淀川河川公園背割堤地区の桜はお花見+BBQも可能?例年の開花状況

淀川河川公園背割堤地区の桜はぜひ、
一度は見ておきたいお花見スポットです。

淀川背割堤は京都市の南側・八幡市にある、
宇治川と木津川を分けている堤防で、
桜並木が見事なスポットです。

バーベキューができたり、
桜そのものも有名なスポットです。

しかし駅や大学、コンビニなどの
多くの人が利用するようなものが近辺にないので、
不便な面があるのは否めません。

ただ、毎年大混雑!なスポットでないのは逆に高ポイントでしょう。

今回はそんな淀川河川公園背割堤地区の
桜について解説していきます。


スポンサーリンク

淀川河川公園背割堤地区で桜を見ながらのバーベキューは可能?


淀川河川公園背割堤地区で桜を見ながらのバーベキューは可能ですが
敷地内のすべての場所で可能というわけではなく、
限られたエリアでのみ可能となります。

また、3月28日から4月12日は禁止なので、
満開の時期にバーベキューをすることはできません。

この時期は咲き始めから満開までの期間ともろにかぶるので、
満開の桜の下バーベキューをしたいという方は、
淀川河川公園背割堤地区の桜は選択肢からはずした方が無難でしょう。

桜の綺麗さはバーベキューでなくても楽しめますし、
レジャーシートを持ってきてお弁当を食べたりするのはOKなので、
ここで花見をするならそういった方面で計画するのが良いでしょう。

淀川河川公園背割堤地区 桜の見頃を例年の開花状況から予測


淀川河川公園背割堤地区の桜の見頃は、

3月22日ごろにつぼみが出始め、1週間でそれが咲きはじめ、
4月の頭ごろに満開になるのというのが例年の流れです。

今年も大きくそこから変わることはないでしょう。

4月2日から4日くらいが一番満開になってる年が多いので
そのあたりを狙うのがおススメです。

さくら開花予想(weathermap)
https://sakura.weathermap.jp/area.php?city=Kyoto

淀川河川公園背割堤地区のお花見の混雑具合


先ほども説明した通り、大学や駅、
コンビニやスーパーといった多くの人が

利用するようなものが周囲にないため、
人が比較的集まりづらい環境にあります。

名所であるのは事実ですので全く人がいない、
ということはまずないですが、それでも京都の

その他の名所に比べれば混雑のリスクはかなり
低く抑えられるのは間違いありません。

淀川河川公園背割堤地区の桜 場所と行き方や駐車場情報


淀川背割堤は京都市の南側・八幡市にある、
宇治川と木津川を分けている堤防です。

淀川河川公園背割堤地区の桜の場所に電車で
アクセスする場合、京阪電車八幡市駅から
徒歩で20分ほどの距離にありますので、
そこそこ歩く距離だと言えるでしょう。

八幡市駅は快速急行等一部停車しない電車があるため、
あらかじめ自分の乗る電車がそこに停車するかは、
チェックしておきましょう。

車でのアクセスですが、駅近辺には駐車場はあるものの、
桜時期には混雑するため、停められない可能性が高いです。

近辺にコンビニやスーパーがないということは、
逆にそういったものは買い込んでくるので、
車のような移動手段の方は少なくないということです。

特に理由がないなら公共機関である
電車を利用した方が確実でしょう。

数年前までは臨時駐車場もあったようですが、
現在はすでに閉鎖されています。

スポンサーリンク

淀川河川公園背割堤地区の桜の見どころ


さて、淀川河川公園背割堤地区は桜が見事であるとは言ったものの、
具体的にどんなところが淀川河川公園背割堤地区の見どころなのか、
まだわからないという方も多いでしょう。

車で来づらい点や、バーベキューも実質花見では使えないなどの
マイナス情報が目立つからなおさらです。

確かにこれらは制限されており、近辺の施設的にも便利なスポット
とはいいがたいのは事実です。

しかし、ここ淀川河川公園背割堤地区では、
船に乗って花見をすることが可能なのです。

ちょうど、バーベキューが禁止となる期間とほぼ同時に
10時から16時まで上流と下流を20分程度で往復する
さくらクルーズを楽しむことができるのです。

こちらは大人1500円、子ども500円と有料になっていますが、
なかなか珍しい船の上での花見を楽しむことができる点は
やはり優れていると言えるでしょう。

また、片道のみのEボートというものもあります。
こちらは大人800円、こども500円と大人が乗る分には割安です。

また、時期を同じくして、背割提桜まつりが開催されます。

むしろここに花見をする方は、
こちらがメインの見どころになるかもしれません。

屋台・土産店の出店が並ぶため地元の名物を食べながら、
桜を楽しむことができるでしょう。

淀川河川公園背割堤地区の桜についてのまとめ


淀川河川公園背割堤地区は総合して
おすすめスポットではありますが、

やはり交通の便や周囲の施設状況的に
不便と言わざるを得ないのは事実です。

しかし、祭りや船の花見などここならではの魅力もアリ、
どういった花見をするか、どこまで準備しておくかが、
そのまま花見の楽しさに反映される側面がある場所だと言えるでしょう。

ちょくちょく飲み物や食べ物を食べたい
というときは出てくるでしょうが、それを
出店でカバーできるかどうかというのもポイントです。

出店はなにかとお金がかかるので、
コンビニのように安く大量に買うにはむいていません。

どれくらいの時間でどれだけ食べ物を食べるか、
移動は?などプランをきちっと立てれば確実に

これ以上ない花見スポットですので、
ぜひ一度念入りに計画してチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク