エミー賞作品賞のHuluとNETFLIXでの配信状況

今年の9月17日にロサンゼルスのダウンタウンにあるマイクロソフト・シアターで第69回プライムタイム・エミー賞の授賞式が開催されました。司会はスティーヴン・コルベア。

その模様がHuluで期間限定で配信されていたので見てみました。配信期限は10月17日。すると、作品賞のノミネート作品の中に、HuluとNETFLIXで配信されているものを発見。配信状況を仕分けてみました。


スポンサーリンク

エミー賞作品賞にノミネートされた海外ドラマ


第69回プライムタイム・エミー賞

ドラマ部門

  • ハンドメイド・テール/侍女の物語 👑
  • ウエストワールド
  • ザ・クラウン
  • ストレンジャー・シングス
  • This Is Us 36歳、これから
  • ハウス・オブ・カード 野望の階段
  • ベター・コール・ソウル

コメディ部門

  • ヴィープ 👑
  • アトランタ
  • アンブレイカブル・キミー・シュミット
  • シリコンバレー
  • マスター・オブ・ゼロ
  • モダン・ファミリー
  • Black-ish

リミテッドシリーズ部門

  • ビッグ・リトル・ライズ 👑
  • ジーニアス
  • ナイト・オブ・キリング 失われた記憶
  • ファーゴ(シーズン3)
  • Feud: Bette & joan

テレビムービー作品賞

  • ブラックミラー サン・ジュニペロ(シーズン3第4話) 👑
  • Dolly Parton’s Christmas of Many Color:Circle of Love
  • The Importal Life of Henrietta Lacks
  • The Wizard of Lies
  • シャーロック(シーズン4第2話)

👑マークが受賞作品。エミー賞作品賞にノミネートされた海外ドラマがいくつかHuluとNETFLIXで配信されていることに気づいたので仕分けてみました。

スポンサーリンク

エミー賞 huluで配信されている海外ドラマ


上記ノミネート作品の中でHuluで配信されてる海外ドラマ。配信情報は2017年10月16日のものです。視聴するタイミングによっては配信終了になっている場合もあります。

ウエストワールド シーズン1(全10話)
ナイト・オブ・キリング シーズン1(全8話)
モダン・ファミリー シーズン1~2(全48話)
シリコンバレー シーズン1~4(全38話)
ヴィープ シーズン1~5(全43話)
アトランタ (各エピソード35日間の限定配信)
ハンドメイド・テール 2018年配信予定


シリコンバレーのシーズン1だけは吹替版も配信。他は現在のところ字幕版のみ配信。

コメディ部門で作品賞に輝いたヴィープは最近のエミー賞の常連。作品賞で3年連続、コメディ部門主演女優賞では主演のジュリア・ルイス=ドレイファスが6年連続受賞の偉業。

個人的にはヴィープの何がそんなに面白いのか疑問。ただ、私の場合、あの高評価ドラマ「ブレイキング・バッド」もつまらないと思ったのでズレているかも。好きなコメディはビックバン・セオリー。プレゼンターにシェルドンが登場した時はニヤニヤしてました。

冒頭で書きましたが、Huluで第69回エミー賞の模様が見れるのは2017年10月17日まで。

エミー賞 NETFLIXで配信されている海外ドラマ


エミー賞作品賞にノミネートされた海外ドラマで、NETFLIXで見れるのは次の通りです。配信情報は2017年10月16日のもの。視聴時期によっては配信終了の場合もあります。

ストレンジャー・シングス シーズン1(全8話)
ザ・クラウン シーズン1(全10話)
ハウス・オブ・カード シーズン1~5(全65話)
ベター・コール・ソウル シーズン1~3(全30話)
マスター・オブ・ゼロ シーズン1~2(全20話)
アンブレイカブル・キミー・シュミット シーズン1~3(全39話)
ファーゴ シーズン1~2(全20話)
ブラックミラー シーズン1~3(全13話)


すべて字幕版のみの配信。のはず。ハウス・オブ・カードは鉄板の面白さ。エミー賞の授賞式を見て気になったストレンジャー・シングスを今日から見始めましたが、面白そうな予感。現在、第2話まで視聴済み。ストレンジャー・シングスは10月27日からシーズン2が配信開始予定。

エミー賞作品賞のまとめ


今年は「ゲーム・オブ・スローンズ」不在の中での授賞式となりましたが、「ヴィープ」がコメディ部門作品賞で3年連続、コメディ部門主演女優賞で6年連続受賞するなど、HBOの強さが光った授賞式でした。「Thank you HBO」って何回聞いたことか。

ただその中でも、Hulu制作の「ハンドメイド・テール」が配信サイトの作品として初めてエミー賞作品賞に輝いたり、NETFLIXオリジナル作品からも多数のノミネート作品が生まれるなど配信サイトの存在感が増してきた印象。

そうなってくると、HuluとNETFLIXの両方を利用している身には、エミー賞受賞作品が割と早くに見れるのではと期待します。とりあえず、今は「ハンドメイド・テール」が配信される2018年を楽しみに待ちたいと思います。ただ、エミー賞受賞作品だからと言って面白いと限らないのは「ブレイキング・バッド」で証明済み。なにげに、「ヴィープ」もつまらないし。そこは不安。

この記事がわずかでも、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク