母の日のプレゼントを義母に初めて贈る場合に花以外にもう一品なら?

結婚して初めて迎える「母の日」。

母の日のプレゼントは、
実母だけではなく、義母にもと考えますよね。

実母なら、何が好みで、どんな趣味があるかなど、
さらに、何が欲しいのかなど、直接聞くことも出来ます。

それを簡単に出来ないのが、義母です。
「母の日」=「カーネーション」のイメージがありますが、
それだけでは、ちょっと格好がつかないこともありますよね。

そこで、今回は、母の日のプレゼントを義母に初めて贈る際、
お花以外にもう一品贈る場合、何が良いのか、
についていくつかご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

母の日のプレゼントを義母(アウトドア派)に花以外で贈るなら?


せっかく母の日のプレゼントを義母に贈るなら
もらって喜ばれるものを贈りたいですよね。

お出かけするのが好きなアウトドア派の義母の場合、
お花以外にもう一品、贈るとしたら
どんなプレゼントが良いのでしょうか。

お出かけするのが好きであれば、
やはりお洒落は「必須」ですよね。

普段からお洒落に気を遣い、
身なりもしっかりされていると思います。

そこで、母の日のプレゼントとして、
お出かけ用の洋服もよいと思いますが、
好みがあるので、難しいところではあります。

義母の好きな洋服のブランドがあれば、
そのブランドの洋服をプレゼントすると
いくつあっても嬉しいもので、きっと喜ばれると思います。

普段から着ている洋服の雰囲気に合わせて
「これが合いそうかな・・・」
と、自分の好みで決めるのも
一歩踏み込んで仲良くなれる機会でもあるかもしれませんね。

そしてお出かけ好きとなれば、
メイクをするのも楽しく、好きなはずです。

そんな義母なら、母の日のプレゼントは、
ブランドのコスメがオススメです。

普段、自分ではなかなか買わない、
ちょっと高級な口紅やチークなどを、
お花以外のもう一品として贈るのもいいと思います。

外出する機会が多いということは、
当然、多くの人とも会いますよね。

美容にも気を使っているはずなので、
美顔用品などの美容家電もいいですね。

また、母の日のプレゼントは品物でなければならない、
ということはありませんよね。

品物でなければ、普段は行くことが出来ないような
エステやマッサージ券もいいと思います。

健康にも気遣っている義母なら
スムージーや、スムージーを作る調理品もいいですね。

また、ウォーキングやジムに通っている元気な義母なら、
ウェアやシューズも消耗品なので喜ばれると思います。

スポンサーリンク

母の日のプレゼントを義理の母に贈る際に気を付けたいこと!?


そして母の日のプレゼントを義理の母に贈る際には、
いくつか気をつけたいこともあります。

まずは、旦那様に義母の好みを、
事前に聞いてみることが大前提だと思います。

旦那様にとっては、長年、
一緒に過ごしてきた、たった一人の母親です。

何が好きで、何が嫌いなのか、
無頓着な男性でも、多少の参考にはなると思います。

もし、まったく参考にならない答えだった場合、
旦那様に姉か妹がいれば、
義姉や義妹に聞いてみるのも一つの方法ですね。

そしていざ、義母に母の日のプレゼントを渡すときも
旦那様と一緒に考えた、と一言添えると
きっと嬉しさも倍増するはずです。

他に気をつけたい点としては、
旦那様に兄弟がいる場合です。

義兄か義弟が結婚している場合は、
そのお嫁さんも、同じように母の日のプレゼントを贈るかもしれません。

せっかくもらった母の日のプレゼント、
どんなに嬉しいものであっても、
被ってしまっては嬉しさも半減してしまいます。
可能であれば、是非、相談してみて欲しいと思います。

ちなみに私の場合・・・

結婚して義母には、毎回そうですが、
特に最初の母の日のプレゼントは、とても悩みました。

夫にも好みなど聞いてみましたが、
口下手な夫の答えは予想通り、
期待出来るものではありませんでした。

そして悩みに悩んだ末、
無難なところでお花を贈りました。

というのも、義理の母の家を訪れたときに
たくさんの植木鉢が玄関に飾られていたからです。

それからは、母の日には、お花とハンカチ、お花と紅茶など、
お花以外のちょっとしたものを添えて贈るようにしています。

母の日のプレゼントを義母に初めて贈る場合についてのまとめ


義母へのプレゼントは実母とは違い、
本当に悩みますよね。

しかも、母の日のプレゼントを義母に贈るのが
初めてとなれば、なおさらです。

義母との関係は、嫁としていろいろあると思いますが
今の家族があるのは、義母のおかげであることを胸に、
是非、感謝の気持ちを伝えたいものですね。

プレゼントは「何を」ではなく、
プレゼントする「気持ち」そのものが
一番の”贈り物”であることも忘れないでくださいね。

スポンサーリンク