赤ちゃんが寝かしつけようとすると泣く場合のコツや便利グッズを紹介

赤ちゃんは、昼夜関係なく寝るもの…

でも、ママが寝てほしいと思うとき
に寝てくれるばかりではありません。

特に夜になって、ママが寝かせたい
と思えば思うほど、寝てくれなかっ
たり、

ママが睡眠不足にもなりかねません。

いろいろな方法で赤ちゃんを寝かし
つけようとしても、泣く場合もあっ
たり、

なかなか寝てくれないので、ママも
ついイライラしてしまいがちです。

そこで、今回は、赤ちゃんを寝かし
つけようとすると泣くような場合の

寝かしつけのコツと寝かしつけグッ
ズについてご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

赤ちゃんの寝かしつけ コツを先輩ママからアドバイス!


赤ちゃんを寝かしつけようとしても、
夜なかなか寝てくれないのは、昼寝
をしすぎたせいだと思っていません
か。

私もずっと、そう思っていましたが、
実は、それは大きな間違いなんです。

生後1ヶ月の生まれたばかりの赤ち
ゃんの場合、実は、日中は1時間も
起きていられません。

それを、夜にぐっすり寝かせるため
に日中は寝かせないようにしている
と、

逆に赤ちゃんは、疲れすぎてしまい、
夜は眠ることが出来なくなってしま
います。

そして新生児というのは、まだ体内
時計が整っておらず、昼夜の区別が
ついていません。

朝、起きたら、まずカーテンを開け
て部屋を明るくして、朝日を浴びる
習慣をつけましょう。

昼夜の区別をつけられるように習慣
づけるとだんだん体内時計が整って
夜はぐっすり眠れるようになります。

赤ちゃんを寝かしつけたいコツとし
て、抱っこしてあげるのも一つです。

赤ちゃんは、ママの温もりを感じる
ことで安心して眠れるようになりま
す。

ずっと抱っこしているのも、ママが
疲れてしまうので、

赤ちゃんが深い眠りに入ったら、ベ
ッドに寝かせてあげましょう。

しかし抱っこすれば、すぐに眠って
くれる赤ちゃんばかりではありませ
んよね。

そんな時は、マッサージも効果的で
す。

マッサージはどんなものでも構いま
せん。リズムをつけて足の裏を軽く
押したり、

手を軽く握ったりするのもいいです
ね。

ママとのスキンシップにもなり、赤
ちゃんには安心感とリラックスを与
え、

睡眠をスムーズに進める効果があり
ます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの寝かしつけグッズ 寝てくれない場合に便利なアイテムは?


それでもなかなか寝てくれない場合
は、赤ちゃんの寝かしつけグッズを
試してみるのもいいですね。

寝るときは静かに… と思いがちです
が、あまり静か過ぎるのも、

赤ちゃんにとっては、不安になって
しまい、逆効果です。

お腹にいるときから、ママの心臓の
音やその他、音はいろいろと聞こえ
ています。

そういう環境の中で過ごしてきたの
で、何か生活音がする方が安心する
と言われています。

ママの血流音に近いのが「シャーッ」
という音で、

シャワーや川のせせらぎの音も効果
があるようです。

今では、赤ちゃんを寝かせるための
CDやネットでもアプリがあるので、
検索してみてくださいね。

身近なところでは、ビニール袋をこ
すり合わせる「シャカシャカ」とい
う音も安心すると言われています。

後は、基本的なことになりますが、
赤ちゃんが眠れる環境を整えること
です。

赤ちゃんは、大人より体温が高めで
す。眠りにつくとますます体温が上
がり、すぐに寝汗をかいて目が覚め
てしまいます。

大人が少し寒いかな、と思うくらい
が、赤ちゃんには適温になります。

私の娘も1歳くらいまでは、夜泣き
がひどく、私自身、睡眠不足の日々
が続きました。

夜中でも娘が泣けば抱っこしてゆら
ゆらしたり、「お母さんといっしょ」
が好きだったので、

お兄さんお姉さんの歌声を聴かせた
り、試行錯誤しながら、その時期を
乗り越えました。

赤ちゃんが寝かしつけようとすると泣く場合についてのまとめ


赤ちゃんが寝かしつけようとすると
泣く、なかなか寝てくれなくて困っ
ている場合の

赤ちゃんの寝かしつけのコツや、寝
かしつけのための便利グッズについ
て、

お伝えしてきましたが、いかがでし
たでしょうか。

赤ちゃんがなかなか寝てくれないの
も、ハイハイ出来るようになれば、

自然と活動量も増えて、夜はぐっす
り寝てくれるようになります。

何をしても寝てくれない!

というこの時期は、ママにとっては
大変ですが、ずっと続くわけではあ
りません。

後から振り返ってみると子育てして
いく中で、ほんの一瞬に過ぎません。

赤ちゃんにとって、頼れるのはママ
だけです。

思う存分、甘えさせてあげて、今の
この時期を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー