赤ちゃんが麦茶を飲まない場合に嫌がる子供をお茶好きにする方法!

赤ちゃんは体温が高くて普段から
汗をたくさんかきますよね。

すると、やはり心配なのが「水分
補給」です。

母乳やミルクを飲んでいるときは、
それで水分補給が出来ているので
それほど心配する必要はありませ
ん。

しかし、卒乳に向けて、母乳やミ
ルクの回数を減らした場合、どう
やって水分を補給すればよいので
しょうか。

赤ちゃんの水分補給に麦茶はどう
でしょうか?

しかし、母乳とミルクしか飲んだ
ことがない赤ちゃんは、麦茶を飲
まない、嫌がる場合があります。

いきなり、他の水分を簡単に受け
入れられないのは当然と言えば当
然です。

そこで、今回は、赤ちゃんが麦茶
を飲まない、嫌がる場合、

どうしたら麦茶を飲んでくれるよ
うになるのか、お茶好きになって
くれるかについてお話したいと思
います。


スポンサーリンク

赤ちゃんが麦茶を嫌がる場合、こうすれば飲んでくれますよ!


赤ちゃんが麦茶を嫌がるのであれ
ば、代わりに白湯でも飲んでくれ
ればOKですよね。

ただ、そこで麦茶を飲まないから
といってジュースをあげるのはN
Gです。

赤ちゃん用のジュースとはいえ、
糖分があるので、ジュースに慣れ
てジュースしか飲まなくなると、

虫歯の心配もあり、糖分の摂り過
ぎにもなりかねません。

もし、赤ちゃんに麦茶を普通に飲
ませてみようと思っても嫌がるよ
うであれば、

まずは、飲み方を変えてみるのも
一つの方法です。

まずは、哺乳瓶で飲ませてみたり、
ストロー付きマグカップで飲ませ
るのもよいと思います。

他には、スプーンで飲ませてあげ
るのも効果的です。

また、赤ちゃんに限らず、大人で
もそうですが、喉が渇いたら、水
分が欲しくなりますよね。

そこで、赤ちゃんの食事について
みてみると、赤ちゃんの離乳食を
薄味に気をつけているあまり、

塩分が少なくなりすぎていないか
を確認してみましょう。

塩分も、ある程度は必要なので少
し塩分の量を調整して水分を欲し
がる環境を作るのも必要です。

他には噛みごたえのあるものを食
べさせてあげましょう。

噛みごたえのある、赤ちゃん用の
ビスケットやクッキー、パンなど
をあげると、自然と水分が欲しく
なります。

それでも赤ちゃんが麦茶を嫌がる
ようであれば、麦茶の味について
も考えてみましょう。

初めての味に慣れていないので、
嫌がることもあり、白湯を飲む赤
ちゃんであれば、

普通の麦茶を薄めて飲ませてみる
のも一つの方法です。

初めは多めの白湯で薄めて飲ませ、
慣れてきたら、白湯の割合を少な
くして麦茶に移行していくのも効
果的です。

市販のものでは、「赤ちゃん用麦
茶」がありますが、最近は、野菜
味の麦茶や、さつまいも味の麦茶
など、

麦茶に他の味を合わせて飲みやす
くしたものもあります。そこから
始めて慣れさせるのもよいと思い
ます。

そして何より、飲めたときは少し
大袈裟なくらいに褒めてあげまし
ょう。

すると、赤ちゃんは麦茶を飲むと
ママに褒められることが嬉しくな
り、

自然に飲むようになることもあり
ます。

スポンサーリンク

赤ちゃん用の麦茶はお出かけの時はどうやって持っていくのがいい?


赤ちゃんが麦茶を飲めるようにな
れば、お出かけの時など普段から
持ち歩くようになりますよね。

しかし、一度、口をつけた麦茶は
そのまま持ち歩いて、飲み続けて
もよいのかどうか気になるところ
です。

麦茶に含まれている成分から考え
ると、お茶の中でも一番傷みやす
い飲み物と言われているため、

特に赤ちゃんに飲ませる麦茶には
注意が必要です。

夏場は特に菌が繁殖しやすいので、
赤ちゃん用マグで持ち歩いて飲み
続けるのは衛生的にもよくありま
せん。

ではどうしたらよいのでしょうか。

一番良いのは、飲む分だけ作って
飲むのがよいです。

大きめのボトルに麦茶をいれてお
き、赤ちゃんが飲む分だけ、マグ
カップにいれて飲ませ、

余ったものは捨て、濯いだマグカ
ップに新しい麦茶を入れます。

他には市販でも、少し手間がかか
りますが、お湯に溶かして作る粉
末タイプの麦茶があります。

お湯を水筒にいれて持ち歩き、赤
ちゃんが飲むたびに粉末麦茶を溶
かして作り、

余ったものはその場で捨ててしま
うと菌が繁殖することもありませ
ん。

また、飲みきりサイズの小さな紙
パックがあるのでストローで飲め
るようになった赤ちゃんにはオス
スメです。

赤ちゃんが麦茶を飲まない場合についてのまとめ


赤ちゃんの水分補給に麦茶を、と
思っても肝心の赤ちゃんが麦茶を
飲まない、嫌がるような場合は、

ママはあの手この手を使っていろ
いろと悩むかもしれませんが、

後々振り返ってみると、それも楽
しい思い出の一つとなります。

赤ちゃんが麦茶を飲んでくれるよ
うになったときの喜びは、苦労し
た分だけ、必ずママに返ってきま
す。

赤ちゃんと毎日向き合っているマ
マだからこそ、赤ちゃんと一緒に
試行錯誤しながら子育て中の「今」
を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー