赤ちゃんが手を突っ込んで吐くのはよくある!?指入れて吐くのが心配なら

赤ちゃんが、口に手や指を入れる
仕草はよく目にしますが、

手を突っ込んで、その後に吐いて
しまうと、なんだか見ていて可哀
想になりますよね。

そして口に手や指を入れて、吐い
てしまうにも関わらず、

何度も繰り返していると、どうし
て手や指を入れてしまうのか、

口に手を突っ込んでしまうのかと、

心配になって、やめさせたくなり
ますよね。

そこで、今回は、赤ちゃんが口に
手や指を入れて吐く行動について、

どうしてそのような行動をするの
か、赤ちゃんにはよくあることな
のか、

やめさせるには、どうしたらいい
のか、などについて私の経験をも
とにお話したいと思います。


スポンサーリンク

赤ちゃんが口に手を入れて吐くという行動をとるのはよくあること?


生後間もなく、赤ちゃんが口に手
や指を入れるという行動は、どの
赤ちゃんにもよくあることです。

事実、私の娘のときもそうでした。

初めて目にすると、ママはびっく
りしてしまいますが、

これは、赤ちゃんにとって立派な
成長の証の一つでもあるので心配
することはありません。

赤ちゃんにとって、「口」という
のは、とても敏感な場所であり、

自分の手や指を口に入れることに
よって、自分の体の一部であるこ
とを認識しているのです。

最初は指の先をなめたり、おしゃ
ぶりしながら、

だんだん奥まで入れるようになり、
気がついたら拳まで入れているか
もしれません。

そして口の回りもよだれだらけに…

がついたら吐いていたり… なん
てことも、よくありますが、心配
は無用です。

口から喉は、赤ちゃんにとって敏
感になっており、

固形物の誤嚥、誤飲を防ぐために
重要な行動の一つとも言えるので
す。

そして胃の形も赤ちゃんは、まだ
しっかりと形成されておらず、

まっすぐな形をしているため、す
ぐ吐いてしまうのも通常のことと
考えられます。

歯が一本、二本… と生えてくると、
歯茎がムズムズして、手や指を入
れることにより、それを解消して
いることもあります。

歩き始めて1歳過ぎても、まだ口
に手や指、おもちゃも入れたりし
て、心配になるかもしれませんが、

一般的に2歳までには、自然にな
くなっていくと言われています。

スポンサーリンク

赤ちゃんが口に指入れて吐くのが心配ならここに気をつけましょう


口に手や指を入れるのは、成長の
証… と分かっていても、

赤ちゃんが口に指入れて吐くとな
ると、やはり何とかしたいですよ
ね。

口元が何か、もの寂しくて、そん
な行為をしていることもあるので、

おしゃぶりをあげたり、歯が生え
始めているようであれば、

口に入れても安心な歯がための玩
具を与えるのもいいと思います。

他には、顔をひっかいたりしない
ためのものですが、ミトンやグロ
ーブをつけてみるのも一つの方法
です。

ゴワゴワした感触が嫌で口に入れ
なくなるかもしれません。

また、指先を使った遊びを一緒に
やってみたり、何か持たせたり、

他のことに集中させるようなこと
をすると、口に手や指を入れなく
なるようになるとも言われていま
す。

ここで一つ大切なことは、決して
強く叱ったり、注意したりしない
でくださいね。

それが赤ちゃんにとっては、なぜ
そんなに叱られているのか分から
ず、

このことがトラウマになってしま
い、後々の成長に良くない影響を
与えてしまうことになるかもしれ
ません。

愛情を持って、赤ちゃんと接する
ことにより、

成長と共に、自然にそのような行
動がなくなるので、

ママは大らかな気持ちで見守って
あげてくださいね。

赤ちゃんが手を突っ込んで吐く場合についてのまとめ


赤ちゃんが口に手を突っ込んで吐
く場合について、

私の経験をもとにお話してみまし
たが、いかがでしたでしょうか。

初めての赤ちゃんには、驚かされ
ることばかりですよね。

どうしていいのか分からず、戸惑
うことも多いはずです。

でも毎日、愛情を持って接してい
るママだからこそ、赤ちゃんのこ
とがよく分かるはずです。

赤ちゃんの成長を、温かく見守り、

今しかない貴重な「この時期」を
愛しい我が子と大切に過ごしてく
ださいね。

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー