木曽川堤の桜まつりに屋台や出店はある?場所やアクセスなど徹底解説

木曽川堤の桜まつりは東海地区の花見の名所の一つ、
「木曽川堤」で行われる桜の時期のお祭りです。

愛知県の桜の名所のとして知られる木曽川堤の桜まつりですが、
木曽川堤の桜まつりに屋台や出店はあるのでしょうか?

今回は、木曽川堤の桜まつりの屋台や出店情報とともに、
木曽川堤の桜まつりの開催場所やアクセスなど基本情報
を徹底解説いたします。


スポンサーリンク

木曽川堤の桜まつりの屋台や出店の情報


お祭りと言えば屋台や出店の存在は欠かせません。

木曽川堤の桜まつりにも当然屋台や出店が並んでいます。

ですが、数や種類がそこまで多いわけではなく、
大量の屋台や出店を期待していくべきではないでしょう。

といっても、売り切れが多くて思った物が買えない、
といったような事態になることはそれほどないので、
普通に言って楽しむ分にはさほど問題ないかと思います。

木曽川堤の桜まつりの開催場所 お花見と一緒にバーベキューも可能!?


木曽川堤の桜まつりの開催場所は、木曽川堤になります。

周辺が公園ですのでわかりやすいでしょう。

木曽川堤では桜まつりの期間中のみ、
特定区域でバーベキューをすることが認められています。

限定的ではある物の、花見をしながらバーベキューを
楽しめるというのは大きいですね。

材料等のサービスは特にないのであらかじめ、
お肉や野菜と言った食材類は買っておきましょうね。

木曽川堤の桜まつりへのアクセス


木曽川堤のアクセスとしては、駅が近くにないため、
車で行くのが楽ではあるのですが、車は車で渋滞の
リスクを抱えています。

近辺には138タワーパークの駐車場が無料で利用できます。

こちらは900台まで停められるものの、やはり
満開時期の花見客をすべて受け入れるだけの許容量はありません。

近辺のコインパーキングなどもあらかじめ調べておきましょう。

満開時期に車で行くなら遅くとも、
9時ごろには現地入りしたいところです。

逆に公共交通機関の場合はバスが良いでしょう。

一宮駅からバスに乗って、
138タワーパーク行きに乗ると良いでしょう。

電車のみの場合は木曽川提駅、黒田駅、木曽川駅が比較的近いですが、
それでも徒歩30分ほどは確実にかかる距離です。

歩くのが苦でない方はそれも良いでしょうが、
バスの方が絶対楽なので自分の体力と相談して決めましょう。

その他、極楽寺公園の管理棟、尾張一宮駅、138タワーパークでの
自転車レンタルもありますのでそちらを利用するのも悪くないでしょう。

木曽川堤の桜まつりへ車で行く場合の駐車場情報


先ほども説明しましたが138タワーパークの
駐車場が無料で900台まで止められるという点からおすすめです。

ですが、桜まつり中は満車になりやすいので利用するなら早めに
到着する必要があります。

駅近辺や花見会場から少し離れた場所にコインパーキングもありますが、
駐車場からの徒歩移動の距離もよく考えて選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

木曽川堤の桜まつりの例年の開花状況や見どころ


木曽川堤の桜まつりの例年の開花時期としては、
3月下旬から4月上旬にかけてが満開になることが多く、
多くの人もここのタイミングを狙ってくることになるでしょう。

木曽川堤の桜まつりの見どころとしては、
桜は一種類だけではなく、

  • ヒガンサクラ
  • シダレザクラ
  • エドヒガンザクラ

と何種類か植えられており、どれも非常に見事に咲くことです。
およそ4kmにわたって咲き乱れる桜は圧巻です。

昭和2年には国の天然記念物として指定されたのは伊達ではありません。

どの桜も開花タイミングが微妙に異なるため、
期間中であれば、比較的どのタイミングでも
桜を楽しむことができるのも高ポイントです。

木曽川堤の桜の楽しみ方は色々


木曽川堤の桜はバーベキューや屋台と一緒に楽しむスタイルや
桜のトンネルをのんびり歩いたりといった楽しみ方もできますが、

ここの桜に関しては4㎞という比較的長めの距離があるので、
車から降りずにドライブがてらの花見を楽しむこともできます。

プライベートで行く方もですが、施設などで花見はしたいけど、
あまり時間はかけられないといった場合もこのような車内での
花見というのも悪くないかと思います。

ただし、渋滞のリスクは当然ありますので、
これは頭に入れておきましょう。

といっても、花見そのものを楽しむのであれば、
むしろ渋滞はさほど問題にならないかもしれませんね。

まとめ 木曽川堤の桜まつりでお花見するにあたって


屋台やバーベキューができる点や、
車で来るのはリスクが伴うものの、

下車せずとも楽しむ余地がある点なども考慮すると、
全体として楽しみやすい桜スポットであると言えるでしょう。

ただ、名所ではあるのでやはり混雑は
ある程度は覚悟していく必要はあるでしょう。

特にバーベキュー等は大学生等も利用しやすいので、
開花時期によっては新入生の歓迎会を兼ねた花見を
するといったこともないとは限りません。

学生の方すべてマナーが悪いということはありませんし、
むしろ礼儀正しい傾向が多い昨今ですが、
どうしても騒がしさ等は出てきます。

愛知県の桜の名所は他にもいくつかありますが、
この規模を楽しめるのはやはり木曽川堤くらいなので、
愛知に観に行くなら外せないかと思います。

バーベキューか屋台か。それともお弁当を持っていくか。
どのような花見にするかを考えておくとスムーズですね。

今年の春は木曽川堤はいかがでしょうか?

スポンサーリンク