パパが育児をしないとイライラしたら魔法の言葉で上手く手伝わせよう

初めての育児だと特に、不安や混乱や
焦りなどが入り交じり慣れない育児に
イライラするのは言うまでもありませ
ん。

また、2人目以降であっても上の子が
いての赤ちゃんのお世話は、1人目と
は違い大変な事です。

そこでパパにも協力をお願いしたいわ
けですが、なかなか手伝ってくれずに、

育児をしない、手伝いをしようともし
ない態度にイライラしてしまう事も多
いのではないでしょうか。

育児をするのは女親だけの仕事ではな
いはずですし、

男親も手伝える事は手伝うべきですし、
できないなら、そのままにせず覚える
べきですよね。

そこで、2人で上手に育児をしながら
楽しむための、魔法の言葉をお伝えし
ます。


スポンサーリンク

パパが育児に非協力的でイライラ!大事なのは期待するより頼る事!!


まず、育児を手伝ってくれるパパでも、
手伝ってくれないパパでも共通する事
は、期待はしない事。

これはけして悪い意味ではなく、例え
ば、『こうしてもらえたらいいのに』
などと思いがちですが、

それはNG。考え方としては『こうし
てもらえたら助かる』です。

同じような言葉やニュアンスでも、受
け取る側からしたらかなり違う言葉に
なります。

期待をすると必要以上に求めてしまい
がちですし、お互いの程度がわからな
いので何とも言えません。

男性は特に期待される事はプレッシャ
ーにもなる上、息ぐるしく感じてしま
うようです。

それとは逆に、男性は頼られると嬉し
いと思う人が多いので、うまく頼る事
でモメずに一緒に育児を楽しむ事がで
きます。

パパの育児のお手伝いバロメーターがググッと上がる魔法の言葉!?


上記した通り男は、頼られると嬉しく
なってしまうものなのですが、

パパに育児の手伝いをしてもらった後、
ものすごく大袈裟な感謝をしてみまし
ょう。

そうする事でパパのやる気も出て来ま
すし、言い方が悪くなってしまいます
が扱いやすくなります(笑)

パパがこれしてくれたおかげで、すごく楽になったしすごく助かった!パパと結婚してよかったぁ。

などと言えたらもう完璧で言う事なし!!

褒める言葉の種類によっては、これか
らのパパの育児のお手伝いバロメータ
ーが上がる事は間違いありません。

スポンサーリンク

夫婦の育児は一方的ではなく共同作業をする感覚で!感謝も忘れずに!


育児においては、よく『私だけが育児
をしている』とか、『私ばかり大変だ』

などと思ってしまいがちですが、そこ
は考えを変えて『主に私が育児をして
いるけど、パパにも手伝ってもらおう』

とか、『仕事で大変だから、手伝うよ
りはだっこして遊んでもらおう』など
と考えるとイライラもなくなり自分が
楽になります。

確かに育児を1人でするのは大変で寝
不足も続いていたらツラいですし、

色々不満を考えたり口に出してしまい
がち。ですが、パパも仕事で疲れてい
るんです。

お互い様精神で、手伝ってくれて当た
り前ではなく感謝する事が大切です。

パパも育児は初心者です。ママはいつ
も子育てを身近に感じる事ができる反
面、

パパは外で仕事をしている分子供との
関わり方もよくわかっていない事があ
ります。

イライラしていてつい強い口調で育児
を強要してしまっては逆効果になり、

育児の楽しさが伝わらず楽しくする事
ができません。

パパも子供はかわいいのですから、命
令口調よりお願いするようにしてみま
しょう。そこで、

普段はこんな顔しないのに、パパの事大好きなんだねー

と付け加える事ができれば完璧!です。

パパは喜んでお手伝いするようになり
ますし、むしろ頼まなくても進んで手
伝ってくれるようになりますよ。

夫婦なのですから、育児も共同作業で
きる事が理想です。

パパが育児をしない時についてのまとめ


パパが育児をしないとイライラする時
程、初心を思い出すなど考え方に工夫
が必要です。

子供は思い通りにまったく行かないの
で、イライラする事も多く八つ当たり
してしまいたくなる事もしばしある事
でしょう。

そこはお互い人間なのでしょうがない
事です。ただ、その気持ちをダイレク
トに伝えてしまってはダメと言う事で
す。

誰でも言い方で気分や態度を変えるも
のですし、感謝されれば感謝しますし、
労ってもらえれば労う事もできます。

子宝に恵まれるのは幸せな事です。

せっかく縁あって家族になったのです
から、協力しながら育児を楽しみ、

お互いのストレスをなくして行く事が
大切なのです。イライラしても笑って
も同じ1日です。

楽しく笑って過ごせるようにひと工夫
する事で、育児も夫婦で楽しみながら
できるようにすると、

育児のストレスも感じずにお互いに協
力的になれますよ。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー