが、
福井県の美浜町にある「水晶浜」です。

「水晶浜」は日中照りつける日差しに、
きらきらと輝く様子も素敵ですが、

夏の日の長い午後に海に沈むきれいな
夕焼けもまた素敵です。

日本海側のビーチになじみのない方は、
荒々しいイメージがありますが、水晶浜の
ビーチに行くと驚くほど、穏やかで海水浴におススメです。

また、日本海にはいろいろなお魚もいるので
スキューバダイビングのスポットとしても人気があります。

2.白良浜(和歌山県)

白良浜の最大の特徴は、真っ白でさらさらな砂浜です。

この砂浜は、水晶と同じ意味をもつ石英のように
きれいな砂を意味する「石英砂」で出来ています。

そのため、夏になると砂浜にカラフルなパラソルも立ち、
半月状の海岸沿いに並んだヤシの木と相まって、南国の
ような景色になります。

3.二ツ亀海水浴場(新潟)

こちらの海水浴場は、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」
でも星2つで掲載されています。

海水浴場名の由来は、2匹のカメがうずくまっているように見える
島があることからその名がついたそうです。

また、海水の透明度もかなり高く、この地域では一番の透明度のようです。

スポンサーリンク

夏休みに家族旅行で行くおすすめを海外から3選


いやいや。せっかくの夏休みの家族旅行は、やっぱり海外でしょ!
というご家庭には、「ある程度治安が安全」「安め」「近め」
合言葉におススメをご紹介します。

1.ビンタン島(シンガポール)

ここは、治安もよく町としてもきれいなシンガポールで
フェリーで1時間ほどのところにある島です。ビーチは、
かなり遠浅なため幼児にはぴったりです。

砂浜は、サラサラというよりは粘土っぽい砂のため、
お子さんは思う存分泥遊びをすることができます。

ホテルによっては、インフィニティプールや
キッズプールがありますのでおススメです。

2.セブ(フィリピン)

お子さんが小学生以上であれば、セブがおすすめです。

直行便もあり、安く、6時間以内に付くセブ島。

こちらでは、キッズプログラムなども充実して
いるため、

日本ではアクリル板越しにしか会うことが出来ない
「ジンベエザメ」と一緒に泳ぐことができます。

3.デューク・カハモナク・ビーチ(ハワイ)

こちらは、安くはありませんが「2014年全米ベストビーチ1位」
に選ばれたビーチです。

手前には、水循環装置を完備した人工海水プールもあるため、
お子さん連れにはおすすめです。

また、カヤックやボート、アクアサイクルなどでも遊ぶこと
ができるため、大人もたのしむことができます。

夏休みは家族旅行できれいな海に!のまとめ


夏休みの家族旅行できれいな海で家族で海水浴というと、

親は「いろいろと準備とか大変そうだなぁ」

と思うことも多いのですが、旅先の「海水浴」であれば、
ごはんの心配などもいらないので、
大人も思う存分遊ぶ
ことが出来ます。

夏休みは家族旅行できれいな海に!楽天トラベル

そして、お子さんも普段とは違う体験をすることで、
また一回り大きく成長すること間違いなしです。

ぜひ、家族でステップアップするためにも今年の夏休みは、
家族旅行でみんなで「きれいな海」を見に行きましょう。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー