一ツ瀬川花火大会の場所は?2019年に無事開催される場合の日程と穴場

一ツ瀬川花火大会の最大の見どこ
ろといえば、

何と言っても日本三大花火の一つ
「大曲の花火」との共演です。

また、一ツ瀬川花火大会は、9月
開催とあってか、混雑がそれほど
でもないのも魅力です。

しかし、9月は台風の時期と重な
るのが玉にきず。

2018年は、12月に延期になりまし
たしね。

一ツ瀬川花火大会が2019年に無事
開催される場合の開催場所・開催
日・開催時間をお伝えします。


スポンサーリンク

一ツ瀬川花火大会の開催場所・開催日・開催時間


一ツ瀬川花火大会についてですが、
開催場所は、宮崎県児湯郡新富町、
一ツ瀬川日向大橋下河川敷です。

一ツ瀬川花火大会の開催予定日は、

2019年9月21日(土)

一ツ瀬川花火大会の開催時間は、

19:30~20:15

です。但し、一ツ瀬川花火大会の
出店の営業時間は、

17:00~21:00

となっています。 

一ツ瀬花火大会 2019年は大丈夫?ちなみに2018年は12月開催でした


2018年の一ツ瀬花火大会は元々、
20018年9/29(土)が開催予定だっ
たのですが、

台風が重なったため、中止となり、
その後、10/15に佐渡原町商工会
から、

2018年12/15(土)への延期がア
ナウンスされました。

元々、9月下旬というタイミング
が台風にやや重なりやすく、

2019年の一ツ瀬花火大会も、必ず
大丈夫とは言い難いのが実情です。

しかし、2ヶ月近く遅くなったと
はいえ、延期開催をしようと商工
会がしっかり調整をするほど人気
の花火大会であるのも事実です。

そのため、完全中止という事態に
なる可能性は低いでしょう。

また、一ツ瀬花火大会に限らず、
花火大会は中止要件に荒天の場合
という言い方をすることが、ほと
んどですが、

これは、雨天でも少量であるなら
決行することが多いとも言えます。

微妙な天気であったならとりあえ
ず、運営に問い合わせてみるのが
間違いないですね。

一ツ瀬川花火大会の穴場と混雑回避術


例年4万人近くの来場者が訪れる
一ツ瀬川花火大会では、

ある程度は、混雑回避対策をして
おかないと、その人混みに必要以
上のストレスを感じてしまうこと
になるでしょう。

そこで、一ツ瀬川花火大会の穴場
をご紹介しますので、あらかじめ
チェックしてみてください。

・セミコンスポーツプラザ近辺

車の中から花火がみれるエリアです。足を止めてというよりも、ドライブしつつ見やすいといったところなので、ドライブデートのような楽しみ方をする人におすすめです。

・宝塔山公園

宝塔山公園は、一ツ瀬川花火大会の会場からは少し遠いですが展望台があるため、展望台から花火を見るということができ、眺めが非常に良い穴場スポットになります。花火がなくても夜景もそれなりに奇麗なので非常におすすめです。

・一ツ瀬河川敷グラウンド

会場に近いため、他の場所に比べるとやや人が多めになってしまいますが、屋台等の利用が手軽にできる距離でもあるので、屋台で買い物したいけど、買い物した後は少し静かに花火を楽しみたいというあれもこれも楽しみたい方にはアリでしょう。

スポンサーリンク

一ツ瀬川花火大会のシャトルバス情報


一ツ瀬川花火大会のシャトルバス
の2019年の運行時間は、まだ公開
されていませんが、

運行は新富町側の総合交流センター「きらり」東側広場(一ノ池駐車場)~会場付近及び、新富町西体育館~会場付近のものと佐土原町側の佐土原総合支所~会場付近及び、久峰総合公園~会場付近の4択となります。

また、シャトルバスが停まり、かつ、駐車場があるのは新富町役場、新富町西体育館、久峰総合公園、佐土原総合支所です。この4カ所は駐車場に車を止めてそこからバスが利用できるので、遠方からの来場を予定する方は使わない手はないでしょう。

一ツ瀬川花火大会が中止になる条件は?


繰り返しになりますが花火大会は、
一ツ瀬川花火大会に限らず、荒天
の場合は中止となります。

しかし、少雨程度であれば決行さ
れるため、当日が実際に決行にな
るかは、運営に問い合わせるのが
一番無難な形になります。

また、仮に決行の場合でも少雨と
は言え雨は雨。

運営側で雨除けをしているわけで
もないので、対策しておかないと、
風邪をひく可能性もあります。

傘は荷物になるので、合羽などが
あると便利です。

一ツ瀬川花火大会の開催場所などについてのまとめ


開催場所は、宮崎県児湯郡新富町、
一ツ瀬川日向大橋下河川敷です。

一ツ瀬川花火大会は毎年4万人を
迎える大規模な花火大会ですが、

何がそれほど人を引き付けるのか
というのが、気になる人もいるで
しょう。

一ツ瀬川花火大会の人気の秘訣は
なにか。それはズバリ日本三大花
火の一つ「大曲の花火」との共演
でしょう。

一ツ瀬川花火大会は宮崎市に吸収
合併した佐土原町と川を挟んだ新
富町が合同で開催されているため、

一つの祭りでありながら二つ分の
祭りの活気が元々あります。

そこに日本三大花火というブラン
ドが加わり、まさに無敵の布陣と
いった所です。

むしろ、この組み合わせで動員数
4万人なのは控えめです。

これは開催時期が9月であるのも
原因でしょう。8月なら夏休みの
子供たちも楽しめるので、家族連
れが多くなりますが、

一ツ瀬川花火大会の開催日は9月
のため、そういったことも抑えら
れるので、

最高峰の花火で規模も申し分ない
という条件にもかかわらず、

8月の大規模花火大会に比べると、
人混みのリスクが低めという、欲
張りセットとなっております。

駐車場からもシャトルバスが出て
いたり、屋台もにぎわっていたり
と、

一ツ瀬川花火大会では、アクセス、
花火、祭りの全ての要素が、高い
レベルでまとまっているため、

有名どころの花火大会は行ったこ
とがない…という人も、

手はじめに、一ツ瀬川花火大会に
お越しになってみることを強くお
すすめします^^

スポンサーリンク

記事タイトルとURLをコピーする
カテゴリー
タグ