赤ちゃんが自転車用ヘルメットを嫌がる!ずれる場合のアイデアも紹介

赤ちゃんを自転車に乗せて
保育園まで急いで走るママ・・・
というのは、よく見かける光景です。

でも中には、赤ちゃんがへルメットを嫌がるのか、
ヘルメットを被せないで自転車に乗せているママもいます。

そして被っていたとしても、
まだ0歳の赤ちゃんでは、ピッタリのヘルメットもなく、
ブカブカで、自転車の振動と共に
頭からヘルメットがずれたまま走っているママもいます。

自転車用ヘルメットを被せるのに、
何かとママの悩みも多いようです。

今回は、ヘルメットを嫌がる赤ちゃんに
ヘルメットを被せるコツ、ぶかぶかヘルメットがずれないコツ、
をご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

赤ちゃんが自転車用ヘルメットを嫌がるのはよくあることですよ^^


私の娘も、幼稚園のプレクラスに通い始めたのがきっかけで、
2歳で自転車用ヘルメットデビューをしました。

赤ちゃんの頃から、
あまり帽子を被せていなかったせいか、
初めてのヘルメットに対して、
何かしらの違和感を感じていたようです。

でも、自転車に乗る時は、
大切な頭を守るために、ヘルメットを被らなければならないこと、
自転車に乗らなければ、大好きな幼稚園には行けないことを
幼稚園に通う前から話していました。

そして、実際、ヘルメットを購入する時も、
「かっこいいね~」「いいね~」
と褒めてあげると、初めてのヘルメットにも
どこか嬉しそうな顔をしていました。

それもあってか、イヤイヤ期真っ盛りの2歳でも
いざ、自転車に乗るときは、
そういうものなんだな、という感じで
ヘルメットを被っていました。

きっと嫌がる赤ちゃんは、初めてみるヘルメットに
驚きや戸惑いが、行動に出てしまうのかもしれませんね。

赤ちゃんは、言葉が分からなくても
褒められていることは、何となくでも分かっているはずです。
褒めてあげると、いつでも嬉しそうな顔をします。

ヘルメットを被せた時に、
少し大袈裟なくらいに、褒めてあげたりするのも
一つの方法かもしれません。

少しずつ成長して、言葉が分かってくれば、
ヘルメットというのは、大切な頭を守ってくれるものだよ、
と教えてあげましょう。

ただ、ヘルメットを被りなさい!
と言うよりも、子供なりにママの言うことに
耳を傾けて受け止めていると思います。

そして、毎回嫌がったとしても、
ママが根気よく話したり、褒めていれば
だんだん慣れてきて、嫌がらなくなると思います。

ママも少し、根気が必要かもしれませんが、
ヘルメットを嫌がるのは、いつまでも続きません。
「今だけ」「子供のため」と、
思って気長に続けてみて下さいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんのヘルメットがずれるなら下に帽子をかぶるといいかも!?


そして赤ちゃんがヘルメットを被ってくれても、
赤ちゃんからヘルメットを被せるには、
少し大きくて、ぶかぶかですよね。

多少の調整はベルトで出来るものの、
大抵のものは、2歳児くらいからのサイズになります。

自転車に乗せていると、髪の毛で滑って、
知らない間に、顔にかかってしまったり、
後ろにずれてしまいます。

そんな時は、ヘルメットの下に
帽子を被せてあげると、滑り止めにもなり、
ずれることなく、しっかりフィットしてくれます。

ヘルメットというのは、
大切な頭を衝撃から守ってくれるものです。

しかし、最近、赤ちゃんにヘルメットを被せないまま、
自転車に乗せているママをよく見かけます。

どうしてヘルメットを被せないのだろう?
と思うと同時に、そんな親子を見かける度に、
とても恐ろしいことだと、私は思います。

まとめ 赤ちゃんに自転車要ヘルメットを被せるには


赤ちゃんが嫌がるし、まあいいや・・・ではなく、
事故はまさかの時に起きます。
事故が起きてからでは遅いので、
ママがしっかり赤ちゃんを守ってあげてくださいね。

他の誰でもなく、
ママしか赤ちゃんを守ることは出来ません。
それを忘れないで下さいね。

赤ちゃんが
自転車用のヘルメットを被ることを嫌がるようなら、

「かわいいいねー」
「かっこいいねー」

と、褒めてあげるのは結構有効なので
ぜひ試してみてくださいね。(少し、大げさに褒めてあげましょう)

そのうち、被ったヘルメットを指して
自分で「かわいい…」って言い出しますよ。

スポンサーリンク