Xサーバーとドメインの紐付け。ネームサーバーの設定

ブログを立ち上げるにあたってXサーバーを契約した私。ドメインの取得はムームードメインを選択。次の作業はXサーバーと取得した独自ドメインの紐付け。

なになに? ネームサーバーとやらの設定が必要?

言葉の意味さえわからない私。しかし、ここは意味を調べるよりも知りたいのは具体的な設定の仕方です。そのため、言葉の意味はちょっと脇に置いといて具体的な説明をしてくれているサイトを参考に設定を施していきました。


スポンサーリンク

Xサーバーとドメインの紐付け。必須の作業。


これは必須の作業です。やらないとサイトが表示されません。どこのレンタルサーバーを借りたとしても同じです。ただ、ドメインの取得とレンタルサーバーの契約を同じところでした場合は簡単に設定できます。

私の場合はレンタルサーバーはXサーバー、ドメインの取得はムームードメインでしたので上記の場合よりもひと手間かかりました。でも、簡単でしたよ。初心者の私でも迷わずできました。

では、実際にどう設定したのかをみていきましょう。

Xサーバーのネームサーバー設定実践記。


実践記なんて言っても大げさなものではありません。簡単作業です。ネームサーバーの設定にいたってはコピペ作業です。

まずは、取得したドメインをXサーバーに追加します。やり方は簡単。Xサーバーにログイン後、サーバーパネルのページへ行き、右上のドメイン設定からドメイン設定の追加を選択して新規に追加します。

スポンサーリンク

特に迷うことはありませんでした。しいて言えば、.comとか.netとかのドット以降が選択式になっているので重複して記入しないように注意することくらいでしょうか?

次に同じくサーバーパネルページの左上のアカウントの項目からサーバー情報を選択します。サーバー情報のページが開くと下の方にネームサーバーの項目があります。

ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

色は違いますけど、こんな感じになっています。そこで、「ns1.xserver.jp」の項目を「ns5.xserver.jp」まで5つ、ムームードメイン側にコピペします。

ムームードメインのサイトを開き、ログインしたらコントロールパネルページの左上にあるドメイン管理の項目からドメイン操作を選択。次にネームサーバー設定変更を選択。

すると、取得済みのドメイン一覧が表示されるので設定したいドメインの右側にあるネームサーバーの設定変更を選択。設定画面が表示されますが、正直、見づらいです。

ページの中ほどに「GMOペパボ以外のネームサーバを使用する」という項目があるのでチェックを入れるとネームサーバ入力フォームが表示されます。

ネームサーバ 1
ネームサーバ 2       
ネームサーバ 3       
ネームサーバ 4       
ネームサーバ 5       
ネームサーバ 6       

こんな感じで表示されるので空白部分に先程のXサーバーのネームサーバー情報を入力していきます。コピペで構いません。ムームードメイン側はネームサーバー6までありますがXサーバー側は5までなので5つ入力すれば良いです。

最後に、ネームサーバーの設定変更ボタンを押して確定させます。ただ、場合によってはネームサーバーの変更の完了まで2~3日かかることもあるそうです。

私の場合は1日かかりませんでしたよ。変更が完了したかどうかは「SEOチェキ!」で確認しました。左下のサーバードメインに自分のサイトが表示されていれば変更完了です。

私の場合の実践記でした。わずかでも、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク