水戸偕楽園の梅はライトアップのある梅まつりの夜こそ見て欲しい!!

水戸偕楽園の梅は、ライトアップ
のある梅まつりの夜こそ見て欲し
い!!

ということで、水戸偕楽園の梅ま
つりの夜は何時ころに行くのが良
いのか、

泊りがけで偕楽園にお越しになる
際の偕楽園近くのホテルなど、宿
についての情報をお届けします。

日本三大名園の一つ、水戸偕楽園。

偕楽園は、オールシーズン楽しむ
ことができる場所ではあるものの、

梅の名所としても名高いことから
梅まつりの季節が、一番見るべき
タイミングであるのは自明です。

非常に見事な梅の花が、2月から
3月にかけて楽しめますが、

水戸偕楽園では、ただ綺麗な梅が
大量に咲いているというだけのも
のではありません。

梅のライトアップのように他では
なかなか体験できない工夫が凝ら
されているのです。


スポンサーリンク

水戸偕楽園の梅まつりの夜は何時ころに行くのがおすすめ?


水戸偕楽園の梅まつりのライトア
ップが、一番美しいのは日没直後
です。

なので、水戸偕楽園の梅まつりの
夜は何時ころに行くのがおすすめ?

かと言えば、梅まつりの時期だと
18時前後です。

真っ暗になる直前の青黒いとでも
いうような空の色の時です。

写真の世界ではブルーアワー、あ
るいはブルーモーメントと呼ばれ
ているのだとか。

水戸偕楽園の梅のライトアップで
は、白や赤の花弁をライトが美し
く照らすため、

対照的な色となる青と黒が空にあ
る時間帯に、その美しさを最大限
引き出すことができます。

実際、2019の夜梅まつりも18時~
21時に開催されており、

キャンドルライトなどのライトア
ップや花火などもあるため、非常
に見ごたえがあるでしょう。

桜のライトアップや紅葉のライト
アップは比較的メジャーで、都内、
地方いずれも様々な場所で行われ
ていますが、

梅のライトアップはなぜか、まだ
そこまで広まっておらず、

水戸偕楽園は数少ない梅のライト
アップを楽しめるスポットになり
ます。

梅のライトアップだけでも珍しく、
見逃せないものではあるのですが、

その中でも六銘木という特別な梅
の木があり、そのライトアップも
当然特別製です。

白色の梅や、紅梅がその色を強調
するように照らされたり、

違う色の光と絶妙な色合いを産み
出したりと、

照明の色が様々に変化して、六銘
木を自在に彩ります。

スポンサーリンク

水戸偕楽園近くのおすすめ ホテルを泊まりで来る方向けに紹介


水戸偕楽園の梅まつりのライトア
ップを楽しむということは、必然
夜に来るということになりますね。

つまり、泊まる場所の確保は必須
です。

水戸偕楽園近くのおすすめのホテ
ルなどの宿をいくつか紹介してい
きましょう。

・ホテル・ザ・ウエストヒルズ・水戸

レストランやマッサージ等、ホテル内の施設が充実したホテルです。近隣には銀行などもあり、偕楽園はもちろん、芸術館等のほかの観光スポットへのアクセスが良好な点も好印象です。

・コートホテル水戸

リーズナブルで利用しやすい価格設定なのが魅力のホテルです。かと言ってサービスの質が極端に低い等のこともありません。ランドリーサービスもあるので少し長居するのであればここがオススメです。

・水戸 リバーサイドホテル

客室には客室内冷蔵庫をご用意。wi-fiとあわせて、少し長めの滞在にも対応しています。無料駐車場もあり、車での旅にも便利です。特に水戸偕楽園は梅まつり期間中は無料駐車場が利用できないので、水戸偕楽園徒歩圏内であるこのホテルが無料駐車場を用意しているのは見逃せないポイントとなるでしょう。

水戸偕楽園の梅のライトアップについてのまとめ


水戸偕楽園の梅のライトアップが、
一番美しいのは日没直後です。

時間帯で言えば、18時前後です。

水戸偕楽園の魅力として真っ先に
上がるのは、やはり梅まつりでは
ありますが、

春には桜、夏には花火、秋は萩や
紅葉等、オールシーズン楽しむも
のがあるので、

偕楽園は、梅だけが見どころでは
ないというのは忘れられないポイ
ントです。

夜梅を見れる数少ないスポットで
ありますが、さらに、6月頃にな
ると梅落としが行われます。

その梅がつけた実が一般販売され
るようになるので、是非同じ年の
中で両方楽しんでみると良いでし
ょう。

水戸偕楽園は非常に広く、その広
さ実に約13万㎡!これは東京ドー
ムの約2.7個分にも上ります。

すべてを楽しむのは一度の来園で
は難しいですが、

水戸偕楽園の梅まつりを楽しむと
いう事であれば、

まずは、特別な梅である六銘木め
ぐりをするのがオススメです。

偕楽園の梅は、昼の梅も夜のライ
トアップされた梅も非常に見ごた
えがあります。

是非一度訪れて自分の目で確認し
てくださいね。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー