浴衣を着替える場所を東京都内で探しているなら、ここがおすすめ!!

浴衣を着替える場所を東京都内で
探している方に向けて、耳寄りな
情報をお届けします。

暑くなってくると、待ちゆく人の
袖も短くなり、素材も涼しく快適
なものに変わっていきます。

そして、暑くなってくるとあちら
こちらで催されるイベントがお祭
りです。

子どものころとは違って、自分で
選んだ浴衣をきてお祭りに参加す
ると、階段を1つ大人になった気
分になりますよね。

とはいえ、朝からずっと浴衣でと
いうのは難しいので、

都内のお祭りに参加するときに、
浴衣を着替えるのに利用できる場
所をご紹介します。


スポンサーリンク

東京でお着替え 浴衣になるためのフィッティングルームなどの場所は?


東京で、お着替えに最適な浴衣に
なるためのフィッティングルーム
を3ヵ所ご紹介します。

今回おすすめする東京都内のフィ
ッティングルーム1つ目は、

快適高速バス VIP LINERさん
が営業している、

VIP LOUNGEです。

こちらは、バス旅行者などが時間
まで有意義に過ごせるように様々
なサービスが提供されていて、

ターミナル駅である東京駅と新宿
駅の駅近にあるため、お友達と待
ち合わせなどで利用するのもおす
すめスポットです。

・東京VIPラウンジ

住所:東京都中央区八重洲1-5-9八重洲アメレックスビル 2F・3F

営業時間:2階 5:30~9:30/12:00~24:30

営業時間:3階 6:00~23:30

店舗オリジナル提供サービス: ネイルサロンLipinus ルピナス(ここでお祭り仕様のネイルにするのもおすすめです)。

・新宿VIPラウンジ

住所:東京都新宿区西新宿1-12-11山銀ビル4F

営業時間:6:00~11:00/13:00~24:00

浴衣を着替える場所を東京都内で
東京都内のフィッティングルーム
のおすすめ2つ目は、

TOKYU CARD ClubQカードをお
持ちの方であれば利用可能な施設

渋谷ヒカリエ ShinQsの多機能
レストルーム「スイッチルーム」
です。

・RELAX STAGE(5階)

住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1

営業時間:10:00〜21:00

そして3つ目の都内でおすすめの
フィッティングルームは、

一番のコストパフォーマンスを発
揮する銭湯です。

こちらは、都内いろいろなところ
にあるので、

待ち合わせに近い場所の銭湯を探
してみてはいかがでしょうか。

個人的には、メディアでも紹介さ
れている「久松湯」がお近くの方
はおすすめです。

・久松湯

住所:東京都練馬区桜台4-32-15

営業時間:11:00 – 23:00

スポンサーリンク

着替える場所を東京都内で探す際の気にしておきたいポイント!


着替える場所を東京都内で探す際
の気にしておきたいポイントもお
伝えしておきますね。

浴衣に着替える場所として事前に
チェックしておきたいポイントが
あります。

1.浴衣に着替えるためにも土足禁止な場所がマスト

浴衣に着替えるためには、何度か着物の裾が地面につきます。そんなときに、土足エリアではいろいろと気になってうまく着付けをすることができません。ぜひ、土足禁止エリアでの着替えをおすすめします。

2.着替えるための荷物が多いので、荷物を預けられるところがあると楽ちん

洋服で行って、浴衣に着替えて、その洋服を手荷物として浴衣で移動するのは一苦労です。ぜひとも、着替える場所近くに、手荷物をあずける場所を確保しておくと、スマートな浴衣美人になれます。

3.帰るときに汗を流せると、帰りが快適です。

お家まで浴衣で帰ります。という方には、不要ですが、あまりパリッとしていな浴衣を帰りも着ているとスマートではありません。ぜひ、一汗流してスッキリしてから帰られることをおすすめします。

浴衣に着替える場所を東京で探すと?についてのまとめ


浴衣を着替える場所を東京都内で
探している方に向けて、

個人的なおすすめの場所を3ヵ所
ご紹介させていただきましたが、
いかがでしたでしょうか。

最近では、安いものから高いもの
までいろいろな浴衣が存在します。

もちろん、安かろう悪かろうとい
う製品はあまりないとは思います
が、大人な女性が自分で選んで、

自分で購入するのであれば、ぜひ
浴衣の素材にこだわって購入しま
しょう。

大きくは、「綿麻」「綿絽」「変
わり織」という3つの素材があり
ますが、初めて浴衣を購入される
のであれば、

  • 熱を逃がし
  • 通気性
  • 吸水性
  • 速乾性

という機能にも優れていて、大人
の女性には必須の「透けない」浴
衣素材である「綿麻」
をおすすめ
します。

最後に、ぜひ、今年の夏は「浴衣」
で都内の夜を散策してみてください。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする