敬老の日は感謝の気持ちをプレゼントで表現 中学生から大好きな人へ
「敬老の日」というのは、
祖父母へ日頃の感謝の気持ちを表す、特別な日です。
となると、当然、何か「贈り物を…」と思いますよね。
そして中学生にもなると、
自分なりに何を贈ろうか、考えられる年頃でもあります。
かと言って、まだまだ高価なものはプレゼント出来ないし、
低予算で出来て、喜ばれるもの、を贈りたいですよね。
そこで、今回は、中学生でも
低予算で簡単に作れる、おじいちゃんがもらって嬉しいプレゼント、
手作りのプレゼントをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

中学生でも簡単に作れる。おじいちゃんがもらって嬉しいプレゼント


まず、料理が好きであれば、定番ではありますが、
お菓子や簡単な料理がいいと思います。
お菓子と言えばクッキー!と思いがちですが、
年齢もあり、硬いものはちょっと苦手…ということであれば、
マフィンやふわふわメレンゲのお菓子などもあるので
柔らかいお菓子がいいと思います。
もし、甘いものは苦手、ということであれば、
決してお菓子でなければならないわけではないので、
卵焼き!なんていうのも、愛情がこもっていて素敵ですよね。
手作りの料理を考えるなら、
事前に、お母さんにおじいちゃんの好みを聞いておくと
よいかもしれませんね。
しかし、お料理はちょっと苦手…ということであれば、
縫い物はいかがでしょうか。
ちょっとした巾着袋、簡単な上に、
何かと便利に使えると思います。
今のおじいちゃん世代でも、
携帯を持っていらっしゃる方が多いので、
携帯ストラップも、いつも一緒に持ち歩いてもらえるので、
贈る方も断然嬉しいですよね。
今は、アクセサリーやストラップを作るキットも
簡単に一式購入出来るので、
手芸品店や、ネットで検索してみても、
素敵なものが見つかると思いますよ。
もし、日頃お小遣いもあまりなく、
予算がほとんどない、というのであれば、
メッセージカードやお手紙もいいですね。
メッセージカードを買って、
それに日頃の想いを書いて渡すのも喜ばれると思いますが、
時間があるのであれば、
メッセージカードを手作りするのも素敵ですよ。
うちの娘は工作が好きなので
自分で飛び出すカードなど、よく作っています…。
やはり何か一手間、手を加えただけでも
気持ちが伝わって
受け取った方はとても幸せな気持ちになります。

スポンサーリンク

敬老の日のプレゼント。一番嬉しいものは孫からの手作りの品だった


敬老の日のプレゼント、
「何か買ってあげよう…」
と、最初に思いつくのが普通ですが、
買ってあげるばかりでもありません。
やはり、心のこもった手作りの品物が喜ばれるのです。
こんなデータがあります。
「敬老の日のプレゼントで一番嬉しかったものは?」
という質問に対し、お酒や和菓子など、
買ってもらったものが、
最初の声としてあがるのは言うまでもありません。
しかし、そのアンケートの結果の欄には
「いつも買ってもらっているけど、
今年は孫から手作りのストラップをもらって、
今までにはない嬉しさを感じた」
「いつもは料理しないのに、
敬老の日だからといって、お料理を作ってもらった」
など、手作りを喜ばれる声も多かったようです。
このアンケートを行った会社は、
「お金では買えないもの”プライスレス”」
なんていうフレーズがありました。
どこかで聞いたフレーズですよね。
でも、この言葉通り、人の気持ちはお金で買えないものです。
心を込めて作ったものこそが、
世界でたった一つの素敵なプレゼントになります。

敬老の日のプレゼントを中学生が贈る際のまとめ


お金を出して、買ってあげる…
それも、日頃の感謝の気持ちの表し方として
当然アリだと思います。
しかし、手作りのものというのは、
お金では決して買えない「温もり」があるのを
忘れないでください。
この「温もり」こそが、人の心の奥深いところへ響きます。
そしてこの想いこそが
おじいちゃんの一生の宝物となります。

スポンサーリンク